ニュース

果たしてマヌ・ジノビリは引退1年目で殿堂入りできるのか?

マヌ・ジノビリが引退1年目で殿堂入りに選ばれる可能性について、NBA.comの記者達が討論した

4度のNBA優勝、オリンピック金メダル、ユーロリーグMVPといった数々の輝かしい経歴を持つマヌ・ジノビリだが、彼は果たして引退1年目で殿堂入りに選ばれるのだろうか?

デイビッド・オルドリッジ記者
「そんなことを議論する必要があると思うのか?もちろん彼は引退1年目で殿堂入りだ。」

スティーブ・アシュバーナー記者
「議論の必要は無い。彼は1年目で選ばれる。ジノビリは、NBAのキャリアだけでも殿堂入りに値する活躍をしたが、彼の国際舞台での活躍が、それを更に確実なものにしている。特に、バスケットボールの名誉の殿堂は、プロからアマチュアまで、男女・国内外を問わずに与えられる賞だからね。」

ショーン・パウエル記者
「スタッツの観点から見ても、彼は殿堂入り確実な選手だと言える。マヌは様々な基準をカバーしており、多くのチェックポイントをクリアーしている。キャリアの長さ、国際舞台での活躍、金メダル、NBAチャンピオンといった彼の経歴を見ても、彼の素晴らしさが分かるはずだ。彼ほどの業績を残した選手は、皆無に等しいよ。」

ジョン・シューマン記者
「彼のNBAキャリアだけを見ても、殿堂入りは確実だ。彼は、キャリア通算の得点やリバウンドやアシストで歴代100位に入るような選手ではなかったが、それは彼がキャリアの早い時期で控え選手の役割を受け入れたからだ。だが、彼は控え選手でありながら、約16シーズンに渡って勝率71%を誇るチームでベストの選手だった。また、彼はプレーオフを含む22シーズンで歴代4位のプラスマイナスの数値を記録した。しかも、彼は上位3人の選手(ティム・ダンカン、レブロン・ジェームズ、ダーク・ノビツキー)よりも4割少ないプレータイムで、その数値を達成しているのだ。」

セコウ・スミス記者
「彼は間違いなく引退1年目で殿堂入りするだろう。彼は、殿堂入り選手に必要とされる『優勝歴』『受賞歴』『総合的なインパクト』など全ての要素を兼ね備えている。私が考える限り、これは議論の余地はない。当然、彼は、殿堂入り式典が開催されるスプリングフィールドに呼ばれるだろう。」

アーカイブ

インディアナ州の博物館がラリー・バードの偉業を展示
ブランドン・イングラム、レイジョン・ロンド、クリス・ポールらに出場停止処分!!
ブルズがシャキール・ハリソンと契約
ウィル・バートンが右大腿部を負傷
ベン・シモンズが背中を負傷
ケビン・ノックスが左足首を捻挫
ジャマイカル・グリーンが顎を骨折
カイル・ラウリー「デマー・デローザンは今でも親友」
元WNBAのチェイスティー・メルビンがGリーグのコーチに就任
ドワイト・ハワードが移籍初戦を欠場
サンダーガールズ 平田恵衣「輝ける場所で挑戦すること」BASKETBALL DINER
NBA Gリーグが新たな契約形態を発表
ピストンズが故アレサ・フランクリンさんの国歌斉唱を上映
ペリカンズがガードのティム・フレイジャーと契約!
ナゲッツがマイク・マローンHCと延長契約を締結
サンズが正式にジャマール・クロフォードと契約!!
ウォリアーズが開幕戦に勝利!!
今シーズンの開幕戦はセルティックスが勝利!!
デマーレ・キャロルが右足首を手術
ブルズがZenni Opticalとジャージー・スポンサー契約を締結!!
レイカーズが若手4選手の契約オプションを行使!!
WNBA選手のクリスティ・トリバーがウィザーズのアシスタントコーチに!!
42ヶ国から108人の外国籍選手が開幕ロスター入り!!
ラリー・ナンスJr.がキャバリアーズと4年の延長契約を締結!!
デビン・ブッカーは開幕戦から出場の見込み!!
  • デイリーハイライト
  • ウィークリーハイライト

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.