ニュース

今オフのクリッパーズの動向は?!

クリッパーズの2人のキープレーヤー、デアンドレ・ジョーダンとミロス・テオドシッチは、来シーズンもチームに残るのであろうか?

昨シーズン、ロサンゼルス・クリッパーズで重要な役割を果たした2人の選手の動向に注目が集まっている。

Los Angeles Timesのブロデリック・ターナー記者によると、ミロス・テオドシッチはプレーヤーオプション(契約を続行するか契約を破棄してフリーエージェントになるかを選手自身が決められる権利)を行使して来シーズンもクリッパーズに残留するようだ。広い視野を活かした鮮やかなパスが魅力のテオドシッチは、昨シーズンは怪我に悩まされて45試合にしか出場できなかったものの、1試合平均9.5得点4.6アシスト2.8リバウンドを記録している。

一方、平均リバウンド(15.2リバウンド)とフィールドゴール成功率(64.5%)の2部門で昨シーズンのNBA2位にランクしたセンターのデアンドレ・ジョーダンは、まだプレーヤーオプションの決断を下していない。

彼らの今オフの動向について、ターナー記者は以下のようにまとめている。

「リーグの内部情報によると、テオドシッチは来シーズンの630万ドル(約7億円)のプレーヤーオプションを行使してクリッパーズに残留するようだ。しかし現在のところ、テオドシッチの契約は3分の1にあたる210万ドル(約2億3000万円)しか保証されておらず、クリッパーズはいつでも彼を解雇できる状況だと言える。彼の契約の満額が保証されるのは、現地7月16日だ。
一方、今オフにプレーヤーオプションを持つもう1人の選手であるデアンドレ・ジョーダンは、まだ判断を明らかにしていない。もしプレーヤーオプションを行使してチームに残ることを決めた場合、彼は来シーズン2410万ドル(約26億5000万円)のサラリーを受け取ることになる。
ジョーダンは、6月29日(現地時間)までに決断を下さなければならない。」

昨シーズン、クリッパーズとジョーダンは何度も契約延長の交渉をしたが、合意には至らなかった。

シーズン終了時の会見で、ジョーダンは今後の動向について以下のようにコメントしている。

「俺は、俺のことを必要としてくれているチームに行きたいし、優勝を争えるチームでプレーしたい。それが俺の最優先事項だ。」

ジョーダンは、昨シーズン1試合平均12得点15.2リバウンドを記録したが、ブロックショットに関しては2009-10シーズン以来の自己最低記録となる0.9ブロックに終わっている。プロ入りから10年間クリッパーズ一筋でプレーしてきたジョーダンは、今年7月に30歳になる。

 

 

アーカイブ

サンダーがマーキーフ・モリスと正式に契約
ラプターズがベテラン・ガードのジョディ・ミークスと10日間契約
ゴラン・ドラギッチとデリック・ジョーンズJr.が待望の復帰へ!
ジョエル・エンビードが少なくとも1週間の戦線離脱へ
ステフィン・カリーとバラク・オバマ前米大統領がマイノリティーの少年たちにメッセージ
NBAがアフリカでプロリーグ設立へ
NBA ALL-STAR 2019 PUBLIC VIEWING PARTY presented by Rakuten TV
第68回NBAオールスターゲームはチーム・レブロンが勝利!!
NBAが来年のNBAオールスターのロゴを発表!
ステフィン・カリーが懐かしい服を着て登場!!
今年のスラムダンク・コンテストはハミドゥー・ディアロが優勝!
今年の3ポイントコンテストはジョー・ハリスが優勝!
今年のスキルズ・チャレンジはジェイソン・テイタムが優勝!
今年のライジング・スターズはアメリカ代表チームが勝利!
アダム・シルバーNBAコミッショナーが『スマート・ジャージー』技術を発表
ペリカンズがGMを解任!
ラッセル・ウェストブルックが球団の歴代最多得点選手に!
スティーブ・カーHCに罰金処分
マーキーフ・モリスがサンダーとの契約に基本合意!!
ジェームズ・ハーデンが31試合連続で30得点越えを達成!!
クリント・カペラはオールスター休暇後に復帰か?!
NBAとプーマが複数年のパートナーシップを発表
エネス・カンターがブレイザーズとの契約に基本合意
ラプターズのフレッド・バンブリートが左親指を手術へ
ジョエル・エンビードに罰金処分
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.