ニュース

ロケッツが、ようやくクリント・カペラとの契約延長に成功!!

ロケッツが、制限付きフリーエージェントとなっていたクリント・カペラとの契約延長に成功した

ヒューストン・ロケッツが、今オフに制限付きフリーエージェントとなっていたセンターのクリント・カペラと契約したことを発表した。

ESPNのエイドリアン・ウォジナロウスキー記者によると、今回の延長契約は5年9000万ドル(約99億円)とのことだ。

この契約は、チームとカペラの両者にとって『WIN WIN』な結果だったと言えるだろう。
ロケッツは、貴重なビッグマンが2019年のオフに完全フリーエージェントになることを阻止できた。もしカペラが制限付きフリーエージェントになる際にロケッツから提示された1年契約のクオリファイング・オファーを受け入れていた場合は、彼の来シーズン以降の契約は全く保障されなかったのだ。

23歳のカペラは、2014年のドラフト1巡目25位でロケッツに指名されて以降、努力に努力を重ね、毎年着実に力を伸ばしてきた。
彼は、あっという間にオールスター・センターのドワイト・ハワードからロケッツの先発センターの座を奪い、ジェームズ・ハーデンの理想的なピック&ロールのパートナーとして、今やロケッツの中心選手の1人として君臨している。

4年目の昨シーズンに、カペラがかなり自信を付けたことは、彼の成績を見れば明らかだ。昨シーズン、彼は平均出場時間(27.5分間)、平均得点(13.9得点)、平均リバウンド数(10.8リバウンド)、平均ブロック数(1.9ブロック)の4部門でキャリアハイの数字を残しているのだ。また、彼は最初の3シーズンでダブルダブル(1試合に2部門で二桁の数字を記録すること)を合計25回記録しているが、昨シーズンは1シーズンだけでダブルダブルを42回記録している。
1年目のシーズンに、カペラは1試合平均2回しかシュートせず、平均得点は僅か2得点だったが、今や彼は1試合平均9回もシュートしている。

昨シーズンのレギュラーシーズン、カペラとハーデンとクリス・ポールの3人が全員出場した試合で、ロケッツは42勝3敗という驚異的な勝率を誇っている。

アーカイブ

アトランタ・ホークスがトラビス・シュレンク氏をバスケットボール運営部門代表兼GMに昇格
フリーエージェント情報:JJ・バレアがダラス・マーベリックスと再契約
FIBAが、FIBAワールドカップ2019・ファーストラウンドの全日程を発表
ステフィン・カリーがハワード大のゴルフ・チーム設立を援助
デイビッド・ブラット氏が多発性硬化症に
ドノバン・ミッチェルがスター選手の知識を吸収中!!
【レイカーズの噂】デマーカス・カズンズの代わりはドワイト・ハワード?
今日は何の日 〜キャバリアーズがアンソニー・ベネットと契約〜
アーロン・ベインズがジェイソン・テイタムとジェイレン・ブラウンを大絶賛
ケンバ・ウォーカーの加入はセルティクスをどう変える?
Bleacher Reportの記者が今度はアンドリュー・ウィギンズのトレードを提案
フルカン・コルクマズが国際試合で活躍中!
ディアーロン・フォックスがアメリカ代表チームのロスター入りを辞退
アメリカ代表が親善試合でスペイン代表に勝利
サンアントニオ・スパーズがトニー・パーカーの背番号9番を永久欠番に
PJ・タッカーがアメリカ代表チームのロスター入りを辞退
今日は何の日 〜リッキー・ピアースが生まれる〜
今日は何の日 〜ラリー・バードが引退を発表〜
今日は何の日 〜エディ・グリフィンが交通事故で亡くなる〜
カーメロ・アンソニーにネッツ移籍の可能性が浮上
ウェス・ウィルコックス元GMが新シーズンにトレードされそうな選手を予想
今日は何の日 〜ボビー・ジョーンズがシクサーズに移籍〜
ドノバン・ミッチェル「アメリカのためにプレイする」
フリーエージェント情報:パトリック・パターソンがロサンゼルス・クリッパーズと契約
フリーエージェント情報:ヨナス・ジェレブコがロシアのチームと契約
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.