ニュース

カリーとKDがチームを牽引!! ウォリアーズがカンファレンス・ファイナル進出!!

ステフィン・カリーとケビン・デュラントの活躍により、粘るペリカンズを振り切ったウォリアーズが、カンファレンス・ファイナル進出を決めた

現地5月8日に行われたウェスタン・カンファレンス・セミファイナル、ゴールデンステイト・ウォリアーズ対ニューオリンズ・ペリカンズの第5戦は、ステフィン・カリー(28得点)とケビン・デュラント(24得点)の活躍により、ウォリアーズが113対104でペリカンズを下し、今年もカンファレンス・ファイナルへの切符を手に入れた。

ウォリアーズでは、カリーが28得点7リバウンド8アシスト、デュラントが24得点6リバウンド7アシスト、クレイ・トンプソンが23得点6リバウンド、ドレイモンド・グリーンが19得点14リバウンド9アシストと、先発の主力4人が大活躍した。

なかでも、オールラウンドな活躍で勝利に貢献したグリーンについて、ウォリアーズのスティーブ・カーHC(ヘッドコーチ)は以下のようにコメントしている。

「ドレイモンド(グリーン)はこのシリーズを通して素晴らしい仕事をしている。彼は、間違いなく我々にとって必要不可欠な選手だ。彼は、現代のNBAにおける究極の選手だよ。彼はどんなポジションでも守れるし、外からスリーポイントシュートも決められる。これは、現在のNBAの進化そのものの姿だ。彼のような選手がいてくれて、我々はとても幸運だよ。」

一方のペリカンズでは、エースのアンソニー・デイビスが34得点19リバウンド、ドリュー・ホリデーが27得点10リバウンド11アシストと健闘し、前半を僅か3点差で終えることができたが、後半開始早々にウォリアーズの猛攻を受け、第3Q(クォーター)終了時点には20点差を付けられた。それでも、ペリカンズは第4Q残り2分で一時7点差にまで追い上げる粘りを見せたが、その直後にグリーンに得点を入れ返され、万事休すとなった。

この勝利でカンファレンス・セミファイナル突破を決めたウォリアーズは、カンファレンス・ファイナルで1位シードのヒューストン・ロケッツと対戦する。前年王者のウォリアーズと、今シーズンのリーグ最高勝率を誇るロケッツの対戦は、『事実上のNBAファイナル』とも言われる注目のカードだ。この2チームは、昨年のプレーオフでは顔を合わせていないが、2016年のプレーオフ・ファーストラウンド(1回戦)で激突した際は、ウォリアーズが4勝1敗でロケッツを退けている。

アーカイブ

ロケッツから延長契約のオファーを待つPJ・タッカー
ディアンジェロ・ラッセルに期待を寄せるボブ・マイヤーGM
元NBA選手がレイカーズとレブロン・ジェイムズに対し不安を露わに
NBAがプレシーズンゲームの日程を発表
アンソニー・デイビスがロサンゼルス・ドジャースの試合で始球式
タロン・ルー氏がロサンゼルス・クリッパーズのアシスタントコーチに就任!
ジェレミー・リン、中国リーグの北京ダックスへ移籍か?
クリス・ポールに関して平常心を保ち続けるオクラホマシティー・サンダー
今日は何の日 〜クリッパーズがマーク・マドセンを解雇〜
ロサンゼルス・レイカーズが複数のベテラン・センターをワークアウトへ
シャーロット・ホーネッツがクラシック・エディション・ユニフォームを発表
ドマンタス・サボニスがリトアニア代表としてFIBAワールドカップに出場へ!
アトランタ・ホークスがトラビス・シュレンク氏をバスケットボール運営部門代表兼GMに昇格
フリーエージェント情報:JJ・バレアがダラス・マーベリックスと再契約
FIBAが、FIBAワールドカップ2019・ファーストラウンドの全日程を発表
ステフィン・カリーがハワード大のゴルフ・チーム設立を援助
デイビッド・ブラット氏が多発性硬化症に
ドノバン・ミッチェルがスター選手の知識を吸収中!!
【レイカーズの噂】デマーカス・カズンズの代わりはドワイト・ハワード?
今日は何の日 〜キャバリアーズがアンソニー・ベネットと契約〜
アーロン・ベインズがジェイソン・テイタムとジェイレン・ブラウンを大絶賛
ケンバ・ウォーカーの加入はセルティクスをどう変える?
Bleacher Reportの記者が今度はアンドリュー・ウィギンズのトレードを提案
フルカン・コルクマズが国際試合で活躍中!
ディアーロン・フォックスがアメリカ代表チームのロスター入りを辞退
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.