ニュース

マヌ・ジノビリが引退を発表!!

スパーズのマヌ・ジノビリが現役引退を発表した

サンアントニオ・スパーズのマヌ・ジノビリが、23年におよぶプロバスケットボール選手としてのキャリアに幕を閉じることを発表した。

スパーズに所属した16シーズンで、ジノビリは通算勝率72.1%(762勝295敗)という成績を残しており、その間に4度の優勝を経験している。彼が記録した勝率は、1000試合以上出場したNBA選手の中で歴代最高の記録だ。

1999年のNBAドラフト2巡目全体57位でスパーズに指名されたジノビリは、キャリア通算で1057試合に出場し、1試合平均25.4分間のプレーで平均13.3得点3.8アシスト3.5リバウンド1.32スティールという成績を残した。彼は、スリーポイント成功数(1495本)とスティール数(1392スティール)の2部門でスパーズの球団歴代1位、出場試合数で球団歴代3位(1057試合)、アシスト数(4001アシスト)とフリースロー成功数(3380本)で球団歴代4位、総得点(14043点)で球団歴代5位にランクしている。また、ジノビリは、2007-08シーズンにシックスマン賞を受賞し、2008年と2011年にはAll NBAサード・チームに選出され、2005年と2011年にはNBAオールスターにも出場するなど、リーグにおける様々な栄冠を手にしている。

ジノビリはキャリア通算でプレーオフの218試合に出場しており、1試合平均27.9分間のプレーで平均14得点4リバウンド3.8アシスト1.34スティールを記録している。プレーオフで3000得点以上とスリーポイント成功数300本以上を同時に達成しているのは、NBA史上、ジノビリとレブロン・ジェームズの2人しかいない。プレーオフで200試合以上出場した10人の歴代NBA選手のうちの1人であるジノビリは、全プレーオフ出場試合中の165試合でベンチから出場している。彼は、プレーオフ中の総得点(2014点)、アシスト数(576アシスト)、リバウンド数(635リバウンド)、スティール数(205スティール)、フィールドゴール成功数(630本)、スリーポイントシュート成功数(226本)、フリースロー成功数(528本)の7部門で、控え選手によるプレーオフ記録のNBA歴代1位にランクしている。彼とトニー・パーカーのデュオ(2人のコンビ)が達成した132勝というプレーオフ勝利数は、NBAの歴代デュオの中でプレーオフ史上最多となる数字だ。

16シーズン以上現役を続け、その全キャリアの間にたった1つのチームにしか所属しなかったNBA選手は歴史上に7人しかいないが、ジノビリもその1人だ。彼の他にこの偉業を達成しているのは、コービー・ブライアント、ティム・ダンカン、ジョン・ハブリチェック、レジー・ミラー、ダーク・ノビツキー、ジョン・ストックトンの6人だ。彼は、史上初の南米出身のNBA選手で、ドラフト2巡目以降でNBA入りして同一チームで1000試合以上プレーした史上2番目の選手である。

2002年にスパーズと契約する以前は、ジノビリはアルゼンチンとイタリアでプロバスケットボール選手をしていた。2001年、彼はバータス・ボローニャをユーロリーグ・チャンピオンに導き、その年のユーロリーグMVPに輝いている。また、彼は、2000-01シーズンと2001-02シーズンにイタリアのリーグのMVPも受賞している。

ジノビリは1998年から2016年までアルゼンチン代表チームでプレーしており、2004年のオリンピックで金メダル、2002年のFIBA世界選手権で銀メダル、2008年のオリンピックで銅メダルを獲得している。ユーロリーグとNBAとオリンピックの全てで優勝した選手は、バスケットボールの歴史上、ジノビリとビル・ブラッドレイの2人しかいない。

アーカイブ

ステフィン・カリー「月面着陸の話はただのジョーク」
ネッツがスペンサー・ディンウィディーとの契約延長に合意!!
ヨナス・バランチュナスが親指を脱臼
レイカーズはトレバー・アリーザ獲得のために若手主力選手を放出するのか?!
NBA選手やレジェンドたちがメキシコに到着!
ダーク・ノビツキーが復帰間近か?
アル・ホーフォードが膝を負傷
16チームが『アーンド・エディション・ユニフォーム』を発表
TJ・ウォレンに罰金処分
ニック・ナースHCの母親が94歳で逝去
ケビン・デュラント「3連覇したら俺たち全員の銅像が作られるだろう」
グレッグ・ポポビッチHCが通算勝利数でNBA歴代4位に浮上
カワイ・レナードが右殿部の打撲によりクリッパーズ戦を欠場
トリスタン・トンプソンが左足の負傷で2〜4週間の離脱へ
ドレイモンド・グリーンが11試合ぶりに復帰!!
サンズがフリーエージェントのエリック・モアランドと契約
ジミー・バトラーが脚の付け根を負傷!!
ブルズのチーム内に亀裂?!
ウォリアーズがスポーツ・パーソン・オブ・ザ・イヤーを受賞
カイリー・アービングが肩の怪我によりペリカンズ戦を欠場
ニック・ヤングがナゲッツと契約!!
デマーカス・カズンズがGリーグで調整へ
レイカーズがトレバー・アリーザの獲得を検討か?!
ドウェイン・ウェイドがキャリア通算1000試合目をプレー!!
ゲイリー・ハリスが3〜4週間の戦線離脱!!
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.