ニュース

アーロン・ゴードンがオーランド・マジックと再契約!!

アーロン・ゴードンがマジックとの再契約に合意したようだ

複数の情報筋によると、フリーエージェントになっていたパワーフォワードのアーロン・ゴードンが、オーランド・マジックとの再契約に合意したようだ。

2014年のNBAドラフト1巡目全体4位でドラフトされて以降、マジック一筋でプレーしてきたゴードンの新たな契約は、4年8400万ドル(約92億円)になると見られている。

4シーズンのプロキャリアで着実に力を付けてきた22歳のゴードンは、昨シーズン、得点(1試合平均17.6得点)をはじめとする殆ど全ての分野でキャリア最高の成績を残した。

Orlando Sentinelのジョシュ・ロビンス記者は、ゴードンの再契約とマジックの将来について、以下のようにリポートしている。

「Yahoo SportsとOrlando Sentinelがキャッチした情報によると、ゴードンとマジックは4年8400万ドルの再契約に合意したようだ。制限付きフリーエージェントになっていたゴードンを残留させることは、マジックの今オフにおける最優先事項だった。
2017-18シーズンに、ゴードンはキャリア最高のシーズンを送った。昨シーズン、彼は得点(17.6得点)、リバウンド(7.9リバウンド)、アシスト(2.3アシスト)といった殆どの分野でキャリアハイを記録している。また、昨シーズン序盤に高確率でスリーポイントシュートを決めて世間を驚かせたゴードンは、スリーポイントシュート成功率でもキャリアハイの33.6%を記録した。
制限付きフリーエージェント選手達にとっては不利な契約が予想される今オフだが、ゴードンはその中でも比較的良い契約を結べた部類に入るだろう。
今回の新しい契約により、ゴードンは、エバン・フォーニエとビスマック・ビヨンボらの年1700万ドル(約19億円)という契約を抜いて、マジックで最も高給取りの選手となる。
現在契約下にあるロスターの中にポイントガードが1人(DJ・オーガスティン)しかいないマジックの次なるフリーエージェントのターゲットは、間違いなくポイントガードだろう。」

アーカイブ

16チームが『アーンド・エディション・ユニフォーム』を発表
TJ・ウォレンに罰金処分
ニック・ナースHCの母親が94歳で逝去
ケビン・デュラント「3連覇したら俺たち全員の銅像が作られるだろう」
グレッグ・ポポビッチHCが通算勝利数でNBA歴代4位に浮上
カワイ・レナードが右殿部の打撲によりクリッパーズ戦を欠場
トリスタン・トンプソンが左足の負傷で2〜4週間の離脱へ
ドレイモンド・グリーンが11試合ぶりに復帰!!
サンズがフリーエージェントのエリック・モアランドと契約
ジミー・バトラーが脚の付け根を負傷!!
ブルズのチーム内に亀裂?!
ウォリアーズがスポーツ・パーソン・オブ・ザ・イヤーを受賞
カイリー・アービングが肩の怪我によりペリカンズ戦を欠場
ニック・ヤングがナゲッツと契約!!
デマーカス・カズンズがGリーグで調整へ
レイカーズがトレバー・アリーザの獲得を検討か?!
ドウェイン・ウェイドがキャリア通算1000試合目をプレー!!
ゲイリー・ハリスが3〜4週間の戦線離脱!!
ジョエル・エンビードがジミー・バトラー加入後の役割に不満?!
ポール・ミルサップがつま先を骨折!!
キャバリアーズがジョージ・ヒルをトレード!!
レブロン・ジェームズが親友のカーメロ・アンソニー獲得に関心?!
ブランドン・イングラムが足首の捻挫により2試合の欠場へ
トリスタン・トンプソンに罰金処分
サンロッカーズ渋谷、長谷川智也「これまでの振り返りや展望について」第17回BASKETBALL DINER
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.