ニュース

今日は何の日 〜シャックがMVPをコンプリート〜

2000年6月19日、116対111でロサンゼルス・レイカーズがインディアナ・ペイサーズを破り優勝、41点12リバウンドを挙げたシャキール・オニールがファイナルMVPに輝いた。オニールはシリーズ平均38.0点、16.7リバウンド、2.67ブロックを記録しており、ファイナルMVPの選出は満票によるものだった。このシーズンのオニールはファイナルMVPの他、オールスターゲームMVP、シリーズMVPも獲得、3つのMVPをコンプリートした。これは1970年のウィリス・リード、1996年のマイケル・ジョーダンに続き史上3人目の快挙だ。

ロサンゼルス・レイカーズにとっては1988年以来実に12年ぶりの優勝だったが、この2000年の優勝を皮切りに2001年、2002年と連続優勝、スリーピートを達成することになる。そしてその3つの優勝の全てにおいてファイナルMVPの栄誉はシャキール・オニールの手に渡った。ヘッドコーチのフィル・ジャクソンはシカゴ・ブルズに6つの優勝をもたらしたトライアングル・オフェンスをロサンゼルスでも採用した。シャックは、チームオフェンスとして有名なトライアングル・オフェンスのシステムの中で、NBA史上でも五本の指に入るスコアラー、コービー・ブライアントと同じチームにいながらファイナルMVPを総なめにしたのだ。まさに規格外のプレイヤーだったと言える。

ダブドリ編集長:大柴壮平

アーカイブ

アル・ホーフォードは76ersの救世主となれるか
アメリカ代表がFIBAランク1位をキープ
エレナ・デレドンがWNBAのシーズンMVPを受賞
ケビン・デュラントがネッツのユニフォーム姿を初披露
NBAがデマーカス・カズンズのディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションを承認
ダラス・マーベリックスが馬場雄大との契約を正式発表
ピストンズがジョー・ジョンソンと契約
ヤニス・アデトクンボのウォリアーズ移籍説をバックスが否定
NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.