ニュース

FAの噂:カイリー・アービング、ネッツ移籍説が最有力??

今夏に解禁されるFA(フリーエージェント)市場の目玉選手の一人であるアービングの移籍先について、様々な憶測が飛び交っている。

「カイリー・アービング(ボストン・セルティックス)はケビン・デュラント(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)と共にニューヨーク・ニックスに入団するのか?」

「レブロン・ジェイムスと和解し、あのコビー・ブライアントからも猛烈なアプローチを受けていることを踏まえると、レイカーズ移籍説もありえるのではないだろうか。」

「アービングは自分がフランチャイズ(球団)の顔としてプレーしたいと思っている。彼はボストンに残るだろう。」

過去数ヶ月間にわたり、デュラントとのニックス移籍説が有力視されてきたアービングは、キャバリアーズ時代の無礼をジェームスに謝罪したと報道されるとレイカーズ移籍説が浮上し、ニュージャージー州に家を購入したと報道されるとブルックリン・ネッツ説が浮上していた。

そして、現在最も有力なのはネッツ移籍説だという。

ESPNのスティーブン・A・スミス記者は今月4日に、自身がホストを務める「First Take」にて以下の通り述べている。

「ここ数時間の間に、私はアービングがネッツ入団の意思表示をしていると聞いている。彼が行くのはニックスではなく、ネッツだろう。」

スミス氏はアービングから直接聞いた訳ではないと述べた上で、彼の移籍先としてネッツが最有力であると報じた。

また、スミス氏はアービングとのニックス移籍説が報じられていたデュラントに関して、ニックスへの移籍かウォリアーズ残留の2択であると予想している。そして、デュラントがニックスに移籍する場合は、彼がアービングをニックスに勧誘するだろうとも語っていた。

一方、クリーブランド・キャバリアーズにトレードを要求したアービングは、2017年からセルティックスに在籍しており、契約最終年となる来季を前にプレーヤーオプションを放棄してFAとなることが確実視されている。

ディフェンス面やリーダーとしては疑問が残るアービングだが、オフェンス面での破壊力は言わずと知れたスーパースター級のアービング。彼は今シーズンに平均23.8ポイント、6.9アシスト、5.0リバウンド、シュート成功率48.7%、そしてスリーポイントシュート成功率40.1%をマークしている。

今夏のFA市場でデュラントやカワイ・レナード(ラプターズ)に次ぐキーパーソンのアービングには選択肢が多い。

アービングがどこに移籍し、リーグ全体がどのように変化するかに注目だ。

文:ビタラフ アドル

アーカイブ

アル・ホーフォードは76ersの救世主となれるか
アメリカ代表がFIBAランク1位をキープ
エレナ・デレドンがWNBAのシーズンMVPを受賞
ケビン・デュラントがネッツのユニフォーム姿を初披露
NBAがデマーカス・カズンズのディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションを承認
ダラス・マーベリックスが馬場雄大との契約を正式発表
ピストンズがジョー・ジョンソンと契約
ヤニス・アデトクンボのウォリアーズ移籍説をバックスが否定
NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.