ニュース

ラプターズがグレッグ・モンローとの契約を正式発表!!

ラプターズがグレッグ・モンローとの契約を正式に発表した

現地8月14日、トロント・ラプターズがセンターのグレッグ・モンローと契約したことを正式に発表した。チームの規定に則り、契約の金額面は公表されていない。

ラプターズのボビー・ウェブスターGM(ゼネラルマネージャー)は、ベテランのモンローがチームにもたらす影響について以下のようにコメントしている。

「グレッグ(モンロー)は、このリーグで確かな実績を積み上げたビッグマンだ。グレッグの経験は、チームのフロントコート(インサイド)の大きな戦力になるだけでなく、NBAチャンピオンを目指してチーム作りを続けるラプターズのチーム文化にも多大な影響を与えると、我々は信じている。」

身長2m11cm、体重120kgのモンローは、昨シーズンはミルウォーキー・バックス、フェニックス・サンズ、ボストン・セルティックスの3チームを転々としつつ51試合に出場し(うち14試合に先発)、1試合平均20.4分間のプレーで平均10.3得点6.9リバウンド、フィールドゴール成功率56.5%(386本中218本成功)という数字を残しており、ダブルダブルも9回達成した。また、セルティックスの一員として出場した今年のプレーオフでは、1試合平均9.5分間プレーし(11試合に出場)、平均4.5得点3.2リバウンドという成績を残している。

ルイジアナ州ニューオリンズ出身のモンローは、これまでのNBAキャリアで所属したデトロイト・ピストンズ、バックス、サンズ、セルティックスの4チームで合計589試合に出場し(うち415試合に先発)、1試合平均28.9分間のプレーで平均13.7得点8.6リバウンドという成績を残している。過去7シーズンで、彼は毎シーズン必ず平均10得点以上を記録している。

モンローは、2010年のNBAドラフト1巡目全体7位という高順位でピストンズに指名され、NBAデビューを飾った。彼は、名門ジョージタウン大在学中の2008年から2010年の間に65試合に出場し、1試合平均32.6分間のプレーで平均14.5得点8.2リバウンドという成績を残している。彼は、大学1年生のシーズンにビッグイースト地区の新人王を獲得した他、大学2年生のシーズンにはファーストチーム・オール・ビッグイーストにも選出されている。

アーカイブ

ドラフト・ロッタリー直後のモック・ドラフトをチェック!
マジック・ジョンソンとラリー・バードが生涯功労賞を受賞へ
NBAドラフト・コンバインでタッコ・フォールの株が急上昇?!
ケビン・デュラントがカンファレンス・ファイナル第2戦を欠場
NBAファイナル2019パブリックビューイングパーティー開催決定!豪華ゲストも来場予定!
NBAモックドラフト2019:八村塁は17位でブルックリン・ネッツへ
人気上昇中のメンフィス・グリズリーズと渡邊雄太の存在
ベン・シモンズがFIBAワールドカップに出場へ!
ジェリー・ウェスト氏の続投が決定
アンソニー・デイビスは依然としてトレードを希望?
ペリカンズが今年のドラフト1位指名権を獲得!!
アンソニー・デイビス獲得を狙うニューヨーク・ニックスに影響を与えたNBAドラフトロッタリー2019
ケビン・デュラントの復帰はまだまだ先?
シクサーズのブレット・ブラウンHCが続投へ
ケビン・デュラントとカイリー・アービングのニックス移籍は95%確実?
キャバリアーズの新ヘッドコーチが決定!
カンファレンス・ファイナルのスケジュールが決定
カワイ・レナードのビッグショットにNBA選手も大興奮!!
トロント・ラプターズとドレークのジンクス
カリー家の兄弟対決、果たして二人の両親はどちらを応援するのか?
イースタン・カンファレンスのカンファレンス・ファイナルに進出する2チームが決定!!
ウェスタン・カンファレンスのカンファレンス・ファイナルに進出する2チームが決定!!
レイカーズ移籍の噂が浮上したカイリー・アービング
クリスタプス・ポルジンギスが母国ラトビアで暴行被害
この夏トレードされる可能性のあるシューティングガードVol.1
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.