ニュース

祝ウォリアーズのチアに選出!日本人ダンサーNamiさんにインタビュー

ゴールデンステイト・ウォリアーズ、ダンスチームのチアメンバーに選出された日本人ダンサーNamiさんにインタビュー

難関を乗り越え見事22人のゴールデンステイト・ウォリアーズ ダンスチーム(チアダンス)のメンバーに選出されたNamiさんにインタビュー!会う人に元気とパワーを与えてくれる笑顔の裏側には、並々ならぬ努力が垣間見えました。そんな彼女にオーディション時の心境や、モチベーション維持の秘訣などをお伺いしました。

 

メンバーに選出された際の率直な感想を教えてください。

ーディレクターに「Congratulation」と言われた瞬間、うれし涙が止まらなかったです。ダンスチームと家族みたいな関係を築きつつあったので、この人たちと1シーズン時間を過ごせることに喜びを感じましたね。

 

オーディション期間中、意識していたことは何ですか?

ー全力を出し切る(フルアウト)がゴールデンステイト・ウォリアーズ ダンスチームのキーワードなので体力や集中力など100%で挑むことに注力していました。また食事やマッサージなどにも気を遣っていました。今の自分の最大の力を発揮できるかどうかということが常に自分の中での課題でした。

 

NBAのチアとNFLのチアの違いはどういうところにありますか?

ー振りが複雑なNBAに対し、NFLは会場の規模が大きいのでおお振りが多いです。NFLでは自分を大きく見せる必要があったんですが、NBAは上下運動が多く、身長が低いことがあまりデメリットに感じなかったです。

 

ウォリアーズダンスチームの雰囲気はどうですか?

ーひとことでいうと自然体。みんなプロとしての能力はすごいのにナチュラルで和気あいあいとしています。NYでは自分をよく見せようと必死だったんですが、西海岸のカルチャーなのかありのままの自分でいても良いんだと感じました。

 

モチベーション維持の秘訣を教えてください。

ー「夢をかなえる」と意気込んでいた過去の自分に励まされました。初心を忘れないことが一番だと思います。

 

nami2.png

 

日本代表戦で活躍した八村塁選手やメンフィス・グリズリーズと2WAY契約を結んだ渡邊雄太選手、そしてNamiさん、同じ日本人として大変誇りに思います。彼女たちの今後の活躍に目が離せません。もうすぐNBA2018-19シーズンが開幕します。Namiさんがゴールデンステイト・ウォリアーズ ダンスチームのチアメンバーとしてパフォーマンスされるのを楽しみにしています!皆さんで一緒に応援しましょう!

GO WARRIORS!

 

アーカイブ

ラメロ・ボール、オーストラリア行きを検討
ルーキー・ウォッチ 〜ガーランド、自分がベストと発言〜
今日は何の日 〜ピアースがファイナルMVPを受賞〜
FAの噂:ジミー・バトラーがオプトアウトする可能性大
ウォリアーズの黄金時代は終わってしまうのか?
レブロン・ジェームズ「これは始まりに過ぎない」
アンソニー・デイビスがレイカーズへ!!
NBAファイナル第6戦がカナダで高視聴率を記録
カワイ・レナードが2度目のファイナルMVPを受賞!
クレイ・トンプソンが左膝の前十字靭帯を断裂
クレイ・トンプソンがプレイオフの3ポイント成功数でレブロン・ジェームズ超え
クレイ・トンプソンの父、息子のウォリアーズ残留を明言
警察当局がマサイ・ウジリ氏の暴行を主張
レイカーズがアンソニー・デイビスのトレードを積極的に打診中?
カイリー・アービングがエージェント会社を変更
今日は何の日 〜ロケッツが3つの史上初を達成〜
トロント・ラプターズが球団史上初のNBAチャンピオンに!!
セルティックスのアーロン・ベインズがオプトイン
ホーネッツのマービン・ウィリアムズがオプトイン
スティーブン・アダムスがニュージーランド代表のリスト入り
ケンバ・ウォーカー「優勝のためならサラリーの減額も受け入れる」
ゴラン・ドラギッチがオプトイン
ドック・リバースHCがPBWA最優秀監督賞を受賞
ウォリアーズが、第6戦用にケビン・デュラントとオークランドを讃えるタオルを用意
ブルックリン・ネッツ移籍説が急速化しているカイリー・アービング
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.