ニュース

カリーとKDがチームを牽引!! ウォリアーズがカンファレンス・ファイナル進出!!

ステフィン・カリーとケビン・デュラントの活躍により、粘るペリカンズを振り切ったウォリアーズが、カンファレンス・ファイナル進出を決めた

現地5月8日に行われたウェスタン・カンファレンス・セミファイナル、ゴールデンステイト・ウォリアーズ対ニューオリンズ・ペリカンズの第5戦は、ステフィン・カリー(28得点)とケビン・デュラント(24得点)の活躍により、ウォリアーズが113対104でペリカンズを下し、今年もカンファレンス・ファイナルへの切符を手に入れた。

ウォリアーズでは、カリーが28得点7リバウンド8アシスト、デュラントが24得点6リバウンド7アシスト、クレイ・トンプソンが23得点6リバウンド、ドレイモンド・グリーンが19得点14リバウンド9アシストと、先発の主力4人が大活躍した。

なかでも、オールラウンドな活躍で勝利に貢献したグリーンについて、ウォリアーズのスティーブ・カーHC(ヘッドコーチ)は以下のようにコメントしている。

「ドレイモンド(グリーン)はこのシリーズを通して素晴らしい仕事をしている。彼は、間違いなく我々にとって必要不可欠な選手だ。彼は、現代のNBAにおける究極の選手だよ。彼はどんなポジションでも守れるし、外からスリーポイントシュートも決められる。これは、現在のNBAの進化そのものの姿だ。彼のような選手がいてくれて、我々はとても幸運だよ。」

一方のペリカンズでは、エースのアンソニー・デイビスが34得点19リバウンド、ドリュー・ホリデーが27得点10リバウンド11アシストと健闘し、前半を僅か3点差で終えることができたが、後半開始早々にウォリアーズの猛攻を受け、第3Q(クォーター)終了時点には20点差を付けられた。それでも、ペリカンズは第4Q残り2分で一時7点差にまで追い上げる粘りを見せたが、その直後にグリーンに得点を入れ返され、万事休すとなった。

この勝利でカンファレンス・セミファイナル突破を決めたウォリアーズは、カンファレンス・ファイナルで1位シードのヒューストン・ロケッツと対戦する。前年王者のウォリアーズと、今シーズンのリーグ最高勝率を誇るロケッツの対戦は、『事実上のNBAファイナル』とも言われる注目のカードだ。この2チームは、昨年のプレーオフでは顔を合わせていないが、2016年のプレーオフ・ファーストラウンド(1回戦)で激突した際は、ウォリアーズが4勝1敗でロケッツを退けている。

アーカイブ

ネッツがスペンサー・ディンウィディーとの契約延長に合意!!
ヨナス・バランチュナスが親指を脱臼
レイカーズはトレバー・アリーザ獲得のために若手主力選手を放出するのか?!
NBA選手やレジェンドたちがメキシコに到着!
ダーク・ノビツキーが復帰間近か?
アル・ホーフォードが膝を負傷
16チームが『アーンド・エディション・ユニフォーム』を発表
TJ・ウォレンに罰金処分
ニック・ナースHCの母親が94歳で逝去
ケビン・デュラント「3連覇したら俺たち全員の銅像が作られるだろう」
グレッグ・ポポビッチHCが通算勝利数でNBA歴代4位に浮上
カワイ・レナードが右殿部の打撲によりクリッパーズ戦を欠場
トリスタン・トンプソンが左足の負傷で2〜4週間の離脱へ
ドレイモンド・グリーンが11試合ぶりに復帰!!
サンズがフリーエージェントのエリック・モアランドと契約
ジミー・バトラーが脚の付け根を負傷!!
ブルズのチーム内に亀裂?!
ウォリアーズがスポーツ・パーソン・オブ・ザ・イヤーを受賞
カイリー・アービングが肩の怪我によりペリカンズ戦を欠場
ニック・ヤングがナゲッツと契約!!
デマーカス・カズンズがGリーグで調整へ
レイカーズがトレバー・アリーザの獲得を検討か?!
ドウェイン・ウェイドがキャリア通算1000試合目をプレー!!
ゲイリー・ハリスが3〜4週間の戦線離脱!!
ジョエル・エンビードがジミー・バトラー加入後の役割に不満?!
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.