ニュース

果たしてマヌ・ジノビリは引退1年目で殿堂入りできるのか?

マヌ・ジノビリが引退1年目で殿堂入りに選ばれる可能性について、NBA.comの記者達が討論した

4度のNBA優勝、オリンピック金メダル、ユーロリーグMVPといった数々の輝かしい経歴を持つマヌ・ジノビリだが、彼は果たして引退1年目で殿堂入りに選ばれるのだろうか?

デイビッド・オルドリッジ記者
「そんなことを議論する必要があると思うのか?もちろん彼は引退1年目で殿堂入りだ。」

スティーブ・アシュバーナー記者
「議論の必要は無い。彼は1年目で選ばれる。ジノビリは、NBAのキャリアだけでも殿堂入りに値する活躍をしたが、彼の国際舞台での活躍が、それを更に確実なものにしている。特に、バスケットボールの名誉の殿堂は、プロからアマチュアまで、男女・国内外を問わずに与えられる賞だからね。」

ショーン・パウエル記者
「スタッツの観点から見ても、彼は殿堂入り確実な選手だと言える。マヌは様々な基準をカバーしており、多くのチェックポイントをクリアーしている。キャリアの長さ、国際舞台での活躍、金メダル、NBAチャンピオンといった彼の経歴を見ても、彼の素晴らしさが分かるはずだ。彼ほどの業績を残した選手は、皆無に等しいよ。」

ジョン・シューマン記者
「彼のNBAキャリアだけを見ても、殿堂入りは確実だ。彼は、キャリア通算の得点やリバウンドやアシストで歴代100位に入るような選手ではなかったが、それは彼がキャリアの早い時期で控え選手の役割を受け入れたからだ。だが、彼は控え選手でありながら、約16シーズンに渡って勝率71%を誇るチームでベストの選手だった。また、彼はプレーオフを含む22シーズンで歴代4位のプラスマイナスの数値を記録した。しかも、彼は上位3人の選手(ティム・ダンカン、レブロン・ジェームズ、ダーク・ノビツキー)よりも4割少ないプレータイムで、その数値を達成しているのだ。」

セコウ・スミス記者
「彼は間違いなく引退1年目で殿堂入りするだろう。彼は、殿堂入り選手に必要とされる『優勝歴』『受賞歴』『総合的なインパクト』など全ての要素を兼ね備えている。私が考える限り、これは議論の余地はない。当然、彼は、殿堂入り式典が開催されるスプリングフィールドに呼ばれるだろう。」

アーカイブ

NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
拡大を続ける中国のNBA人気
マジックがマーケル・フルツの契約オプションを行使
ターナー社の元社長のデイビッド・レビー氏がネッツのCEOに就任
マーベリックスがダーク・ノビツキーのシルエットをコートに配置
Sports IllustratedのNBA選手ランキングでレブロン・ジェームズ以外の選手が1位に初選出
【FAの噂】ジョアキム・ノアがクリッパーズに貢献できる理由
「NBAのサーカスにはうんざり」と不満を露わにしたケビン・デュラントについてスコッティ・ピッペンが言及
NBA1年目に備える八村塁
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.