ニュース

FAの噂:ニックスとジュリアス・ランドルは互いに関心あり?

ニューヨーク・ニックスは、今夏のFA(フリーエージェント)市場でカイリー・アービング(セルティックス)とケビン・デュラント(ウォリアーズ)獲得を狙っていると大々的に報じられてきた。

しかし、アービングはブルックリン・ネッツと相思相愛にあるといわれ、またアキレス腱を断裂したデュラントが来期を全休する可能性がある今、ニックスは方向転換を余儀なくされるだろう。

「The Undefeated」のマーク・J・スピアーズ記者は、ニックスがアービングやデュラントの他にもカワイ・レナード(ラプターズ)、ケンバ・ウォーカー(ホーネッツ)、トバイアス・ハリス(シクサーズ)など、多数のFAに興味を示していると報じた。

スピアーズ氏によると、中でも特に注目なのがニューオーリンズ・ペリカンズのビッグマンであるジュリアス・ランドルだという。なぜなら、情報筋によればニックスとランドルは互いに興味を示しているというからだ。

一方、ニックスのスティーブ・ミルズ球団社長は、組織のビジョンに賛同してくれる大型FAを引き付けるために全力を尽くすと語っており、また関心があるFA選手と積極的に会う計画を立てているという。ニックスは2人分のマックス契約のために十分なキャップスペースを有しているが、ミルズ氏は来期のためだけに長期的な再建計画を犠牲にするような大型契約はせず、スーパースターの獲得が見込めない場合は地道にヤングコアを育て上げるとも語っている。

そうなった場合、ランドルはニックスにとって興味深いターゲットとなるだろう。キャリアベストとなった昨期、ランドルは平均21.4ポイント、8.7リバウンド、シュート成功率52.4%を記録。このまま順調にシュートが改善されていけば優秀なペリメーターシューターとして成長する可能性も高い。

このことから、ニックスはミッチェル・ロビンソン、デニス・スミスJr、ケビン・ノックスや今年ドラフトされたR・J・バレットらヤングコアにランドルを追加し、長期的な若手の育成を図ることが予想されている。また、ニックスが無理に大型FAを追求する代わりにランドルのようなプレーヤーの獲得を目指すことは、金額面だけでなく、今後のロスター再建に柔軟性をもたらすといったメリットもある。

一方、ランドルの昨季の活躍を考慮すると他球団も彼の獲得に名乗りをあげることになるだろう。もしニックスがアービングやデュラント獲得の代替案としてランドルの追求を考えているのであれば、こちらもそう簡単ではないようだ。

文:ビタラフ アドル

 

アーカイブ

アル・ホーフォードは76ersの救世主となれるか
アメリカ代表がFIBAランク1位をキープ
エレナ・デレドンがWNBAのシーズンMVPを受賞
ケビン・デュラントがネッツのユニフォーム姿を初披露
NBAがデマーカス・カズンズのディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションを承認
ダラス・マーベリックスが馬場雄大との契約を正式発表
ピストンズがジョー・ジョンソンと契約
ヤニス・アデトクンボのウォリアーズ移籍説をバックスが否定
NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.