ニュース

FA選手を巡るニックスとスパーズの因縁

昨季のトレードデッドライン前、当時ニューヨーク・ニックスに在籍していたクリスタプス・ポルジンギスが絡んでいたトレード交渉を巡って、サンアントニオ・スパーズとニックスの間に深い溝ができてしまった様だ。

ニックス幹部数名は、当時ポルジンギスを狙っていたスパーズが、トレード交渉の際にルールに違反した行動を取ったとして非難している様子。

「SNY」のイアン・ベグリー記者は、スパーズがポルジンギス獲得の為、NBAの規定で認められていない行動を取っていたと、匿名のニックス幹部数名が感じていると報じた。

ベグリー氏は、報道内容に関して詳細を明かしていない為、実際に何が引き金となったかは分からない。だが、今年1月に「The Ringer」のケビン・オコーナー記者は、スパーズがポルジンギス獲得に大きな関心を示していると報じたが、最終的にはダラス・マーベリックスにトレードされた為、上記の件が両チーム間に何らかの摩擦を生んでしまったのかも知れない。

そして、この騒動に油を注いだのが、フリーエージェントであったマーカス・モリスが一度は合意に至ったスパーズとの契約を覆し、ニックスと1年1500万ドル(約16億円)の契約に至った事だった。

「The Athletics」のフランク・イソーラ記者によると、スパーズはモリスの行動に激怒していたという。モーリス獲得の為にキャップスペースを空ける必要があったスパーズは、有力なストレッチ4としてチームに貢献していたダービス・バータンズをワシントン・ウィザーズに放出までしていただけに、激怒するのも無理はないだろう。

一方、モリスと彼の代理人を務めるリッチ・ポール氏は、今回の件で決別する事となった様だ。「New York Post」のマーク・バーマン記者によれば、ポール氏はモリスが当初合意に至ったスパーズとの契約にサインする様に促したものの、最終的にニックスと契約した為に怒ってしまい、決別となった模様だ。

今回、ニックスがスパーズからモリスを横取りする形になったのは、ポルジンギスの一件が根源となっていたかどうかは分からない。しかし、両チームの間に大きな溝が生まれてしまっているのは、どうやら間違いないようだ。

スポヲタ:ビタラフ アドル

 

アーカイブ

ジェレミー・リン、中国リーグの北京ダックスへ移籍か?
クリス・ポールに関して平常心を保ち続けるオクラホマシティー・サンダー
今日は何の日 〜クリッパーズがマーク・マドセンを解雇〜
ロサンゼルス・レイカーズが複数のベテラン・センターをワークアウトへ
シャーロット・ホーネッツがクラシック・エディション・ユニフォームを発表
ドマンタス・サボニスがリトアニア代表としてFIBAワールドカップに出場へ!
アトランタ・ホークスがトラビス・シュレンク氏をバスケットボール運営部門代表兼GMに昇格
フリーエージェント情報:JJ・バレアがダラス・マーベリックスと再契約
FIBAが、FIBAワールドカップ2019・ファーストラウンドの全日程を発表
ステフィン・カリーがハワード大のゴルフ・チーム設立を援助
デイビッド・ブラット氏が多発性硬化症に
ドノバン・ミッチェルがスター選手の知識を吸収中!!
【レイカーズの噂】デマーカス・カズンズの代わりはドワイト・ハワード?
今日は何の日 〜キャバリアーズがアンソニー・ベネットと契約〜
アーロン・ベインズがジェイソン・テイタムとジェイレン・ブラウンを大絶賛
ケンバ・ウォーカーの加入はセルティクスをどう変える?
Bleacher Reportの記者が今度はアンドリュー・ウィギンズのトレードを提案
フルカン・コルクマズが国際試合で活躍中!
ディアーロン・フォックスがアメリカ代表チームのロスター入りを辞退
アメリカ代表が親善試合でスペイン代表に勝利
サンアントニオ・スパーズがトニー・パーカーの背番号9番を永久欠番に
PJ・タッカーがアメリカ代表チームのロスター入りを辞退
今日は何の日 〜リッキー・ピアースが生まれる〜
今日は何の日 〜ラリー・バードが引退を発表〜
今日は何の日 〜エディ・グリフィンが交通事故で亡くなる〜
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.