ニュース

果たしてマヌ・ジノビリは引退1年目で殿堂入りできるのか?

マヌ・ジノビリが引退1年目で殿堂入りに選ばれる可能性について、NBA.comの記者達が討論した

4度のNBA優勝、オリンピック金メダル、ユーロリーグMVPといった数々の輝かしい経歴を持つマヌ・ジノビリだが、彼は果たして引退1年目で殿堂入りに選ばれるのだろうか?

デイビッド・オルドリッジ記者
「そんなことを議論する必要があると思うのか?もちろん彼は引退1年目で殿堂入りだ。」

スティーブ・アシュバーナー記者
「議論の必要は無い。彼は1年目で選ばれる。ジノビリは、NBAのキャリアだけでも殿堂入りに値する活躍をしたが、彼の国際舞台での活躍が、それを更に確実なものにしている。特に、バスケットボールの名誉の殿堂は、プロからアマチュアまで、男女・国内外を問わずに与えられる賞だからね。」

ショーン・パウエル記者
「スタッツの観点から見ても、彼は殿堂入り確実な選手だと言える。マヌは様々な基準をカバーしており、多くのチェックポイントをクリアーしている。キャリアの長さ、国際舞台での活躍、金メダル、NBAチャンピオンといった彼の経歴を見ても、彼の素晴らしさが分かるはずだ。彼ほどの業績を残した選手は、皆無に等しいよ。」

ジョン・シューマン記者
「彼のNBAキャリアだけを見ても、殿堂入りは確実だ。彼は、キャリア通算の得点やリバウンドやアシストで歴代100位に入るような選手ではなかったが、それは彼がキャリアの早い時期で控え選手の役割を受け入れたからだ。だが、彼は控え選手でありながら、約16シーズンに渡って勝率71%を誇るチームでベストの選手だった。また、彼はプレーオフを含む22シーズンで歴代4位のプラスマイナスの数値を記録した。しかも、彼は上位3人の選手(ティム・ダンカン、レブロン・ジェームズ、ダーク・ノビツキー)よりも4割少ないプレータイムで、その数値を達成しているのだ。」

セコウ・スミス記者
「彼は間違いなく引退1年目で殿堂入りするだろう。彼は、殿堂入り選手に必要とされる『優勝歴』『受賞歴』『総合的なインパクト』など全ての要素を兼ね備えている。私が考える限り、これは議論の余地はない。当然、彼は、殿堂入り式典が開催されるスプリングフィールドに呼ばれるだろう。」

アーカイブ

スティーブ・カーHCに罰金処分
マーキーフ・モリスがサンダーとの契約に基本合意!!
ジェームズ・ハーデンが31試合連続で30得点越えを達成!!
クリント・カペラはオールスター休暇後に復帰か?!
NBAとプーマが複数年のパートナーシップを発表
エネス・カンターがブレイザーズとの契約に基本合意
ラプターズのフレッド・バンブリートが左親指を手術へ
ジョエル・エンビードに罰金処分
ラプターズがベテラン・ガードのジェレミー・リンと正式に契約
アイザイア・トーマスが遂に復帰か?!
モントレズ・ハレルに罰金処分
ジェームズ・ハーデンが30試合連続で30得点越え!!
ラッセル・ウェストブルックとポール・ジョージが揃ってトリプルダブルを達成!!
ジョン・ウォールの手術が無事成功!!
NBAがレイカーズのタンパリング疑惑に関する声明を発表
ボーヤン・ボグダノビッチとポール・ジョージが週間MVPを受賞!!
ラプターズがジェレミー・リンを獲得か?!
ジョシュ・ハートが右膝の治療のため戦線離脱
ペイサーズがウェスリー・マシューズと契約!!
カイリー・アービングが右膝を捻挫
マーカス・モリスがチームの状況を危惧
ピストンズがフリーエージェントのウェイン・エリントンと契約
サンダーがアレックス・アブリネスを解雇
クリッパーズがマイケル・ビーズリーを解雇
チャンドラー・パーソンズがオールスター休暇後にチームに合流へ
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.