ニュース

アトランタ・ホークスがファリード獲得を画策か?

ホークスがナゲッツからケネス・ファリードを獲得するトレードを画策中との噂が浮上してきた

再建の真っ只中にあるアトランタ・ホークスは、今オフのトレード市場で使えるキャップスペース(サラリーの空き)が潤沢にある。一方、昨シーズンのプレーオフ進出を僅か1ゲーム差で逃したデンバー・ナゲッツは、来シーズンに向けてサラリーを減らさなくてはならない状況に立っている。

この両者の思惑が合致したことから、今年のNBAドラフト前にナゲッツがフォワードのケネス・ファリードをホークスにトレードするという噂が浮上してきた。Atlanta Journal-Constitutionのマイケル・カニンガム記者によると、ホークス側も、それなりの対価を受け取ることを条件に、ファリードをナゲッツから引き取って、彼らのサラリー削減を手伝う構えがあるようだ。
以下は、カニンガム記者のリポートだ。

「NBAのトレード市場に詳しい情報筋によると、何とかしてファリードをトレードしてサラリーを削減したいナゲッツに対し、ホークスが救いの手を差し伸べる可能性があるようだ。
ホークスは、サラリー削減が急務となっているナゲッツをはじめとした数チームに対し、トレードの対価としてドラフト指名権や若手選手を要求するつもりのようだ。ナゲッツは今年のNBAドラフトの1巡目全体14位指名権を持っている他、ここ数年のドラフトでマリック・ビーズリーやタイラー・レイドンといった若手選手を持て余している。また、ナゲッツは来シーズンに向けてサラリー総額の減額をしたいと望んでいる。そこで重要になってくるのが、来シーズンで契約が切れるファリードの1年1380万ドル(約15億円)というサラリーだ。すっかりナゲッツのローテーションから外れ、昨シーズンはキャリア最低の合計461分間の出場に終わったファリードの契約を、ナゲッツは何とか削減したいと考えている。
一方、チームの合計サラリーが少ないホークスは、ファリードのサラリーを肩代わりする余裕があり、再建に向けてナゲッツから若手選手を獲得することもできる。ホークスは、来シーズン1900万ドル(約21億円)ものサラリーの空きがある。これは、今年のドラフトで獲得する新人のサラリーと、ドウェイン・デッドモンとマイク・マスカラがプレーヤー・オプションを行使して来シーズンも残留する場合のサラリーを加味した上での額だ。」

現地6月21日のNBAドラフトで、ホークスはドラフト3位、19位、30位、34位という4つの指名権を持っている。また、デッドモンとマスカラがプレーヤー・オプションを破棄してフリーエージェントになった場合、マルコルム・デラニー、ダミオン・リー、ジョシュ・マゲッティ、アンドリュー・ホワイト3世ら合計6選手がホークスからフリーエージェントとなる。

ホークスのトラビス・シュレンクGM(ゼネラルマネージャー)は、Atlanta Journal-Constitutionの取材に対し、来シーズンにサラリーを空けたいチームがこぞってホークスにトレード話を持ちかけてくるだろうと話している。

「シュレンクGMは、来シーズンのサラリーに余裕が無い16チームが、サラリー削減を目的としたトレードをホークスに持ちかけてくると予想している。ホークスは、彼らから高給取りの選手を受け入れられるのに十分なサラリーの余裕がある数少ないチームの1つだ。」

 

 

アーカイブ

NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
拡大を続ける中国のNBA人気
マジックがマーケル・フルツの契約オプションを行使
ターナー社の元社長のデイビッド・レビー氏がネッツのCEOに就任
マーベリックスがダーク・ノビツキーのシルエットをコートに配置
Sports IllustratedのNBA選手ランキングでレブロン・ジェームズ以外の選手が1位に初選出
【FAの噂】ジョアキム・ノアがクリッパーズに貢献できる理由
「NBAのサーカスにはうんざり」と不満を露わにしたケビン・デュラントについてスコッティ・ピッペンが言及
NBA1年目に備える八村塁
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.