ニュース

バスケットボール・アフリカ・リーグが、リーグに参加する7都市を発表

バスケットボール・アフリカ・リーグが、リーグに参加する7都市を発表した

BAL(バスケットボール・アフリカ・リーグ)が、リーグに参加する7都市を発表した。記念すべきリーグ創設1年目に参戦するのは、カイロ(エジプト)、ダカール(セネガル)、ラゴス(ナイジェリア)、ルワンダ(アンゴラ)、ラバト(モロッコ)、モナスターもしくはチュニス(チュニジア)の6都市で、キガリ(ルワンダ)ではBALのファイナル4とBALファイナルが開催される。

加えて、BALは、2020年3月に開幕するリーグに参戦する12チームには、ナイキとジョーダン・ブランドがオフィシャル・サプライヤーとしてユニフォーム等の衣料を提供することも発表した。

リーグには6都市から12チームが参戦し、2つのカンファレンスに分かれてレギュラーシーズンを戦う。それぞれのカンファレンスには3都市(6チーム)が所属する。レギュラーシーズンでは、各チームが30試合し、各カンファレンスの上位3チームずつがプレイオフに進出する。プレイオフに進出する6チームは『スーパー6』と呼ばれ、まずは総当たり戦をしてBALファイナル4とBALファイナルに進出する4チームを決める。BALファイナル4とBALファイナルは1試合ずつで勝負が決まる見込みだ。

NBAが北米以外の地域でリーグ運営に関わるのは、今回が初めてとなる。

NBAとFIBAは、アフリカ大陸で試合を成立させるための資金と人材の援助や、選手、コーチ、審判の育成をサポートし、新リーグ設立に向けた基盤作りを行ってきた。アダム・シルバーNBAコミッショナーによると、アフリカには400以上の企業があり、年間に合計10億ドル(約1100億円)を算出するだけの「非常に巨大な経済の力」が秘められていると語っている。

2015年以降、NBAはアフリカで3回試合を行なっており、ヨハネスブルグでの2試合とプレトリアの1試合のチケットは全て完売している。この3回の遠征には、現役選手やコーチ、そしてNBAレジェンドや殿堂入りの元選手たちが多数参加してきた。

NBAは南アフリカにオフィスを構えており、これまでにアフリカの7カ国で87箇所のバスケットボール教育施設を設立してきた。約2年前には、セネガルに新たなアカデミーも設立している。

 

アーカイブ

NBA1年目に備える八村塁
FIBAワールドカップ:リッキー・ルビオらの活躍によりスペイン代表が優勝
FIBAワールドカップ:フランス代表が銅メダルを獲得
シクサーズがチャールズ・バークレー氏の銅像を披露
マイケル・ジョーダン氏がホーネッツの持ち株の一部を売却
NBAがタンパリングの罰則強化に関する投票を実施へ
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が7位決定戦に勝利
W杯で敗れたグレッグ・ポポビッチHC「誰が出場辞退したかは関係ない」
FIBAワールドカップ準決勝:2オーバータイムの激闘の末にスペイン代表が決勝進出
FIBAワールドカップ準決勝:アルゼンチン代表がフランス代表を下して決勝進出
ショーン・リビングストンがNBAからの引退を表明
コービー・ブライアント「アメリカ代表が楽に勝てる時代は終わった」
コービー・ブライアントがドワイト・ハワードにアドバイス
ジョー・ジョンソンがピストンズとの契約に合意
レブロン・ジェームズ『Taco Tuesday』を商標登録できず
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が2連敗
マイク・マスカラがサンダーと契約した理由を明かした
ラッセル・ウェストブルック、ロケッツで王者となりレガシーを残せるか?
マイアミ・ヒートがバム・アデバヨの4年目のチームオプションを行使
NBAチャンピオン・リングの偽物がロサンゼルス国際空港で押収!
FIBAワールドカップ準々決勝:オーストラリア代表が準決勝に進出!
FIBAワールドカップ準々決勝:フランス代表がアメリカ代表の国際試合での連勝をストップ!
レイ・アレン「神に祈るような気持ちだった」と伝説の一発を回顧
レブロン・ジェームズ、Blaze Pizzaのロン役でCMに登場
FIBAワールドカップ準々決勝:リッキー・ルビオの活躍でスペイン代表が準決勝進出!
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.