ニュース

Bleacher Reportの記者がゴードン・ヘイワードのトレードを提案

「Bleacher Report」のグレッグ・スワーツ記者は、ボストン・セルティックスがゴードン・ヘイワードをトレードすることを提案した

チームは時として、ひどい契約を抱えてしまうことがある。これら契約をロスターから一掃するのは容易ではないが、代償を払ってでもトレードした方が良い場合もあるだろう。たとえば、ヒューストン・ロケッツがオクラホマシティー・サンダーにクリス・ポールを放出し、ラッセル・ウェストブルックを獲得したように。

「Bleacher Report」のグレッグ・スワーツ記者は、ボストン・セルティックスが、ゴードン・ヘイワードをクリーブランド・キャバリアーズに放出することを提案している。セルティックスがヘイワード、ロバート・ウィリアムズ、2020年のドラフト1巡目指名権(プロテクトつき)を放出し、キャバリアーズからトリスタン・トンプソンとジョーダン・クラークソンを得るというプランだ。

来年30歳となるヘイワードの契約は、あと2年6690万ドル(約71億円)残っている。昨季、1試合平均25.9分間に出場し、平均11.5得点、4.5リバウンド、3.4アシストという成績は、物足りないと言わざるを得ない。

スワーツ氏によれば、セルティックスは今オフにチームを去ったアル・ホーフォードの代わりにエネス・カンターと契約を結んだが、ディフェンシブセンターのバックアップが必要だという。トンプソンが昨季、平均10.9得点、10.2リバウンド、2.0アシストを挙げたことを踏まえると、適した人材であると言えそうだ。クラークソンも昨季全試合でベンチ出場であったのにも関わらず、キャリアハイの平均16.8得点をたたき出していた。

このトレードは、チーム再建中のキャバリアーズにとっても好条件であると、スワーツ氏は述べている。もしトレードが成立した場合、ベテランのヘイワードは若手の育成要員として、昨季は1試合平均5.1ブロックを記録したウィリアムズは若手の有力なディフェンシブセンターとして、キャバリアーズに貢献できるはず。また、プロテクト付きのドラフト1巡目指名権も、再建チームにとっては大きなメリットとなるだろう。

大胆な提案ではあるが、何が起こるか分からないのがNBAの世界。スワーツ氏の提案通り、ヘイワードはトレードされるのだろうか。

スポヲタ:ビタラフ アドル

アーカイブ

NBA1年目に備える八村塁
FIBAワールドカップ:リッキー・ルビオらの活躍によりスペイン代表が優勝
FIBAワールドカップ:フランス代表が銅メダルを獲得
シクサーズがチャールズ・バークレー氏の銅像を披露
マイケル・ジョーダン氏がホーネッツの持ち株の一部を売却
NBAがタンパリングの罰則強化に関する投票を実施へ
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が7位決定戦に勝利
W杯で敗れたグレッグ・ポポビッチHC「誰が出場辞退したかは関係ない」
FIBAワールドカップ準決勝:2オーバータイムの激闘の末にスペイン代表が決勝進出
FIBAワールドカップ準決勝:アルゼンチン代表がフランス代表を下して決勝進出
ショーン・リビングストンがNBAからの引退を表明
コービー・ブライアント「アメリカ代表が楽に勝てる時代は終わった」
コービー・ブライアントがドワイト・ハワードにアドバイス
ジョー・ジョンソンがピストンズとの契約に合意
レブロン・ジェームズ『Taco Tuesday』を商標登録できず
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が2連敗
マイク・マスカラがサンダーと契約した理由を明かした
ラッセル・ウェストブルック、ロケッツで王者となりレガシーを残せるか?
マイアミ・ヒートがバム・アデバヨの4年目のチームオプションを行使
NBAチャンピオン・リングの偽物がロサンゼルス国際空港で押収!
FIBAワールドカップ準々決勝:オーストラリア代表が準決勝に進出!
FIBAワールドカップ準々決勝:フランス代表がアメリカ代表の国際試合での連勝をストップ!
レイ・アレン「神に祈るような気持ちだった」と伝説の一発を回顧
レブロン・ジェームズ、Blaze Pizzaのロン役でCMに登場
FIBAワールドカップ準々決勝:リッキー・ルビオの活躍でスペイン代表が準決勝進出!
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.