ニュース

ストッツHCに解雇の噂!!

ペリカンズにスウィープされたブレイザーズのテリー・ストッツHCが解雇されるかもしれない

ポートランド・トレイルブレイザーズ(以下ブレイザーズ)のテリー・ストッツHC(ヘッドコーチ)が、困った状況に陥っているかもしれない。というのも、ウェスタン・カンファレンスのプレーオフ・ファーストラウンド(1回戦)で、6位シードのニューオリンズ・ペリカンズに対してまさかのスウィープ(0勝4敗で敗退すること)を喫した3位シードのブレイザーズが、ストッツHCの解雇に踏み切る可能性が出てきているというのだ。

New York Timesのマーク・スタイン記者によると、3位シードだったにも関わらず6位シードのペリカンズにスウィープされたことだけではなく、ここ数年のプレーオフで10連敗していることが、ストッツHC解雇の可能性を一気に高めたのだという。

2年前、ブレイザーズのニール・オルシェイGM(ゼネラルマネージャー)は、当時はまだ平凡な成績しか残していなかった選手と高額契約を結んだ。その選手はまだ若かったため、チームは彼の今後の成長に期待したのだ。今シーズン半ば、ブレイザーズのエースのデイミアン・リラードは、チームの今後の方向性についてオーナー達と腹を割って話し合ったのだが、その直後からチームは順調に勝利を重ねて西の3位にまで駆け上がったため、『ブレイザーズの方向性』についての結論は一旦先延ばしされていた。…このプレーオフでスウィープされるまでは。

ブレイザーズに変革が必要なことは明らかだが、2年前に結んだ高額契約が現在もチームのサラリーを圧迫しているため、彼らが今夏のフリーエージェント市場で大物選手を獲得することは非常に難しい状況になっている。だからといって、すぐにブレイザーズが再建に入る訳ではないが、コーチ陣の入れ替えは十分に起こりうる可能性がある。

Bleacher Reportのカイル・ニューポート記者が、ブレイザーズの状況を以下のようにまとめている。

ストッツHC率いるブレイザーズは、レギュラーシーズン50勝を2回達成し、ディビジョン優勝も2回経験している。しかし、ストッツHCはプレーオフでは結果を残せていない。ここまで6年間ブレイザーズを指揮してきたストッツHCは、過去5回のプレーオフ進出で、ファーストラウンド(1回戦)を2回しか突破したことがないのだ。しかも、敗退した全5回のシリーズで、彼らは合計で僅か3勝しかしていない。(スウィープ、もしくは1勝4敗での敗退)

レギュラーシーズンで1試合平均25.9得点(フィールドゴール成功率43.9%)をあげていたエースのリラードが、今プレーオフでは1試合平均18.5得点(フィールドゴール成功率35.2%)と振るわなかったことも確かだ。エースが不調の時は、どんなコーチであってもチームを勝利に導くことは至難の技になるはずだ。だが、今回のブレイザーズのように何シーズンにも渡って期待以下の結果しか残せなかった場合、ヘッドコーチの手腕が最初に槍玉にあげられるのも致し方ないかもしれない。

60歳のストッツHCは、1994-95シーズンにシアトル・スーパーソニックスのアシスタント・コーチに就任し、NBAコーチとしてのキャリアをスタートさせた。彼はこれまで6つの球団でコーチを務め、ブレイザーズ、アトランタ・ホークス、ミルウォーキー・バックスの3チームではヘッドコーチを務めた。彼は、全10年のNBAヘッドコーチとしてのキャリアで、通算387勝388敗を記録している。

アーカイブ

ラメロ・ボール、オーストラリア行きを検討
ルーキー・ウォッチ 〜ガーランド、自分がベストと発言〜
今日は何の日 〜ピアースがファイナルMVPを受賞〜
FAの噂:ジミー・バトラーがオプトアウトする可能性大
ウォリアーズの黄金時代は終わってしまうのか?
レブロン・ジェームズ「これは始まりに過ぎない」
アンソニー・デイビスがレイカーズへ!!
NBAファイナル第6戦がカナダで高視聴率を記録
カワイ・レナードが2度目のファイナルMVPを受賞!
クレイ・トンプソンが左膝の前十字靭帯を断裂
クレイ・トンプソンがプレイオフの3ポイント成功数でレブロン・ジェームズ超え
クレイ・トンプソンの父、息子のウォリアーズ残留を明言
警察当局がマサイ・ウジリ氏の暴行を主張
レイカーズがアンソニー・デイビスのトレードを積極的に打診中?
カイリー・アービングがエージェント会社を変更
今日は何の日 〜ロケッツが3つの史上初を達成〜
トロント・ラプターズが球団史上初のNBAチャンピオンに!!
セルティックスのアーロン・ベインズがオプトイン
ホーネッツのマービン・ウィリアムズがオプトイン
スティーブン・アダムスがニュージーランド代表のリスト入り
ケンバ・ウォーカー「優勝のためならサラリーの減額も受け入れる」
ゴラン・ドラギッチがオプトイン
ドック・リバースHCがPBWA最優秀監督賞を受賞
ウォリアーズが、第6戦用にケビン・デュラントとオークランドを讃えるタオルを用意
ブルックリン・ネッツ移籍説が急速化しているカイリー・アービング
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.