ニュース

FAの噂:ユタ・ジャズ、リッキー・ルビオとの再契約は優先事項ではない?

今オフにフリーエージェントとなるユタ・ジャズのポイントガード、リッキー・ルビオは、ジャズの今夏におけるロスター計画に自身が含まれていないことを明らかにしている。

「自分は今夏の優先事項ではないとジャズから報告を受けた」と出身国であるスペインのテレビ番組で語ったルビオは、今シーズン終了後に尋ねられた今オフの選択について漠然とした回答をしていた。

ヒューストン・ロケッツとのプレーオフ第1ラウンドに敗れ、ジャズでのシーズンを終えたルビオは4月末、「The Salt Lake Tribune」の質問に下記の通り回答している。

「シーズンが終わり、フリーエージェントを控える今、自分が何処に行きたいか、また、何処に行けるかを考え始めているよ。今回、最も重要視しているのは僕にとってベストな環境で幸せにプレーすること。良いコーチやチームメートと共に自分のパフォーマンスが最大限に発揮できる最高の環境を求めている。」

ジャズで幸せにプレーが出来ているかについては一切触れていないルビオ。しかし、ルビオが残したコメントを踏まえると、ジャズに自分の居場所が無くなることを薄々と感じていたのではないだろうか。

今シーズン、平均12.7ポイント、3.6リバウンド、6.1アシスト、シュート成功率40.4%を記録したルビオは、プレーオフでは平均15.4ポイントをマークし、平均得点数においてはドノバン・ミッチェルに次ぐチーム全体2位を記録。しかし、ルビオは好調な時と不調な時の差が激しいことやスリーポイントシュートの効率の悪さ(成功率31.1%)が懸念されていた。

一方、スリーポイントシュート成功数はリーグ全体9位の平均12.1本、そして成功率は全体同率10位の35.6%を記録しているジャズには、チーム1のスコアラーであるミッチェル以外の選択肢がない。

ジャズの総合力はレギュラーシーズンでは機能するものの、同じチームと最大7試合を戦うプレーオフ・シリーズにおいては欠点が生まれてしまう。相手チームは、トップスコアラーであるミッチェルを集中的に抑え込むことから、ジャズには得点を量産できる第2の選手が必要となるからだ。

ジャズには、マイク・コンリーを放出したがっているメンフィス・グリズリーズとのトレードによるコンリー獲得や、今オフに制限つきフリーエージェントとなるミルウォーキー・バックスのマルコム・ブログドン獲得の噂が流れている。

ジャズにとっては、ルビオの代わりにコンリーやブログドンを起用することはポイントガードのアップグレードになるだろう。一方で、そうなった場合にルビオがどのチームと契約を結ぶか気になるところだ。

文:ビタラフ アドル

アーカイブ

アル・ホーフォードは76ersの救世主となれるか
アメリカ代表がFIBAランク1位をキープ
エレナ・デレドンがWNBAのシーズンMVPを受賞
ケビン・デュラントがネッツのユニフォーム姿を初披露
NBAがデマーカス・カズンズのディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションを承認
ダラス・マーベリックスが馬場雄大との契約を正式発表
ピストンズがジョー・ジョンソンと契約
ヤニス・アデトクンボのウォリアーズ移籍説をバックスが否定
NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.