ニュース

ロケッツが、ようやくクリント・カペラとの契約延長に成功!!

ロケッツが、制限付きフリーエージェントとなっていたクリント・カペラとの契約延長に成功した

ヒューストン・ロケッツが、今オフに制限付きフリーエージェントとなっていたセンターのクリント・カペラと契約したことを発表した。

ESPNのエイドリアン・ウォジナロウスキー記者によると、今回の延長契約は5年9000万ドル(約99億円)とのことだ。

この契約は、チームとカペラの両者にとって『WIN WIN』な結果だったと言えるだろう。
ロケッツは、貴重なビッグマンが2019年のオフに完全フリーエージェントになることを阻止できた。もしカペラが制限付きフリーエージェントになる際にロケッツから提示された1年契約のクオリファイング・オファーを受け入れていた場合は、彼の来シーズン以降の契約は全く保障されなかったのだ。

23歳のカペラは、2014年のドラフト1巡目25位でロケッツに指名されて以降、努力に努力を重ね、毎年着実に力を伸ばしてきた。
彼は、あっという間にオールスター・センターのドワイト・ハワードからロケッツの先発センターの座を奪い、ジェームズ・ハーデンの理想的なピック&ロールのパートナーとして、今やロケッツの中心選手の1人として君臨している。

4年目の昨シーズンに、カペラがかなり自信を付けたことは、彼の成績を見れば明らかだ。昨シーズン、彼は平均出場時間(27.5分間)、平均得点(13.9得点)、平均リバウンド数(10.8リバウンド)、平均ブロック数(1.9ブロック)の4部門でキャリアハイの数字を残しているのだ。また、彼は最初の3シーズンでダブルダブル(1試合に2部門で二桁の数字を記録すること)を合計25回記録しているが、昨シーズンは1シーズンだけでダブルダブルを42回記録している。
1年目のシーズンに、カペラは1試合平均2回しかシュートせず、平均得点は僅か2得点だったが、今や彼は1試合平均9回もシュートしている。

昨シーズンのレギュラーシーズン、カペラとハーデンとクリス・ポールの3人が全員出場した試合で、ロケッツは42勝3敗という驚異的な勝率を誇っている。

アーカイブ

ホークス傘下のGリーグ・チームの名称が『スカイホークス』に決定
ニコラ・ミロティッチが新天地で初出場!
サンダーがマーキーフ・モリスと正式に契約
ラプターズがベテラン・ガードのジョディ・ミークスと10日間契約
ゴラン・ドラギッチとデリック・ジョーンズJr.が待望の復帰へ!
ジョエル・エンビードが少なくとも1週間の戦線離脱へ
ステフィン・カリーとバラク・オバマ前米大統領がマイノリティーの少年たちにメッセージ
NBAがアフリカでプロリーグ設立へ
NBA ALL-STAR 2019 PUBLIC VIEWING PARTY presented by Rakuten TV
第68回NBAオールスターゲームはチーム・レブロンが勝利!!
NBAが来年のNBAオールスターのロゴを発表!
ステフィン・カリーが懐かしい服を着て登場!!
今年のスラムダンク・コンテストはハミドゥー・ディアロが優勝!
今年の3ポイントコンテストはジョー・ハリスが優勝!
今年のスキルズ・チャレンジはジェイソン・テイタムが優勝!
今年のライジング・スターズはアメリカ代表チームが勝利!
アダム・シルバーNBAコミッショナーが『スマート・ジャージー』技術を発表
ペリカンズがGMを解任!
ラッセル・ウェストブルックが球団の歴代最多得点選手に!
スティーブ・カーHCに罰金処分
マーキーフ・モリスがサンダーとの契約に基本合意!!
ジェームズ・ハーデンが31試合連続で30得点越えを達成!!
クリント・カペラはオールスター休暇後に復帰か?!
NBAとプーマが複数年のパートナーシップを発表
エネス・カンターがブレイザーズとの契約に基本合意
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.