ニュース

ジェームズ・ハーデンが昨季MVPを逃した理由とは

ジェームズ・ハーデンが、昨季MVP受賞を逃した要因をラジオ番組で語った

ヒューストン・ロケッツのジェームズ・ハーデンは昨季、2つの歴史的偉業を成し遂げている。1つ目は、1986-87シーズンのマイケル・ジョーダン(当時シカゴ・ブルズ)が記録した1試合平均37.1得点以来最高となる、平均36.1得点をたたき出したこと。2つ目は、32試合連続で30得点以上を挙げ、ウィルト・チェンバレン(65試合連続)に次ぐ歴代2位の連続記録を達成したことだ。

ハーデンは、これほどの歴史的快挙を成し遂げたにも関わらず、昨季のMVP受賞を逃している。ラジオ番組「97.9 The Box」に出演した際に、MVPを受賞しなかったことに不満を露わにした同番組ホストの質問に対し、以下の通り回答した。

「序盤戦にメディアが作成した物語が、シーズンを通して付きまとうことになると思うんだ。詳細についてはここでは触れないけど、俺に出来ることは自分がコントロールできる範囲でベストを尽くすことだけさ。だから俺は高いレベルで自分の仕事をこなしてきた。そして結果として俺は歴史的快挙を成し遂げられた。MVPを受賞できなかったことについては、自分でコントロールできる範囲外だから仕方ないさ」。

ハーデンが言うように、メディアの報道がMVP投票に影響を及ぼしたケースは過去にもあった。例えば、2011年のMVP受賞が期待されていた当時クリーブランド・キャバリアーズ所属のレブロン・ジェームズが、ESPNにて放送された「The Decision」の中で、マイアミ・ヒート移籍を決断したことを発表した時のように。同番組で、ジェームズがスーパーチームを結成するためにキャバリアーズを去ると発表したことを受け、怒った関係者は彼に投票せず、結果的にデリック・ローズがMVPを受賞している。

このように、昨季スロースタートとなったロケッツとは逆に、シーズン序盤から好調であったバックスのアデトクンボが、シーズン序盤からMVP候補として注目を集めていたことが、投票結果に影響したのかもしれない。

しかし、ディフェンス面でのチームへの貢献度はアデトクンボの方がハーデンより高かったのも事実。MVPの定義は非常に複雑ではあるが、「チームにとって最も価値のある選手」という意味では、どちらもいい勝負であったのではないだろうか。

スポヲタ:ビタラフ アドル

アーカイブ

NBA1年目に備える八村塁
FIBAワールドカップ:リッキー・ルビオらの活躍によりスペイン代表が優勝
FIBAワールドカップ:フランス代表が銅メダルを獲得
シクサーズがチャールズ・バークレー氏の銅像を披露
マイケル・ジョーダン氏がホーネッツの持ち株の一部を売却
NBAがタンパリングの罰則強化に関する投票を実施へ
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が7位決定戦に勝利
W杯で敗れたグレッグ・ポポビッチHC「誰が出場辞退したかは関係ない」
FIBAワールドカップ準決勝:2オーバータイムの激闘の末にスペイン代表が決勝進出
FIBAワールドカップ準決勝:アルゼンチン代表がフランス代表を下して決勝進出
ショーン・リビングストンがNBAからの引退を表明
コービー・ブライアント「アメリカ代表が楽に勝てる時代は終わった」
コービー・ブライアントがドワイト・ハワードにアドバイス
ジョー・ジョンソンがピストンズとの契約に合意
レブロン・ジェームズ『Taco Tuesday』を商標登録できず
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が2連敗
マイク・マスカラがサンダーと契約した理由を明かした
ラッセル・ウェストブルック、ロケッツで王者となりレガシーを残せるか?
マイアミ・ヒートがバム・アデバヨの4年目のチームオプションを行使
NBAチャンピオン・リングの偽物がロサンゼルス国際空港で押収!
FIBAワールドカップ準々決勝:オーストラリア代表が準決勝に進出!
FIBAワールドカップ準々決勝:フランス代表がアメリカ代表の国際試合での連勝をストップ!
レイ・アレン「神に祈るような気持ちだった」と伝説の一発を回顧
レブロン・ジェームズ、Blaze Pizzaのロン役でCMに登場
FIBAワールドカップ準々決勝:リッキー・ルビオの活躍でスペイン代表が準決勝進出!
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.