ニュース

ピストンズ首脳陣から大きな期待を集めるケイシー新HC!

デトロイト・ピストンズの首脳陣は、ドウェイン・ケイシー新HCに多大な期待を寄せているようだ

デトロイト・ピストンズは、ここ最近10年の間にイースタン・カンファレンスのプレーオフに進出したチームの中で、1勝もしていない唯一のチームだ。彼らが最後にプレーオフで勝ったのは、2008年のイースタン・カンファレンス・ファイナル第4戦だ。その年以降、彼らはたったの2回しかプレーオフに進出できず、いずれもプレーオフ・ファーストラウンド(1回戦)でレブロン・ジェームズ率いるクリーブランド・キャバリアーズにスウィープ(0勝4敗でシリーズを敗退すること)されている。
来シーズンからピストンズの指揮を任されるドウェイン・ケイシーHC(ヘッドコーチ)も、昨シーズンまで率いたトロント・ラプターズ時代に何度もジェームズに苦渋を舐めさせらているだけに、ピスントンズの悔しさは良く分かっているはずだ。ケイシーHCは、2年連続でプレーオフ進出を逃しているチームを受け継ぐこととなるが、昨シーズンのピストンズは、1月下旬にブレイク・グリフィンを獲得して以降は健闘を見せ、イースタン・カンファレンスの9位というまずまずの順位でシーズンを終えている。

ケイシーHCはラプターズ時代に成功を収めたヘッドコーチではあるが、ピストンズのファンは、チームを再建するためにはもっと若いヘッドコーチの方が良かったと考えていたようだ。

Detroit Free Pressのビンス・エリス記者が、ピストンズのコーチ人事の裏話を以下のようにリポートしている。

情報筋によると、当初、ケイシー氏を次期ヘッドコーチ面談に呼ぶことは『生ぬるい』と考えられていたという。
ラプターズがプレーオフで結果を残せなかったことを考えれば、それは当然の反応かもしれない。
事実、ピストンズの人事に多大な影響力を持つアルン・テレム球団社長も、次期ヘッドコーチには新進気鋭のコーチを発掘するつもりだった。

しかし、最初の面談でケイシー氏はピストンズの首脳陣を驚かせた。
テレム球団社長のシニア・アドバイザーを務めるエド・ステファンスキー氏は、ケイシー氏の面談の様子を以下のように語っている。

「ケイシーは、最初の面談で特大の場外ホームランを放った。彼は、我々の全ての質問に対して完璧な回答を披露し、前任者の単なる焼き直しではないことを即座に証明したんだ。彼は、選手の育成プランを詳細に書き留めたメモも用意していたし、それらを解説するためのビデオクリップまで準備していた。なにより、彼はコーチとして約40年ものキャリアを誇るにも関わらず、新しい要素を受け入れる広い心を持ち合わせているんだ。」

アーカイブ

アトランタ・ホークスがトラビス・シュレンク氏をバスケットボール運営部門代表兼GMに昇格
フリーエージェント情報:JJ・バレアがダラス・マーベリックスと再契約
FIBAが、FIBAワールドカップ2019・ファーストラウンドの全日程を発表
ステフィン・カリーがハワード大のゴルフ・チーム設立を援助
デイビッド・ブラット氏が多発性硬化症に
ドノバン・ミッチェルがスター選手の知識を吸収中!!
【レイカーズの噂】デマーカス・カズンズの代わりはドワイト・ハワード?
今日は何の日 〜キャバリアーズがアンソニー・ベネットと契約〜
アーロン・ベインズがジェイソン・テイタムとジェイレン・ブラウンを大絶賛
ケンバ・ウォーカーの加入はセルティクスをどう変える?
Bleacher Reportの記者が今度はアンドリュー・ウィギンズのトレードを提案
フルカン・コルクマズが国際試合で活躍中!
ディアーロン・フォックスがアメリカ代表チームのロスター入りを辞退
アメリカ代表が親善試合でスペイン代表に勝利
サンアントニオ・スパーズがトニー・パーカーの背番号9番を永久欠番に
PJ・タッカーがアメリカ代表チームのロスター入りを辞退
今日は何の日 〜リッキー・ピアースが生まれる〜
今日は何の日 〜ラリー・バードが引退を発表〜
今日は何の日 〜エディ・グリフィンが交通事故で亡くなる〜
カーメロ・アンソニーにネッツ移籍の可能性が浮上
ウェス・ウィルコックス元GMが新シーズンにトレードされそうな選手を予想
今日は何の日 〜ボビー・ジョーンズがシクサーズに移籍〜
ドノバン・ミッチェル「アメリカのためにプレイする」
フリーエージェント情報:パトリック・パターソンがロサンゼルス・クリッパーズと契約
フリーエージェント情報:ヨナス・ジェレブコがロシアのチームと契約
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.