ニュース

ディアンジェロ・ラッセルに期待を寄せるボブ・マイヤーGM

ゴールデンステート・ウォリアーズのボブ・マイヤーGMが、「ディアンジェロ・ラッセルの成熟ぶりに感銘を受けた」と語った

ゴールデンステート・ウォリアーズは今オフ、ケビン・デュラントのサイン&トレードにより、ブルックリン・ネッツからディアンジェロ・ラッセルを獲得した。クレイ・トンプソンが左膝十字靭帯を断裂したことで、新シーズンの殆どを欠場することが予想される中、ウォリアーズはラッセルがトンプソンの代わりに、チームのスコアラーとして活躍することに期待している。

ウォリアーズのボブ・マイヤーGMは、The Athleticsのポッドキャスト「The TK Show」に出演した際に、ラッセルとニューヨークで会ったことについて語った。マイヤーGMによると、彼がラッセルにロサンゼルス・レイカーズでの暗い過去について問いかけた際に、ラッセルは「後から考えると、俺はドラフト2位指名選手としてレイカーズでプレイする準備が出来ていなかった」と答えたそうだ。マイヤーGMは、ラッセルの回答について「多くの選手が他人や状況のせいにする中、彼の答えからは成熟さを感じた」と語っている。

また、マイヤーGMはラッセルのこれまでの経緯について、以下の通り続けた。

「ラッセルは、NBAでのキャリアがまだ浅いにも関わらず、既に殆どの選手以上の経験をしているよ。上位でドラフトされ、レイカーズに所属し、ネッツにトレードされた彼は、変化する状況に上手く対応し、今のレベルまで登りつめた」。

2015年のドラフトでレイカーズに2位指名されたラッセルは、キャリア1年目から大きなプレッシャーの中でプレイしてきた。その後、ネッツにトレードされたラッセルは、23歳という若さでオールスター選出を果たすまでに成長を遂げている。尚、ネッツで開花したラッセルは昨季、平均21.1得点、7リバウンドを挙げている。

マイヤーGMは最後に、「ラッセルの人間性を知れたことで、彼のウォリアーズ加入が更に喜ばしいこととなった」と、上記ポッドキャストを締めくくった。マイヤーGMのラッセルへの期待が、彼の人間性を知ることで更に高まったようだ。

スポヲタ:ビタラフ アドル

 

アーカイブ

NBA1年目に備える八村塁
FIBAワールドカップ:リッキー・ルビオらの活躍によりスペイン代表が優勝
FIBAワールドカップ:フランス代表が銅メダルを獲得
シクサーズがチャールズ・バークレー氏の銅像を披露
マイケル・ジョーダン氏がホーネッツの持ち株の一部を売却
NBAがタンパリングの罰則強化に関する投票を実施へ
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が7位決定戦に勝利
W杯で敗れたグレッグ・ポポビッチHC「誰が出場辞退したかは関係ない」
FIBAワールドカップ準決勝:2オーバータイムの激闘の末にスペイン代表が決勝進出
FIBAワールドカップ準決勝:アルゼンチン代表がフランス代表を下して決勝進出
ショーン・リビングストンがNBAからの引退を表明
コービー・ブライアント「アメリカ代表が楽に勝てる時代は終わった」
コービー・ブライアントがドワイト・ハワードにアドバイス
ジョー・ジョンソンがピストンズとの契約に合意
レブロン・ジェームズ『Taco Tuesday』を商標登録できず
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が2連敗
マイク・マスカラがサンダーと契約した理由を明かした
ラッセル・ウェストブルック、ロケッツで王者となりレガシーを残せるか?
マイアミ・ヒートがバム・アデバヨの4年目のチームオプションを行使
NBAチャンピオン・リングの偽物がロサンゼルス国際空港で押収!
FIBAワールドカップ準々決勝:オーストラリア代表が準決勝に進出!
FIBAワールドカップ準々決勝:フランス代表がアメリカ代表の国際試合での連勝をストップ!
レイ・アレン「神に祈るような気持ちだった」と伝説の一発を回顧
レブロン・ジェームズ、Blaze Pizzaのロン役でCMに登場
FIBAワールドカップ準々決勝:リッキー・ルビオの活躍でスペイン代表が準決勝進出!
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.