ニュース

デトロイト・ピストンズがGMを解任

ピストンズがGMのジェフ・バウワー氏と決別することが分かった

デトロイト・ピストンズとジェフ・バウワーGM(ゼネラルマネージャー)が決別すると、複数のメディアが報じた。

このニュースを最初にリポートしたのは、ESPNのエイドリアン・ウォジナロウスキー記者だった。
ウォジナロウスキー記者は、自身のツイッターで以下のように報じている。

「チームの体制を整えている最中のデトロイトが、GMのジェフ・バウワー氏と決別することが分かった。かつてNBAとNCAAでヘッドコーチの経験も持つバウワー氏は、プレーオフに進出した2球団でGMを務めてきた。」

先日までピストンズの球団社長兼ヘッドコーチを務めていたスタン・バンガンディー氏の下で、バウワー氏はゼネラルマネージャーの仕事を4年間務めてきた。その間、彼はトレードでレジー・ジャクソンとブレイク・グリフィンを獲得した他、ドラフトでスタンリー・ジョンソン(2015年)とルーク・ケナード(2017年)を指名し、着々とチーム作りを進めてきた。

しかし、先月チームがスタン・バンガンディー氏のヘッドコーチ兼バスケットボール運営最高責任者の職を解いた時点で、今回のバウワー氏の解任も既に予想されていた。バウワー氏は、バンガンディー氏によって2014年に登用されていたからだ。

先週、ピストンズは、オーナーのトム・ゴレス氏の首席アドバイザーとしてエド・ステファンスキー氏を雇った。ステファンスキー氏は、新たなGMとヘッドコーチの人選を、スタッフの先頭に立って指揮している。

Detroit Free Pressによると、ピストンズのフロント・オフィス入りが噂される人物として、元ピストンズの選手で現在はメンフィス・グリズリーズの役員をしているティーション・プリンス氏、TV解説者のブレント・バリー氏、ブルックリン・ネッツのアシスタントGMのトラジャン・ラングドン氏、そしてアトランタ・ホークスの重役のマリック・ローズらの名前が挙がっている。

ピストンズの次期ヘッドコーチ探しも引き続き行われており、今週末には、ミシガン大のヘッドコーチのジョン・ベイレイン氏と面談することも報じられている。

アーカイブ

スティーブ・カーHCに罰金処分
マーキーフ・モリスがサンダーとの契約に基本合意!!
ジェームズ・ハーデンが31試合連続で30得点越えを達成!!
クリント・カペラはオールスター休暇後に復帰か?!
NBAとプーマが複数年のパートナーシップを発表
エネス・カンターがブレイザーズとの契約に基本合意
ラプターズのフレッド・バンブリートが左親指を手術へ
ジョエル・エンビードに罰金処分
ラプターズがベテラン・ガードのジェレミー・リンと正式に契約
アイザイア・トーマスが遂に復帰か?!
モントレズ・ハレルに罰金処分
ジェームズ・ハーデンが30試合連続で30得点越え!!
ラッセル・ウェストブルックとポール・ジョージが揃ってトリプルダブルを達成!!
ジョン・ウォールの手術が無事成功!!
NBAがレイカーズのタンパリング疑惑に関する声明を発表
ボーヤン・ボグダノビッチとポール・ジョージが週間MVPを受賞!!
ラプターズがジェレミー・リンを獲得か?!
ジョシュ・ハートが右膝の治療のため戦線離脱
ペイサーズがウェスリー・マシューズと契約!!
カイリー・アービングが右膝を捻挫
マーカス・モリスがチームの状況を危惧
ピストンズがフリーエージェントのウェイン・エリントンと契約
サンダーがアレックス・アブリネスを解雇
クリッパーズがマイケル・ビーズリーを解雇
チャンドラー・パーソンズがオールスター休暇後にチームに合流へ
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.