ニュース

ラプターズがグレッグ・モンローとの契約を正式発表!!

ラプターズがグレッグ・モンローとの契約を正式に発表した

現地8月14日、トロント・ラプターズがセンターのグレッグ・モンローと契約したことを正式に発表した。チームの規定に則り、契約の金額面は公表されていない。

ラプターズのボビー・ウェブスターGM(ゼネラルマネージャー)は、ベテランのモンローがチームにもたらす影響について以下のようにコメントしている。

「グレッグ(モンロー)は、このリーグで確かな実績を積み上げたビッグマンだ。グレッグの経験は、チームのフロントコート(インサイド)の大きな戦力になるだけでなく、NBAチャンピオンを目指してチーム作りを続けるラプターズのチーム文化にも多大な影響を与えると、我々は信じている。」

身長2m11cm、体重120kgのモンローは、昨シーズンはミルウォーキー・バックス、フェニックス・サンズ、ボストン・セルティックスの3チームを転々としつつ51試合に出場し(うち14試合に先発)、1試合平均20.4分間のプレーで平均10.3得点6.9リバウンド、フィールドゴール成功率56.5%(386本中218本成功)という数字を残しており、ダブルダブルも9回達成した。また、セルティックスの一員として出場した今年のプレーオフでは、1試合平均9.5分間プレーし(11試合に出場)、平均4.5得点3.2リバウンドという成績を残している。

ルイジアナ州ニューオリンズ出身のモンローは、これまでのNBAキャリアで所属したデトロイト・ピストンズ、バックス、サンズ、セルティックスの4チームで合計589試合に出場し(うち415試合に先発)、1試合平均28.9分間のプレーで平均13.7得点8.6リバウンドという成績を残している。過去7シーズンで、彼は毎シーズン必ず平均10得点以上を記録している。

モンローは、2010年のNBAドラフト1巡目全体7位という高順位でピストンズに指名され、NBAデビューを飾った。彼は、名門ジョージタウン大在学中の2008年から2010年の間に65試合に出場し、1試合平均32.6分間のプレーで平均14.5得点8.2リバウンドという成績を残している。彼は、大学1年生のシーズンにビッグイースト地区の新人王を獲得した他、大学2年生のシーズンにはファーストチーム・オール・ビッグイーストにも選出されている。

アーカイブ

ジェレミー・リン、中国リーグの北京ダックスへ移籍か?
クリス・ポールに関して平常心を保ち続けるオクラホマシティー・サンダー
今日は何の日 〜クリッパーズがマーク・マドセンを解雇〜
ロサンゼルス・レイカーズが複数のベテラン・センターをワークアウトへ
シャーロット・ホーネッツがクラシック・エディション・ユニフォームを発表
ドマンタス・サボニスがリトアニア代表としてFIBAワールドカップに出場へ!
アトランタ・ホークスがトラビス・シュレンク氏をバスケットボール運営部門代表兼GMに昇格
フリーエージェント情報:JJ・バレアがダラス・マーベリックスと再契約
FIBAが、FIBAワールドカップ2019・ファーストラウンドの全日程を発表
ステフィン・カリーがハワード大のゴルフ・チーム設立を援助
デイビッド・ブラット氏が多発性硬化症に
ドノバン・ミッチェルがスター選手の知識を吸収中!!
【レイカーズの噂】デマーカス・カズンズの代わりはドワイト・ハワード?
今日は何の日 〜キャバリアーズがアンソニー・ベネットと契約〜
アーロン・ベインズがジェイソン・テイタムとジェイレン・ブラウンを大絶賛
ケンバ・ウォーカーの加入はセルティクスをどう変える?
Bleacher Reportの記者が今度はアンドリュー・ウィギンズのトレードを提案
フルカン・コルクマズが国際試合で活躍中!
ディアーロン・フォックスがアメリカ代表チームのロスター入りを辞退
アメリカ代表が親善試合でスペイン代表に勝利
サンアントニオ・スパーズがトニー・パーカーの背番号9番を永久欠番に
PJ・タッカーがアメリカ代表チームのロスター入りを辞退
今日は何の日 〜リッキー・ピアースが生まれる〜
今日は何の日 〜ラリー・バードが引退を発表〜
今日は何の日 〜エディ・グリフィンが交通事故で亡くなる〜
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.