ニュース

【FAの噂】カーメロ・アンソニー、古巣ニックスへの復帰説?

昨シーズン、ヒューストン・ロケッツへ移籍するもわずか10試合に出場した後、チームのラインナップから外され、現在は無所属となっているカーメロ・アンソニーは今シーズン、16年のキャリアを締めくくる「フェアウェル・ツアー」を切望していると報じられた。

現在、彼と契約を望むチームは現れていない。そんな中、「The Athletics」のシャムズ・シャラニア記者によれば、アンソニーの古巣であるニューヨーク・ニックスが彼の獲得に興味を示していた様だ。しかし、それにはある条件があったという。

「リーグ情報筋によれば、ニックスがもし今夏に2人の主要フリーエージェント(ケビン・デュラントとカイリー・アービング)を獲得していれば、カーメロ・アンソニーを復帰させる事を検討していたという。」

35歳のベテランフォワードは、ニックスに在籍していた6シーズンでオールスター選出6度を果たし、パトリック・ユーイング以来のニックスのベストプレーヤーとして注目を集めていた。ニックスでこの世代で最もスポットライトを浴びていたアンソニーであったが、機能不全に陥っていたニックスを立て直す事は出来なかった。

そして、ニックスとの関係が悪化したアンソニーは、2017年にオクラホマシティー・サンダーにトレードされたが、ラッセル・ウェストブルックやポール・ジョージのプレースタイルとフィットせず、その後はリーグを転々とするも昨季ロケッツでわずか10試合に出場して以降、どのチームにも所属していない。

ニックスやロサンゼルス・レイカーズがアンソニーに興味を示すと報じられていたが、現在はどちらも良いフィットとは言えない様だ。本格的なチーム再建モードに入っている今のニックスでは、ベテランスコアラーの使い道が限られる事が予想されるからである。レイカーズもまた、ロスター上に1選手分のスポットが空いているが、バイアウト市場に出る事が予想されるアンドレ・イグダーラ獲得の為に抑えていると報じられている事からこの線も薄いだろう。

アンソニーが今シーズン、希望通りに「フェアウェル・ツアー」を行える可能性は、残念ながら低いと言われている。

スポヲタ:ビタラフ アドル

アーカイブ

NBA1年目に備える八村塁
FIBAワールドカップ:リッキー・ルビオらの活躍によりスペイン代表が優勝
FIBAワールドカップ:フランス代表が銅メダルを獲得
シクサーズがチャールズ・バークレー氏の銅像を披露
マイケル・ジョーダン氏がホーネッツの持ち株の一部を売却
NBAがタンパリングの罰則強化に関する投票を実施へ
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が7位決定戦に勝利
W杯で敗れたグレッグ・ポポビッチHC「誰が出場辞退したかは関係ない」
FIBAワールドカップ準決勝:2オーバータイムの激闘の末にスペイン代表が決勝進出
FIBAワールドカップ準決勝:アルゼンチン代表がフランス代表を下して決勝進出
ショーン・リビングストンがNBAからの引退を表明
コービー・ブライアント「アメリカ代表が楽に勝てる時代は終わった」
コービー・ブライアントがドワイト・ハワードにアドバイス
ジョー・ジョンソンがピストンズとの契約に合意
レブロン・ジェームズ『Taco Tuesday』を商標登録できず
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が2連敗
マイク・マスカラがサンダーと契約した理由を明かした
ラッセル・ウェストブルック、ロケッツで王者となりレガシーを残せるか?
マイアミ・ヒートがバム・アデバヨの4年目のチームオプションを行使
NBAチャンピオン・リングの偽物がロサンゼルス国際空港で押収!
FIBAワールドカップ準々決勝:オーストラリア代表が準決勝に進出!
FIBAワールドカップ準々決勝:フランス代表がアメリカ代表の国際試合での連勝をストップ!
レイ・アレン「神に祈るような気持ちだった」と伝説の一発を回顧
レブロン・ジェームズ、Blaze Pizzaのロン役でCMに登場
FIBAワールドカップ準々決勝:リッキー・ルビオの活躍でスペイン代表が準決勝進出!
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.