ニュース

レブロン・ジェームズには『アピール合戦』は無意味?!

今夏にフリーエージェントになる可能性があるレブロン・ジェームズは、過激な争奪戦が繰り広げられることを望んでいないようだ

レブロン・ジェームズの決断が今夏のフリーエージェント市場の行方を大きく左右することは間違いない。現地6月29日のプレーヤーオプション(残りの契約を破棄してフリーエージェントになるかチームに残留するかを選手自身が決める権利)の決定期日までに、彼は残り1シーズン分の3560万ドル(約39億円)の契約を保証して来シーズンもクリーブランド・キャバリアーズに残留するか、今オフに完全フリーエージェントになるかを決めなければならない。

だが、もしフリーエージェントになる決断をしたとしても、彼はチームやファンやメディアによる過激な争奪戦を望まないだろう。巨大な看板をはじめとする様々な勧誘手段は、もうジェームズには必要が無いのだ。この件に関して、ESPNのラモーナ・シェルバーン記者が以下のように説明している。

「ジェームズは、プレーヤーオプションを行使するか否かについてまだ決断していないが、例えフリーエージェントになったとしても、彼が複数のチームによる手の込んだプレゼンテーションに耳を貸すことは無いだろう。
もちろん、球団やチームオーナーと実際に会って対話することはあるだろうが、昨今のNBAで主流となっている『フリーエージェント選手に向けた手の込んだアピール』は、15年のキャリアを誇るジェームズにはもう必要ないのだ。
ジェームズ自身はもちろん、彼のエージェントであるリッチ・ポール氏やマーク・ターミニ氏も、ジェームズを取り巻くリーグの状況を十分に理解しているので、派手な争奪戦が無くとも、彼らは適切な決断を下すことができるはずだ。」

2010年のオフに、キャバリアーズからフリーエージェントになったジェームズは、様々なチームからオファーを受けた。ニューヨーク・ニックス、マイアミ・ヒート、シカゴ・ブルズ、ニュージャージー・ネッツ、ロサンゼルス・クリッパーズ、そしてキャバリアーズが、チームの代表団をジェームズのもとに送り込み、彼の説得にあたった。最終的に、ジェームズは『決断』と題したESPNの独自テレビ番組でヒート行きを発表した。

2014年のフリーエージェントでキャバリアーズに戻った際は、彼はSports Illustrated誌に手記を寄稿する形で移籍を発表した。

ここ数年のオフシーズンで、NBAの多くのチームが、大物フリーエージェント選手獲得のために派手なアピール合戦を繰り広げた。ラマーカス・オルドリッジやカーメロ・アンソニー、そして昨夏のゴードン・ヘイワードの例も記憶に新しいはずだ。だが、彼らの争奪戦の結果は様々だ。最も良いアピールをしたチームにスター選手が行くとは限らない…というのが現実なのだ。

アーカイブ

スティーブ・カーHCに罰金処分
マーキーフ・モリスがサンダーとの契約に基本合意!!
ジェームズ・ハーデンが31試合連続で30得点越えを達成!!
クリント・カペラはオールスター休暇後に復帰か?!
NBAとプーマが複数年のパートナーシップを発表
エネス・カンターがブレイザーズとの契約に基本合意
ラプターズのフレッド・バンブリートが左親指を手術へ
ジョエル・エンビードに罰金処分
ラプターズがベテラン・ガードのジェレミー・リンと正式に契約
アイザイア・トーマスが遂に復帰か?!
モントレズ・ハレルに罰金処分
ジェームズ・ハーデンが30試合連続で30得点越え!!
ラッセル・ウェストブルックとポール・ジョージが揃ってトリプルダブルを達成!!
ジョン・ウォールの手術が無事成功!!
NBAがレイカーズのタンパリング疑惑に関する声明を発表
ボーヤン・ボグダノビッチとポール・ジョージが週間MVPを受賞!!
ラプターズがジェレミー・リンを獲得か?!
ジョシュ・ハートが右膝の治療のため戦線離脱
ペイサーズがウェスリー・マシューズと契約!!
カイリー・アービングが右膝を捻挫
マーカス・モリスがチームの状況を危惧
ピストンズがフリーエージェントのウェイン・エリントンと契約
サンダーがアレックス・アブリネスを解雇
クリッパーズがマイケル・ビーズリーを解雇
チャンドラー・パーソンズがオールスター休暇後にチームに合流へ
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.