ニュース

ドック・リバースHCがPBWA最優秀監督賞を受賞

ドック・リバースHCがPBWA最優秀監督賞を受賞した

PBWA(プロバスケットボール記者協会)は、ロサンゼルス・クリッパーズのドック・リバースHC(ヘッドコーチ)が2018-19シーズンのルディ・トムジャノビッチ賞に選ばれたと発表した。この賞は、その年に最もメディアとファンに協力的であり、コート上でも素晴らしい指揮を披露したヘッドコーチに贈られる。

クリッパーズのヘッドコーチになって6年目のリバースHCは、ボストン:セルティックス時代の2011-12シーズンにも同賞を受賞している。今シーズン、クリッパーズは48勝34敗という成績を残し、ウェスタン・カンファレンスの8位シードでプレイオフに進出した。オールスター選手不在のチームが45勝以上したのは、NBA史上5チーム目だ。リバースHCは、2018-19シーズンの10月と11月にコーチ・オブ・ザ・マンスを受賞しており、今シーズンの最優秀監督賞の最終候補にも選ばれている。

今年のPBWA最優秀監督賞のファイナリストは、リバースHC、ケニー・アトキンソンHC(ブルックリン・ネッツ)、マイク・ダントーニHC(ヒューストン・ロケッツ)、マイケル・マローンHC(デンバー・ナゲッツ)、ネイト・マクミランHC(インディアナ・ペイサーズ)の5人だった。

同賞の名前は、かつてヒューストン・ロケッツとロサンゼルス・レイカーズでヘッドコーチを務めたルディ・トムジャノビッチ氏に由来している。プロフェッショナリズムに溢れ、メディアへの対応も素晴らしかったトムジャノビッチ氏は、13シーズンのNBAヘッドコーチ人生で、レギュラーシーズン通算527勝416敗、プレイオフ51勝39敗という成績を残し、ロケッツ時代の1994年と1995年には2連覇を達成している。

過去のルディ・トムジャノビッチ賞の受賞者は以下の通り。

2010-11シーズン:ジェリー・スローン(ユタ・ジャズ)
2011-12シーズン:ドック・リバース(ボストン・セルティックス)
2012-13シーズン:ジョージ・カール(デンバー・ナゲッツ)
2013-14シーズン:フランク・ボーゲル(インディアナ・ペイサーズ)
2014-15シーズン:スティーブ・カー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)
2015-16シーズン:ドウェイン・ケイシー(トロント・ラプターズ)
2016-17シーズン:スタン・バン・ガンディー(デトロイト・ピストンズ)
2017-18シーズン:スティーブ・カー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)
2018-19シーズン:ドック・リバース(ロサンゼルス・クリッパーズ)

 

アーカイブ

アトランタ・ホークスがトラビス・シュレンク氏をバスケットボール運営部門代表兼GMに昇格
フリーエージェント情報:JJ・バレアがダラス・マーベリックスと再契約
FIBAが、FIBAワールドカップ2019・ファーストラウンドの全日程を発表
ステフィン・カリーがハワード大のゴルフ・チーム設立を援助
デイビッド・ブラット氏が多発性硬化症に
ドノバン・ミッチェルがスター選手の知識を吸収中!!
【レイカーズの噂】デマーカス・カズンズの代わりはドワイト・ハワード?
今日は何の日 〜キャバリアーズがアンソニー・ベネットと契約〜
アーロン・ベインズがジェイソン・テイタムとジェイレン・ブラウンを大絶賛
ケンバ・ウォーカーの加入はセルティクスをどう変える?
Bleacher Reportの記者が今度はアンドリュー・ウィギンズのトレードを提案
フルカン・コルクマズが国際試合で活躍中!
ディアーロン・フォックスがアメリカ代表チームのロスター入りを辞退
アメリカ代表が親善試合でスペイン代表に勝利
サンアントニオ・スパーズがトニー・パーカーの背番号9番を永久欠番に
PJ・タッカーがアメリカ代表チームのロスター入りを辞退
今日は何の日 〜リッキー・ピアースが生まれる〜
今日は何の日 〜ラリー・バードが引退を発表〜
今日は何の日 〜エディ・グリフィンが交通事故で亡くなる〜
カーメロ・アンソニーにネッツ移籍の可能性が浮上
ウェス・ウィルコックス元GMが新シーズンにトレードされそうな選手を予想
今日は何の日 〜ボビー・ジョーンズがシクサーズに移籍〜
ドノバン・ミッチェル「アメリカのためにプレイする」
フリーエージェント情報:パトリック・パターソンがロサンゼルス・クリッパーズと契約
フリーエージェント情報:ヨナス・ジェレブコがロシアのチームと契約
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.