ニュース

スパーズの若手2選手の残留が決定!!

スパーズのデイビス・ベルターンズとブライアン・フォーブスの残留が決まった

球団の象徴だったトニー・パーカーがシャーロット・ホーネッツに移籍し、若手有望株のカイル・アンダーソンもメンフィス・グリズリーズに移籍するなど、今オフに主力選手の流出が相次いでいるサンアントニオ・スパーズだが、ここにきて2名の若手選手を残留させることに成功したようだ。

まず、若手フォワードのデイビス・ベルターンズがスパーズと4年契約を結んだと、Sportandoが報じた。San Antonio Express-Newsのトム・オズボーン記者が、契約の詳細について以下のようにリポートしている。

「スパーズは、制限付きフリーエージェントになっていたデイビス・ベルターンズと新たな契約を結んだ。匿名の情報筋がSportandoに伝えた内容によると、今回の契約は4年2000万ドル(約22億円)になる模様だ。
今年の11月に26歳になるベルターンズは、スパーズに入って2年目となる昨シーズン、77試合に出場して1試合平均5.9得点2リバウンド1アシストを記録した。彼は、1年目は39.9%(173本中69本成功)、2年目は37.3%(252本中94本成功)と、プロ入り後の2シーズンを通じて高確率でスリーポインシュートを決めている。」

20180711n02B.jpg

ベルターンズの再契約が報じられた翌日には、若手ガードのブライアン・フォーブスとの再契約も明らかになった。Yahoo Sportsのシャムス・シャラニア記者とSan Antonio Express-Newsのオズボーン記者のリポートによると、フォーブスとスパーズは新たに2年の再契約を結んだと見られている。

昨シーズン、プロ入り2年目だったフォーブスは、スパーズの選手ローテーションの一角として大きな役割を果たした。彼は、昨シーズン80試合に出場し(うち12試合で先発)、1試合平均19分間のプレーで平均6.9得点1.4リバウンドという成績を残している。1年目には36試合しか出場機会を与えられず、1試合平均7.9分間のプレータイムで平均2.6得点0.6リバウンドという成績に終わったフォーブスにとって、2年目は大きな飛躍の年になった。
中でも、昨シーズンの1月に、彼は1試合平均24分間の出場で平均10.3得点1.7リバウンドという大活躍を見せている。

アーカイブ

最低3球団がエネス・カンターに興味あり?
今日は何の日 〜クワミ・ブラウンが高卒ルーキー初の全体1位指名を受ける〜
カレッジ情報 〜ルイビル大学がウォークオンのキース・オッドーをロスターに追加〜
カレッジ情報 〜コネチカット大学がAACを離れることを発表〜
マルク・ガソルがオプトイン
ロケッツが主力3選手の放出を検討か?
ニックスがカワイ・レナードやケビン・デュラントと面談か?
グリズリーズがデロン・ライトにクオリファイング・オファーを提示
サンズがケリー・ウーブレイJr.にクオリファイング・オファーを提示
マーク・キューバン氏がファンやメディアの加熱ぶりを危惧
オマー・アシクのサラリーがブルズのサラリーキャップから除外へ
ウルブズがタイアス・ジョーンズにクオリファイング・オファーを提示
ケビン・デュラントがプレイヤーオプションを破棄して完全フリーエージェントに
今夏のニックスの狙いは?
マーベリックスがパトリック・べバリーとニコラ・ミロティッチに興味か?
ホーネッツはケンバ・ウォーカーをキープできるのか?!
レイカーズのオーナーのジーニー・バス氏がロブ・ペリンカGMを支持することを表明
クレイ・トンプソン ~マックス契約をじらすウォリアーズと影に潜むクリッパーズ~
FAの噂:ニックスとジュリアス・ランドルは互いに関心あり?
カレッジ情報 〜波紋を呼ぶカリパリのツイート〜
今日は何の日 〜ヤオ・ミン、1巡目1位指名でロケッツ入団〜
ロケッツはジミー・バトラー狙いか?!
マーベリックスがクリスプタプス・ポルジンギスに5年のマックス契約を提示か?
セルティックスもケンバ・ウォーカー獲得に名乗り?!
アンドレ・イグダーラ「KDとトンプソンは帰ってくる」
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.