ニュース

ゴードン・ヘイワードとカイリー・アービングはキャンプまでに復帰可能か?

怪我からの復帰を目指すゴードン・ヘイワードとカイリー・アービングは、トレーニングキャンプに間に合いそうだ

ボストン・セルティックスの2人のスター選手、カイリー・アービングとゴードン・ヘイワードは、怪我のため2017-18シーズン中に戦線離脱を余儀なくされた。しかし、彼らの怪我はもう100%回復しており、現地9月26日にスタートするトレーニングキャンプには最初から参加できる見込みになっている。

セルティックスのダニー・エインジ球団社長は、ESPNの取材に対してこう答えている。

「過度な期待を煽るようなことは言いたくないが、例え今日からトレーニングキャンプが始まったとしても、アービングとヘイワードの2人は100%の状態で練習に参加できるはずだ。おそらく、彼らにはこれ以上のオフは必要ないだろう。だが、トレーニングキャンプまでの残り1ヶ月のオフを使って、彼らは上手くペース配分をして調整するはずだ。彼らは、万全な状態でトレーニングキャンプに姿を現すはずだ。」

エインジによると、セルティックスは、昨シーズンの22試合を欠場したアービングと81試合を欠場したヘイワードの回復度合いのことを、もはや心配していないようだ。昨シーズン、アービングは左膝を痛めて何度か手術を受け、ヘイワードは開幕戦で足首に酷い怪我を負って、ユタ・ジャズから移籍して最初のシーズンをほぼ丸々棒に振る形となった。

バックコートの先発2人を欠いたにも関わらず、セルティックスはウェスタン・カンファレンス・ファイナルにまで駒を進めたが、レブロン・ジェームズ率いるクリーブランド・キャバリアーズに第7戦で敗れた。しかし今シーズン、ジェームズはキャバリアーズを去ってイースタン・カンファレンスのロサンゼルス・レイカーズに移籍し、セルティックスのオールスター・ガード2人が万全の状態で帰ってくる。ボストンの街の期待は、いやが上にも高まっている。

だが、エインジ球団社長は、あまり焦らずに彼らの復帰を見守りたいそうだ。

「彼ら2人が復帰する今シーズンを、私は本当に楽しみにしている。だが、私は過度な期待をしたくはない。リハビリ後は、1対1の練習、3対3の練習、5対5の練習といった段階を経て、ようやくNBAの試合に復帰できるんだからね。彼らには、NBAの試合にアジャストする時間が少しだけ必要になるだろう。
だが、彼らは肉体的には万全の状態だと思う。きっと、彼らは今シーズンが始まるのを心待ちにしているはずだよ。」

アーカイブ

NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
拡大を続ける中国のNBA人気
マジックがマーケル・フルツの契約オプションを行使
ターナー社の元社長のデイビッド・レビー氏がネッツのCEOに就任
マーベリックスがダーク・ノビツキーのシルエットをコートに配置
Sports IllustratedのNBA選手ランキングでレブロン・ジェームズ以外の選手が1位に初選出
【FAの噂】ジョアキム・ノアがクリッパーズに貢献できる理由
「NBAのサーカスにはうんざり」と不満を露わにしたケビン・デュラントについてスコッティ・ピッペンが言及
NBA1年目に備える八村塁
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.