ニュース

デリック・ローズがミネソタ・ティンバーウルブズと再契約!!

デリック・ローズがティンバーウルブズと1年間の再契約に合意したようだ

複数の情報筋によると、かつてシーズンMVPを獲得したこともあるデリック・ローズが、ミネソタ・ティンバーウルブズと1年間の再契約に合意したようだ。

ローズは、今年のトレードデッドライン(シーズン中にトレードできる最終期日)にクリーブランド・キャバリアーズからユタ・ジャズにトレードされたが、その2日後に解雇され、それから約1ヶ月後の現地3月8日にティバーウルブズに加入した。現地3月1日までに解雇されてフリーエージェントになっていたため、ローズはティンバーウルブズの一員としてプレーオフにも出場している。(現地3月1日以降にフリーエージェントになった選手は、レギュラーシーズン中はプレーできるが、プレーオフの出場資格は与えられない。)

彼は、ティンバーウルブズ加入後にプレーしたレギュラーシーズンの9試合は1試合平均5.8得点1.2アシストに終わったが、プレーオフに入ってプレーした5試合では1試合平均14.2得点2.6アシストという活躍を見せた。

Star Tribuneのジェリー・ズガダ記者が、ローズとティンバーウルブズとの再契約について以下のようにリポートしている。

「ティンバーウルブズは、今オフのフリーエージェントにおけるチームの最大のターゲットだったデリック・ローズと再契約を交わすようだ。
新しい契約は1年で、金額は239万3000ドル(約2億6000万円)になる見込みだ。
この再契約により、彼は、シカゴ・ブルズ時代からの恩師であるティンバーウルブズのトム・シボドーHC(ヘッドコーチ)兼球団社長の下で来シーズンもプレーすることになる。
昨シーズンの3月にローズと契約したシボドーHCは、今オフにローズと契約することを最優先事項とすると明言していた。シボドーHCは、『ローズはチームにフィットしていたし、彼はプレーオフで素晴らしいプレーをした」と、ローズを高く評価している。」

シボドーHC率いるブルズでプレーした2010-11シーズンに、ローズは自身にとって最高のシーズンを送り、シーズンMVPも受賞した。彼は、そのシーズンに1試合平均25得点7.7アシストを記録し、チームをイースタン・カンファレンス・ファイナルに導いた。

アーカイブ

スティーブ・カーHCに罰金処分
マーキーフ・モリスがサンダーとの契約に基本合意!!
ジェームズ・ハーデンが31試合連続で30得点越えを達成!!
クリント・カペラはオールスター休暇後に復帰か?!
NBAとプーマが複数年のパートナーシップを発表
エネス・カンターがブレイザーズとの契約に基本合意
ラプターズのフレッド・バンブリートが左親指を手術へ
ジョエル・エンビードに罰金処分
ラプターズがベテラン・ガードのジェレミー・リンと正式に契約
アイザイア・トーマスが遂に復帰か?!
モントレズ・ハレルに罰金処分
ジェームズ・ハーデンが30試合連続で30得点越え!!
ラッセル・ウェストブルックとポール・ジョージが揃ってトリプルダブルを達成!!
ジョン・ウォールの手術が無事成功!!
NBAがレイカーズのタンパリング疑惑に関する声明を発表
ボーヤン・ボグダノビッチとポール・ジョージが週間MVPを受賞!!
ラプターズがジェレミー・リンを獲得か?!
ジョシュ・ハートが右膝の治療のため戦線離脱
ペイサーズがウェスリー・マシューズと契約!!
カイリー・アービングが右膝を捻挫
マーカス・モリスがチームの状況を危惧
ピストンズがフリーエージェントのウェイン・エリントンと契約
サンダーがアレックス・アブリネスを解雇
クリッパーズがマイケル・ビーズリーを解雇
チャンドラー・パーソンズがオールスター休暇後にチームに合流へ
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.