ニュース

FAの噂:カイリー・アービングとディアンジェロ・ラッセルがネッツでタッグを組む?

「ニューヨーク・ポスト」のブライアン・ルイス記者によると、ブルックリン・ネッツの一部の関係者は、カイリー・アービング(ボストン・セルティックス)とディアンジェロ・ラッセル(ネッツ)の相性が抜群に良いと感じているという。

また、ニュージャージー州出身のアービングは、以前から地元に近いニューヨークでプレーすることに興味を示していた。そして、一部の記者は、今オフにプレーヤーオプションを行使してフリーエージェントとなることが確実視されているアービングがネッツとの契約を強く検討していると報道している。

それを受けて、同じく今オフにフリーエージェントとなるラッセルとアービングがネッツでタッグを組むことが噂されているようだ。

オールスターに6回選出されているアービングは、今シーズンに平均23.8ポイント、5.0リバウンド、6.9アシスト、シュート成功率48.7%を記録し、セルティックスをカンファレンス・セミファイナルズまで導いた。

一方で、最近になって急成長を遂げているラッセルは、今シーズンにキャリアハイとなる平均21.1ポイント、3.9リバウンド、7.0アシスト、シュート成功率43.4%を記録。ネッツを牽引したラッセルは、チームにとって2015年ぶりとなるプレーオフ進出に導いている。

今シーズンの、チーム内のオフェンス負担の大きさを表す指標であるユーセージ・レートは、アービングが28.3%、ラッセルがリーグ全体10位となる30.8%となっている。アービングとラッセルは、どちらもポイントガードということもあり、二人のタッグが実現すると役割分担が気になるところだ。しかし、この二人が組むことにより、ネッツのガードが更に固くなることは間違いない。

高校時代に同じコーチの元で指導を受けていたこともあり、強い信頼関係にあるアービングとラッセルが、ネッツで一緒にプレーする確率が高いと予想している評論家も多いという。

昨年10月には、セルティックスとの再契約を検討していることを言及していたアービングだが、後のインタビューで「7月1日にまた聞いてくれ」とコメントをしていることから、シーズン中に何らかの心境の変化があったことが予想されている。

セルティックスやネッツの他にも、ニューヨーク・ニックスやロサンゼルス・レイカーズからアプローチを受けているアービングが今オフにどこと契約を結ぶか注目だ。

文:ビタラフ アドル

 

アーカイブ

アル・ホーフォードは76ersの救世主となれるか
アメリカ代表がFIBAランク1位をキープ
エレナ・デレドンがWNBAのシーズンMVPを受賞
ケビン・デュラントがネッツのユニフォーム姿を初披露
NBAがデマーカス・カズンズのディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションを承認
ダラス・マーベリックスが馬場雄大との契約を正式発表
ピストンズがジョー・ジョンソンと契約
ヤニス・アデトクンボのウォリアーズ移籍説をバックスが否定
NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.