ニュース

シクサーズがナゲッツからウィルソン・チャンドラーを獲得!!

シクサーズとナゲッツとの間でトレードが成立し、ウィルソン・チャンドラーがシクサーズに移籍することが分かった

フィラデルフィア・76ers(以下シクサーズ)がデンバー・ナゲッツからスモールフォワードのウィルソン・チャンドラーを獲得したと、ESPNのエイドリアン・ウォジナロウスキー記者が報じた。

「ナゲッツはウィルソン・チャンドラーをシクサーズにトレードし、その見返りとしてドラフト指名権を獲得した。チャンドラーはシクサーズに上手く馴染むだろう。」

NBA10年目のベテランであるチャンドラーは、つい先月、プレーヤーオプション(契約を続行するか契約を破棄してフリーエージェントになるかを選手自身が決められる権利)を行使してナゲッツに残留することを決めたばかりだ。彼の来シーズンのサラリーは推定1280万ドル(約14億円)だ。

SI.comのジェイク・フィッチャー記者によると、チャンドラー獲得の見返りとして、シクサーズは複数のドラフト2巡目指名権を放出したようだ。

「シクサーズは、チャンドラー獲得の見返りとして、2021年のドラフト2巡目指名権と、2022年のドラフト指名権を交換できる権利、そして金銭をナゲッツに譲渡した。」

ESPNのボビー・マークス記者によると、今回のトレードによってナゲッツはかなりのサラリー削減に成功したようだ。

「チャンドラーのトレードにより、ナゲッツは、サラリー総額とラグジュアリータックス(サラリー総額の上限額を超過した場合にチームが支払わなければならない贅沢税)分を合わせて5000万ドル(約55億円)近くのサラリー削減に成功した。チャンドラーのサラリーが差し引かれたことで、ナゲッツが支払うラグジュアリータックス額は5130万ドル(約56億円)から1430万ドル(約16億円)へと大幅に減ったのだ。一方、シクサーズのチームサラリーには余裕があるため、1280万ドル(約14億円)というチャンドラーの高額なサラリーを受け入れることが可能だった。」

昨シーズン、チャンドラーはナゲッツで1試合平均10.4得点5.4リバウンドという成績を残している。

アーカイブ

アトランタ・ホークスがトラビス・シュレンク氏をバスケットボール運営部門代表兼GMに昇格
フリーエージェント情報:JJ・バレアがダラス・マーベリックスと再契約
FIBAが、FIBAワールドカップ2019・ファーストラウンドの全日程を発表
ステフィン・カリーがハワード大のゴルフ・チーム設立を援助
デイビッド・ブラット氏が多発性硬化症に
ドノバン・ミッチェルがスター選手の知識を吸収中!!
【レイカーズの噂】デマーカス・カズンズの代わりはドワイト・ハワード?
今日は何の日 〜キャバリアーズがアンソニー・ベネットと契約〜
アーロン・ベインズがジェイソン・テイタムとジェイレン・ブラウンを大絶賛
ケンバ・ウォーカーの加入はセルティクスをどう変える?
Bleacher Reportの記者が今度はアンドリュー・ウィギンズのトレードを提案
フルカン・コルクマズが国際試合で活躍中!
ディアーロン・フォックスがアメリカ代表チームのロスター入りを辞退
アメリカ代表が親善試合でスペイン代表に勝利
サンアントニオ・スパーズがトニー・パーカーの背番号9番を永久欠番に
PJ・タッカーがアメリカ代表チームのロスター入りを辞退
今日は何の日 〜リッキー・ピアースが生まれる〜
今日は何の日 〜ラリー・バードが引退を発表〜
今日は何の日 〜エディ・グリフィンが交通事故で亡くなる〜
カーメロ・アンソニーにネッツ移籍の可能性が浮上
ウェス・ウィルコックス元GMが新シーズンにトレードされそうな選手を予想
今日は何の日 〜ボビー・ジョーンズがシクサーズに移籍〜
ドノバン・ミッチェル「アメリカのためにプレイする」
フリーエージェント情報:パトリック・パターソンがロサンゼルス・クリッパーズと契約
フリーエージェント情報:ヨナス・ジェレブコがロシアのチームと契約
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.