ニュース

デリック・ローズがミネソタ・ティンバーウルブズと再契約!!

デリック・ローズがティンバーウルブズと1年間の再契約に合意したようだ

複数の情報筋によると、かつてシーズンMVPを獲得したこともあるデリック・ローズが、ミネソタ・ティンバーウルブズと1年間の再契約に合意したようだ。

ローズは、今年のトレードデッドライン(シーズン中にトレードできる最終期日)にクリーブランド・キャバリアーズからユタ・ジャズにトレードされたが、その2日後に解雇され、それから約1ヶ月後の現地3月8日にティバーウルブズに加入した。現地3月1日までに解雇されてフリーエージェントになっていたため、ローズはティンバーウルブズの一員としてプレーオフにも出場している。(現地3月1日以降にフリーエージェントになった選手は、レギュラーシーズン中はプレーできるが、プレーオフの出場資格は与えられない。)

彼は、ティンバーウルブズ加入後にプレーしたレギュラーシーズンの9試合は1試合平均5.8得点1.2アシストに終わったが、プレーオフに入ってプレーした5試合では1試合平均14.2得点2.6アシストという活躍を見せた。

Star Tribuneのジェリー・ズガダ記者が、ローズとティンバーウルブズとの再契約について以下のようにリポートしている。

「ティンバーウルブズは、今オフのフリーエージェントにおけるチームの最大のターゲットだったデリック・ローズと再契約を交わすようだ。
新しい契約は1年で、金額は239万3000ドル(約2億6000万円)になる見込みだ。
この再契約により、彼は、シカゴ・ブルズ時代からの恩師であるティンバーウルブズのトム・シボドーHC(ヘッドコーチ)兼球団社長の下で来シーズンもプレーすることになる。
昨シーズンの3月にローズと契約したシボドーHCは、今オフにローズと契約することを最優先事項とすると明言していた。シボドーHCは、『ローズはチームにフィットしていたし、彼はプレーオフで素晴らしいプレーをした」と、ローズを高く評価している。」

シボドーHC率いるブルズでプレーした2010-11シーズンに、ローズは自身にとって最高のシーズンを送り、シーズンMVPも受賞した。彼は、そのシーズンに1試合平均25得点7.7アシストを記録し、チームをイースタン・カンファレンス・ファイナルに導いた。

アーカイブ

NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
拡大を続ける中国のNBA人気
マジックがマーケル・フルツの契約オプションを行使
ターナー社の元社長のデイビッド・レビー氏がネッツのCEOに就任
マーベリックスがダーク・ノビツキーのシルエットをコートに配置
Sports IllustratedのNBA選手ランキングでレブロン・ジェームズ以外の選手が1位に初選出
【FAの噂】ジョアキム・ノアがクリッパーズに貢献できる理由
「NBAのサーカスにはうんざり」と不満を露わにしたケビン・デュラントについてスコッティ・ピッペンが言及
NBA1年目に備える八村塁
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.