ニュース

来シーズンのサラリーキャップが決定!!

NBA各チームの来シーズンのサラリーキャップが1億186万9000ドルに決まった

NBAは、2018-19シーズンのサラリーキャップを1億186万9000ドル(約112億560万円)に設定したことを発表した。タックスレベル(サラリー総額の上限金額のことで、その額を超えた場合はチームに贅沢税が課せられる)は、1億2373万3000ドル(約136億1000万円)に設定されている。

サラリーキャップとタックスレベルは、アメリカ東部時間の現地7月1日午前0時1分から適用される。現地7月1日から7月6日までは、NBAチームとフリーエージェント選手が契約交渉をするための『モラトリアム期間』となっており、アメリカ東部時間の現地7月6日の午後0時1分以降にならないと、チームと選手との間で本契約を交わすことはできない。

チームのミニマムサラリー(各チームが必ず使わなくてはいけないサラリー総額の下限値)は、サラリーキャップの90%にあたる9168万2000ドル(約100億8500万円)だ。

労使協定により定められたミッドレベル例外条項は、チーム毎のサラリー総額により3つのレベルが設定されている。現地7月1日時点でサラリー総額がタックスレベルを超えていないチームが使える『ノンタックスペイヤー・ミッドレベル』は864万1000ドル(約9億5000万円)。現地7月1日時点でサラリー総額がタックスレベルを超えているチームが使える『タックスペイヤー・ミッドレベル』は533万7000ドル(約5億9000万円)。現地7月1日時点でサラリー総額がサラリーキャップに達していないチームが使える『ルーム・ミッドレベル』は444万9000ドル(約4億9000万円)となっている。

アーカイブ

来季ブレイクしそうな若手:ドノバン・ミッチェル編
スーパースター・コンビ【TOP10】:第6位
カール・アンソニー・タウンズが長期的なウルブズ残留の意向を明言
依然としてアンドレ・イグダーラ獲得を狙うレイカーズ
今日は何の日 〜ダーク・ノビツキーがダラス・マーベリックスと契約延長〜
サディアス・ヤングがアメリカ代表チームのトレーニングキャンプに参加へ
レイカーズはカワイ・レナードに騙されたと感じている?
ティム・ダンカン氏がサンアントニオ・スパーズのアシスタントコーチに就任!!!
NBA選手が続々とFIBAワールドカップへの出場を辞退!!
スーパースター・コンビ【TOP10】:第7位
ワシントン・ウィザーズがブラッドリー・ビールに巨額の延長契約を提示へ!
FA選手を巡るニックスとスパーズの因縁
来季ブレイクしそうな若手:ブランドン・イングラム編
アンソニー・デイビスの発言で暗雲に包まれるレイカーズ
今日は何の日 〜バーバートンでアルヴィン・ロバートソンが生まれる〜
フリーエージェント情報:ロサンゼルス・レイカーズがコスタス・アデトクンボを獲得
フリーエージェント情報:カイル・コーバーがミルウォーキー・バックスとの1年契約に合意
ジェームズ・ハーデンが今年のFIBAワールドカップを欠場へ
トミー・シェパード氏がワシントン・ウィザーズの正式なGMに昇格
ジョエル・エンビードらがBWBアフリカ2019に参加
フリーエージェント情報:ジャスティン・ホリデーがインディアナ・ペイサーズと1年契約
元WNBAのリンゼイ・ハーディング氏がサクラメント・キングスのアシスタント・コーチに就任!
フリーエージェント情報:ヒューストン・ロケッツがタイソン・チャンドラーと正式契約
スーパースター・コンビ【TOP10】:第8位
来期ブレイクしそうな若手:ラウリ・マルカネン編
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.