ニュース

FAの噂:J・R・スミスがロケッツと契約か?

フリーエージェントで元クリーブランド・キャバリアーズのJ・R・スミスが、今季にヒューストン・ロケッツと契約を結ぶのでは噂されている。

この噂は、スミスの兄弟であるクリス・スミス氏が、自身のSNSに上げた投稿が引き金となった様だ。クリス氏は、ロケッツのジェームズ・ハーデンとラッセル・ウェストブルックの写真と共に、以下の通りキャプションされた投稿を自身のインスタグラムに上げている。

「もう一人の加入でロケッツはとんでもないチームになるだろう。J・R楽しみだな。」

スミスは現在ロケッツと交渉中なのか、それともまたクリス氏が根拠もなく投稿しただけなのかは不明だ。いずれにせよ、クリス氏の投稿がスミスのフリーエージェンシーに関する新たな議論を引き起こす事となった。

約2週間前に、キャバリアーズに解雇され、フリーエージェントとなったキャリア15年目のベテランガードは、未だにどのチームとも契約を結んでいない。

当初はロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズとキャバリアーズ時代にチームメートであった事もあり、レイカーズ移籍説が浮上していたが、リーグ関係者と繋がりのあるESPNのエイドリアン・ウォジナロウスキー記者は、その可能性を否定した。

その後、「The Athletics」のシャムズ・シャラニア記者は、スミスがミルウォーキー・バックスと面談をする様だと報じたが、それから約2週間が経った今、未だに同件についての進展は見られていない。

そして今、昨夏にスミス獲得を狙っていたと報じられていたロケッツが、再び彼の移籍先候補として噂されている。ロケッツは現在、ロスター上に13選手を登録しており、2選手分のスポットが空いている事を考慮すると、その可能性は否定できないだろう。

スミスは、昨季に出場したわずか11試合で、平均6.7得点、1.6リバウンド、1.9アシストを記録。また、彼のキャリア平均は、12.5得点、3.2リバウンド、2.1アシスト、フィールドゴール成功率41.9%、スリーポイント成功率は37.3%となっている。

実際にスミスとロケッツ間で交渉が行われているのかは不明だが、ハーデンとウェストブルックの脇を固めるシューターを必要としているロケッツにとって、スミスは条件を満たしている候補と言えるだろう。

スポヲタ:ビタラフ アドル

アーカイブ

NBA1年目に備える八村塁
FIBAワールドカップ:リッキー・ルビオらの活躍によりスペイン代表が優勝
FIBAワールドカップ:フランス代表が銅メダルを獲得
シクサーズがチャールズ・バークレー氏の銅像を披露
マイケル・ジョーダン氏がホーネッツの持ち株の一部を売却
NBAがタンパリングの罰則強化に関する投票を実施へ
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が7位決定戦に勝利
W杯で敗れたグレッグ・ポポビッチHC「誰が出場辞退したかは関係ない」
FIBAワールドカップ準決勝:2オーバータイムの激闘の末にスペイン代表が決勝進出
FIBAワールドカップ準決勝:アルゼンチン代表がフランス代表を下して決勝進出
ショーン・リビングストンがNBAからの引退を表明
コービー・ブライアント「アメリカ代表が楽に勝てる時代は終わった」
コービー・ブライアントがドワイト・ハワードにアドバイス
ジョー・ジョンソンがピストンズとの契約に合意
レブロン・ジェームズ『Taco Tuesday』を商標登録できず
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が2連敗
マイク・マスカラがサンダーと契約した理由を明かした
ラッセル・ウェストブルック、ロケッツで王者となりレガシーを残せるか?
マイアミ・ヒートがバム・アデバヨの4年目のチームオプションを行使
NBAチャンピオン・リングの偽物がロサンゼルス国際空港で押収!
FIBAワールドカップ準々決勝:オーストラリア代表が準決勝に進出!
FIBAワールドカップ準々決勝:フランス代表がアメリカ代表の国際試合での連勝をストップ!
レイ・アレン「神に祈るような気持ちだった」と伝説の一発を回顧
レブロン・ジェームズ、Blaze Pizzaのロン役でCMに登場
FIBAワールドカップ準々決勝:リッキー・ルビオの活躍でスペイン代表が準決勝進出!
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.