ニュース

ジェイソン・テイタム「優勝のためなら控え選手になっても構わない」

セルティックスのジェイソン・テイタムは、優勝するためなら控え選手になっても構わないと考えているようだ

2018-19シーズンにカイリー・アービングとゴードン・ヘイワードがボストン・セルティックスのラインナップに帰ってくると、昨シーズンのオール・ルーキー・ファースト・チーム入りを果たしたジェイソン・テイタムが控えに降格する可能性が高い。

だが、テイタムは、控え選手になることに何の問題も感じていないようだ。Boston.comが、テイタムのインタビューを以下のようにまとめている。

「現在、テイタムはロサンゼルスでトレーニングキャンプに向けたワークアウトを続けている。彼は、出場時間に関する心配は全くしていないそうだ。なぜなら、彼は、ブラッド・スティーブンスHC(ヘッドコーチ)の采配を心の底から信頼しているからだ。また、彼は、他のチームメイトも状況の変化に上手く対応すると考えているようだ。
彼は、『誰もが自分のやるべき仕事を持っている。俺達の仕事は、個人個人が最善を尽くし、チーム一丸となって優勝という大きな目標を目指す事だ。ブラッド(スティーブンス)の仕事は、選手の出場時間のバランスや、その他のあらゆる事を調整することだ。なぜなら、彼はコーチだからだ。俺達のチームには利他的な選手が揃っている。だから、きっと問題ないはずだ』とコメントしている。
また、テイタムは、先発か控えかは気にしないともコメントしている。
『俺達のチームの選手層が厚いのは重々承知だ。俺は、試合に勝つことと、試合に出ている間に全力を尽くすことしか考えていないんだ。』」

2017年のNBAドラフト1巡目全体3位で指名されたテイタムは、昨シーズンのレギュラーシーズンは1試合平均13.9得点5リバウンド1スティールという成績を残し、スリーポイントシュート成功率でリーグ8位にランクインした(成功率43.4%)。彼は、アービングとヘイワードが戦線離脱して以降に調子を上げており、プレーオフに入ってからは1試合平均18.5得点という大活躍だった。

アーカイブ

シェイ・ギルジャス・アレクサンダー「俺はラッセル・ウェストブルックじゃない」
キャブズのダン・ギルバート・オーナーが退院
FIBAワールドカップ出場各国が続々とロスターを決定
ラリー・バード氏「私はタトゥーを入れていない」
アメリカ代表がオーストラリア代表に勝利、ケンバ・ウォーカーが23得点
ドナルド・トランプ大統領がボブ・クージー氏に大統領自由勲章を叙勲
ジェームズ・ハーデンが昨季MVPを逃した理由とは
今日は何の日 〜カーメロ・アンソニーがアメリカ代表の1試合最多得点記録を更新〜
ウィザーズ、ダービス・バータンズ獲得は八村塁の為?
日本代表がアルゼンチン代表と対戦、八村が23点、渡邊が13点をあげるも敗戦
今日は何の日 〜ダリアス・マイルズがセルティックスと契約〜
ロケッツから延長契約のオファーを待つPJ・タッカー
ディアンジェロ・ラッセルに期待を寄せるボブ・マイヤーGM
元NBA選手がレイカーズとレブロン・ジェイムズに対し不安を露わに
NBAがプレシーズンゲームの日程を発表
アンソニー・デイビスがロサンゼルス・ドジャースの試合で始球式
タロン・ルー氏がロサンゼルス・クリッパーズのアシスタントコーチに就任!
ジェレミー・リン、中国リーグの北京ダックスへ移籍か?
クリス・ポールに関して平常心を保ち続けるオクラホマシティー・サンダー
今日は何の日 〜クリッパーズがマーク・マドセンを解雇〜
ロサンゼルス・レイカーズが複数のベテラン・センターをワークアウトへ
シャーロット・ホーネッツがクラシック・エディション・ユニフォームを発表
ドマンタス・サボニスがリトアニア代表としてFIBAワールドカップに出場へ!
アトランタ・ホークスがトラビス・シュレンク氏をバスケットボール運営部門代表兼GMに昇格
フリーエージェント情報:JJ・バレアがダラス・マーベリックスと再契約
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.