ニュース

アーロン・ゴードンがオーランド・マジックと再契約!!

アーロン・ゴードンがマジックとの再契約に合意したようだ

複数の情報筋によると、フリーエージェントになっていたパワーフォワードのアーロン・ゴードンが、オーランド・マジックとの再契約に合意したようだ。

2014年のNBAドラフト1巡目全体4位でドラフトされて以降、マジック一筋でプレーしてきたゴードンの新たな契約は、4年8400万ドル(約92億円)になると見られている。

4シーズンのプロキャリアで着実に力を付けてきた22歳のゴードンは、昨シーズン、得点(1試合平均17.6得点)をはじめとする殆ど全ての分野でキャリア最高の成績を残した。

Orlando Sentinelのジョシュ・ロビンス記者は、ゴードンの再契約とマジックの将来について、以下のようにリポートしている。

「Yahoo SportsとOrlando Sentinelがキャッチした情報によると、ゴードンとマジックは4年8400万ドルの再契約に合意したようだ。制限付きフリーエージェントになっていたゴードンを残留させることは、マジックの今オフにおける最優先事項だった。
2017-18シーズンに、ゴードンはキャリア最高のシーズンを送った。昨シーズン、彼は得点(17.6得点)、リバウンド(7.9リバウンド)、アシスト(2.3アシスト)といった殆どの分野でキャリアハイを記録している。また、昨シーズン序盤に高確率でスリーポイントシュートを決めて世間を驚かせたゴードンは、スリーポイントシュート成功率でもキャリアハイの33.6%を記録した。
制限付きフリーエージェント選手達にとっては不利な契約が予想される今オフだが、ゴードンはその中でも比較的良い契約を結べた部類に入るだろう。
今回の新しい契約により、ゴードンは、エバン・フォーニエとビスマック・ビヨンボらの年1700万ドル(約19億円)という契約を抜いて、マジックで最も高給取りの選手となる。
現在契約下にあるロスターの中にポイントガードが1人(DJ・オーガスティン)しかいないマジックの次なるフリーエージェントのターゲットは、間違いなくポイントガードだろう。」

アーカイブ

FAの噂:シクサーズのトバイアス・ハリス
ドラフトの噂:ティンバーウルフズが八村塁の指名確約??
ブレイザーズのテリー・ストッツHCが契約延長に合意
デイミアン・リラードがブレイザーズと契約延長へ
エージェント変更でトレード説が浮上したフランク・ニリキナ
今シーズンのNBA・オール・ルーキー・チームが発表
ゴールデンステイト・ウォリアーズがNBAファイナルに進出!!
アンソニー・デイビスを取り巻くトレードの噂:ペリカンズはケビン・ノックスに興味なし?
マイク・ダントーニHC「ロケッツの一員として優勝したい」
ウルブズがライアン・ソーンダースHCと複数年契約
ナゲッツのティム・コネリー氏が続投へ
JB・ビッカースタッフ氏がキャバリアーズのアソシエイト・ヘッドコーチに就任
マジック・ジョンソン氏が電撃退任の真相を激白
ケンバ・ウォーカー(シャーロット・ホーネッツ)がNBAファイナル2019パブリックビューイングパーティーに緊急参戦!
トレードの噂:マイク・コンリーのトレード先
トレードの噂:ロサンゼルス・レイカーズ
ジミー・バトラーのSNS投稿はシクサーズへのお別れメッセージ?
231cmセンター、タッコ・フォールがドラフト・コンバインの記録を塗り替えた
トラジャン・ラングドン氏がペリカンズのGMに就任
デイミアン・リラードは肋骨を負傷しつつもプレーを続行?
アンドレ・イグダーラが左ふくらはぎを負傷
カイル・コーバーが母校の名誉博士号を取得
ジャズのオーナーのゲイル・ミラー氏が議会からホライズン賞を受賞
NBAアウォーズ2019のファイナリストが決定!
タイリーク・エバンスが薬物使用により選手登録剥奪
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.