ニュース

ドウェイン・ケイシー氏がデトロイト・ピストンズのヘッドコーチに就任!

ドウェイン・ケイシー氏が、ピストンズのヘッドコーチに就任した

デトロイト・ピストンズは、ドウェイン・ケイシー氏が新ヘッドコーチに就任したことを発表した。ケイシー氏は、来週デトロイトで正式な記者会見を行う予定だが、さっそく今週から選手やチームスタッフとのミーティングを開始する見込みだ。

ピストンズのオーナーのトム・ガレス氏は、「ドウェインは、NBAで最も成功したコーチの1人であり、リーグ内での評価も非常に高い。彼のコミュニケーション能力とリーダーシップによって、我がチームの選手達の成長は加速するだろう。ここ数週間、私はドウェインと共に多くの時間を過ごし、彼こそが我々のチームを次の次元に引き上げる適任者だと判断した。
面談を繰り返す中で、彼がピストンズのロスターの事をよく研究していることが分かったし、彼がデトロイトの街を気に入っていることも分かった。また、彼はチームをまとめる力があることも示してくれた。
彼は素晴らしい人格者でもあるから、必ずや我が球団の文化を受け入れてくれるはずだ。そして、我が球団の偉大なる代表者となってくれるはずだ。」

昨シーズン、トロント・ラプターズを率いて球団記録の59勝を記録したケイシー氏は、2018年の最優秀監督賞の最終候補に残っている。彼は、ピストンズのヘッドコーチに就任した喜びを以下のように語っている。

「過去に何度も優勝を経験した球団であり、今すぐにでも勝てるロスターを揃えているピストンズのヘッドコーチに就任することを、大変光栄に思っているし、とても興奮もしている。トム(ガレス)は、チームと街のことを私に熱く語ってくれた。彼は、デトロイトのファンに優勝を届けたいと真剣に考えているし、彼のそんな強力なリーダーシップを、私も信頼している。
チームには既に駒が揃っていると、私は確信している。核となる主力選手はもちろん、活きの良い若手選手も多く、本当にタレント豊富なチームだと思う。我々は、すぐにでも練習を開始して、全員で勝利を勝ち取りたい。」

61歳のケイシー氏は、ここ最近の24年間のうち23年は、ヘッドコーチもしくはアシスタントコーチ、あるいはアソシエイトコーチといった何らかの形でNBAのコーチの仕事をしている。彼は、コーチとして2回NBAファイナルに進出し(1996年、2011年)、NBAオールスターのコーチも3回経験している(1996年、1998年、2018年)。

直近の2011シーズンから2018シーズンまで、ケイシー氏はトロント・ラプターズのヘッドコーチを務め、レギュラーシーズン通算320勝238敗(勝率5割7分3厘)という好成績を収めた他、球団記録となる5年連続のプレーオフ進出も達成した。そのうち、2016年にはイースタン・カンファレンス・ファイナルにまで進んでいる。ラプターズの球団史上最も多い勝ち星をあげたヘッドコーチであるケイシー氏は、2015-16シーズンに球団史上初のレギュラーシーズン50勝を達成してから3年連続で50勝以上を記録し、今シーズンはイースタン・カンファレンスの1位シードも獲得した。また、ケイシー氏の指揮下、チームは4回アトランティック・ディビジョンを制している。彼は、イースタン・カンファレンスの月間最優秀監督賞を通算で5回受賞しており、今年2月には、ラプターズのヘッドコーチとしては球団史上初となるNBAオールスター・ゲームのヘッドコーチも務めた。

NBAでコーチをする前は、ケイシー氏はNCAA(全米大学バスケットボール)のケンタッキー大と西ケンタッキー大でアシスタントコーチを務めた後、日本のJBL(ジャパン・バスケットボール・リーグ)のチームでヘッドコーチを5シーズン務めており、その間に日本代表チームの指導も行った。1998年の夏、彼は日本代表チームを30年以上ぶりのFIBA World Championship(世界選手権)出場に導いている。

アーカイブ

ステフィン・カリー「月面着陸の話はただのジョーク」
ネッツがスペンサー・ディンウィディーとの契約延長に合意!!
ヨナス・バランチュナスが親指を脱臼
レイカーズはトレバー・アリーザ獲得のために若手主力選手を放出するのか?!
NBA選手やレジェンドたちがメキシコに到着!
ダーク・ノビツキーが復帰間近か?
アル・ホーフォードが膝を負傷
16チームが『アーンド・エディション・ユニフォーム』を発表
TJ・ウォレンに罰金処分
ニック・ナースHCの母親が94歳で逝去
ケビン・デュラント「3連覇したら俺たち全員の銅像が作られるだろう」
グレッグ・ポポビッチHCが通算勝利数でNBA歴代4位に浮上
カワイ・レナードが右殿部の打撲によりクリッパーズ戦を欠場
トリスタン・トンプソンが左足の負傷で2〜4週間の離脱へ
ドレイモンド・グリーンが11試合ぶりに復帰!!
サンズがフリーエージェントのエリック・モアランドと契約
ジミー・バトラーが脚の付け根を負傷!!
ブルズのチーム内に亀裂?!
ウォリアーズがスポーツ・パーソン・オブ・ザ・イヤーを受賞
カイリー・アービングが肩の怪我によりペリカンズ戦を欠場
ニック・ヤングがナゲッツと契約!!
デマーカス・カズンズがGリーグで調整へ
レイカーズがトレバー・アリーザの獲得を検討か?!
ドウェイン・ウェイドがキャリア通算1000試合目をプレー!!
ゲイリー・ハリスが3〜4週間の戦線離脱!!
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.