ニュース

レブロン・ジェームズがレイカーズと正式契約!!

レブロン・ジェームズとレイカーズとの契約が正式に締結された

レブロン・ジェームズが、正式に『レイカーズ』の一員となった。

ロサンゼルス・レイカーズが、今オフに完全フリーエージェントとなっていたレブロン・ジェームズと正式に契約したことを発表した。これにより、4度のMVPに輝く『キング』ジェームズは、生まれ故郷のクリーブランド・キャバリアーズを離れ、16回のNBA優勝を誇る西海岸の名門レイカーズに入団することになる。

ジェームズのエージェント会社であるKlutch Sports Groupは、ジェームズがレイカーズのロブ・ペリンカGM(ゼネラルマネージャー)と一緒に笑顔で契約書にサインする写真をツイッターにアップし、看板選手がレイカーズに入団することを喜んだ。

現在、レイカーズは球団ワースト記録となる5シーズン連続でプレーオフ進出を逃している。一方、ジェームズは、マイアミ・ヒートとキャバリアーズで8シーズン連続でNBAファイナルに進出中で、その間に3回優勝している。

33歳のジェームズが加入することにより、レイカーズは今後1年から2年の間に複数のスーパースターをチームに迎え入れ、新たなスーパーチームを築き上げる基盤を作ったことになる。

レイカーズの球団運営社長のマジック・ジョンソン氏も、声明文の中でジェームズのことを『世界最高の選手』と評し、彼の入団を喜んだ。更に、ジョンソン氏は以下のように続けている。

「彼は闘争心に溢れ、チームを勝利に導くことができるリーダーでもある。だからこそ、彼が率いたチームは今まで成功してきたのだ。レイカーズの選手達は、9度のNBAファイナル進出歴を誇る選手がチームに加わることを非常に喜んでいる。彼の加入により、レイカーズは、再びプレーオフに進出し、NBAファイナルにまで勝ち進む可能性をぐっと引き寄せた。」

昨シーズン、ジェームズは自身初のレギュラーシーズン全82試合フル出場を果たし、得点ランキングでNBA3位の1試合平均27.5得点を記録した他、平均リバウンド(8.6リバウンド)と平均アシスト(9.1アシスト)の両部門でキャリアハイを記録するという素晴らしいシーズンを送った。続くプレーオフでも彼は活躍を続け、キャバリアーズを4年連続のNBAファイナルに導いている。

また、昨シーズンのリーグ最多となる合計2251得点を記録したジェームズは、キャリア通算で3万得点以上、8000リバウンド以上、8000アシスト以上を同時に達成したNBA史上初の選手となった。加えて、彼は連続二桁得点記録(873試合)のNBA記録を現在も更新中だ。

レイカーズのペリンカGMは、15年のキャリアを誇る偉大な選手をチームに迎える喜びについて、以下のようにコメントしている。

「これは、レイカーズにとって歴史的な瞬間だ。彼を迎えることを、我々は大変嬉しく、そして大変光栄に思っている。数多くのMVP受賞歴とNBA優勝経験を誇るジェームズが加入したことで、我々のチーム作りは究極の基盤を築くことができた。しかし、我々の仕事はまだ始まったばかりだ。」

4度のシーズンMVP受賞歴(2009年、2010年、2012年、2013年)を持つジェームズは、キャバリアーズとヒートで合計1143試合のレギュラーシーズンの試合に出場し(うち1142試合に先発)、1試合平均27.2得点7.4リバウンド7.2アシスト1.6スティールを記録している。また、彼は、総得点でNBA歴代7位(3万1038得点)、総アシスト数でNBA歴代11位(8208アシスト)、そして総スティール数でNBA歴代16位(1865スティール)にランクしている。

その他にも、新人王(2003-04シーズン)、14シーズン連続NBAオールスター出場、All NBAファースト・チーム選出12回(うち直近の11シーズン連続で選出)、ファースト・チーム・All・ディフェンシブ・チーム5回選出、オリンピック金メダル(2008年、2012年)、シチズンシップ賞(2016-17)など、彼の受賞歴には枚挙のいとまがない。

2017年の2月からレイカーズの運営を取り仕切ることになったジョンソン氏とペリンカGMは、ジェームズの獲得によって、フリーエージェントでスーパースターを獲得してチームを強化するという、今後の方針を明確にさせた。
彼らは既に、今オフシーズンにレイジョン・ロンド、ジャベール・マギー、ランス・スティーブンソンといったフリーエージェント選手を補強し、ケンタビウス・コールドウェル・ポープの引き留めにも成功している。また、ジェームズ加入以前からチームにいるブランドン・イングラム、ロンゾ・ボール、カイル・クーズマ、ジョシュ・ハートといった才能溢れる若手選手達も大きな戦力になるはずだ。

しかし彼らは、地元カリフォルニア州出身の大物フリーエージェント2人の獲得には難航している。まず、ポール・ジョージはオクラホマシティー・サンダーとの再契約に合意したため、彼を獲得する芽は摘まれているし、サンアントニオ・スパーズのスター選手カワイ・レナードの移籍交渉は一向に進んでいないのが現状だ。

大物選手が移籍した時に度々見られる『ファンによる歓迎イベント』だが、ジェームズは既にロサンゼルス地区に複数の家を保有しているため、今回はそのようなイベントは催されないようだ。

しかし、ジェームズが出資したことで有名となり、現在勢力拡大中のピザ・チェーン『Blaze Pizza』は、現地7月11日に『ジェームズ歓迎企画』として3時間のピザ無料配布を実施すると発表した。
この発表を受け、ジェームズは「どこのピザパーティーが近いかな?カルバーシティーかな?」と、現地6月26日以来となる久々のツイートを投稿している。

アーカイブ

シェイ・ギルジャス・アレクサンダー「俺はラッセル・ウェストブルックじゃない」
キャブズのダン・ギルバート・オーナーが退院
FIBAワールドカップ出場各国が続々とロスターを決定
ラリー・バード氏「私はタトゥーを入れていない」
アメリカ代表がオーストラリア代表に勝利、ケンバ・ウォーカーが23得点
ドナルド・トランプ大統領がボブ・クージー氏に大統領自由勲章を叙勲
ジェームズ・ハーデンが昨季MVPを逃した理由とは
今日は何の日 〜カーメロ・アンソニーがアメリカ代表の1試合最多得点記録を更新〜
ウィザーズ、ダービス・バータンズ獲得は八村塁の為?
日本代表がアルゼンチン代表と対戦、八村が23点、渡邊が13点をあげるも敗戦
今日は何の日 〜ダリアス・マイルズがセルティックスと契約〜
ロケッツから延長契約のオファーを待つPJ・タッカー
ディアンジェロ・ラッセルに期待を寄せるボブ・マイヤーGM
元NBA選手がレイカーズとレブロン・ジェイムズに対し不安を露わに
NBAがプレシーズンゲームの日程を発表
アンソニー・デイビスがロサンゼルス・ドジャースの試合で始球式
タロン・ルー氏がロサンゼルス・クリッパーズのアシスタントコーチに就任!
ジェレミー・リン、中国リーグの北京ダックスへ移籍か?
クリス・ポールに関して平常心を保ち続けるオクラホマシティー・サンダー
今日は何の日 〜クリッパーズがマーク・マドセンを解雇〜
ロサンゼルス・レイカーズが複数のベテラン・センターをワークアウトへ
シャーロット・ホーネッツがクラシック・エディション・ユニフォームを発表
ドマンタス・サボニスがリトアニア代表としてFIBAワールドカップに出場へ!
アトランタ・ホークスがトラビス・シュレンク氏をバスケットボール運営部門代表兼GMに昇格
フリーエージェント情報:JJ・バレアがダラス・マーベリックスと再契約
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.