ニュース

ドノバン・ミッチェルがジャズのリクルーターに転身?!

ユタ・ジャズのミッチェルが、今オフにフリーエージェントになるポール・ジョージをチームに勧誘することを表明した

ユタ・ジャズは、2017-18シーズンのサプライズチームの1つだ。彼らは、相次ぐ主力の怪我で苦しいシーズン前半を送ったにも関わらず、後半に猛烈な快進撃を見せてウェスタン・カンファレンスの5位シードにまで駆け上がり、プレーオフ・ファーストラウンド(1回戦)で強豪オクラホマシティー・サンダーを倒すことに成功した。今シーズンのサンダーは、ポール・ジョージとラッセル・ウェストブルックという2人のオールスター選手を擁し、優勝候補の一角と見られていたチームだった。

ジョージは、来シーズンのプレイヤーオプションを破棄して、今オフにフリーエージェントになる権利を持っている。もし彼がフリーエージェントになった場合、数チームが獲得に動くと見られているが、プレーオフでサンダーを撃破する原動力となったジャズのドノバン・ミッチェルも、彼の獲得に名乗りを上げるつもりのようだ。

ESPNのエイドリアン・ウォジナロウスキー記者のポッドキャスト『Woj Pod』に出演したミッチェルは、現地7月1日から交渉が解禁される今夏のフリーエージェント市場で、自らジョージ獲得に動くつもりであると明言した。

The Salt Lake Tribuneのアーロン・フォーク記者が、このポッドキャストでのやりとりを以下のように詳しくまとめている。

ミッチェルは、「ルイビル大時代、僕はチーム1のリクルーターだった。僕は、大学を出るまでに4〜5人の選手を大学にリクルートしたと思う。大学の恩師のリック・ピティーノHC(ヘッドコーチ)やケニー・ジョンソン・コーチからリクルートに関する幾つかのアドバイスを貰ったから、きっとNBAでも何人かの選手を勧誘できるはずだ。」とポッドキャストで語った。

ジャズは、今夏に大物フリーエージェントを獲得できるだけの十分なサラリーの余裕を持っている。このポッドキャストで名前が上がった大物フリーエージェントは、オールスター選手のポール・ジョージだ。彼は、NBAデビュー前のミッチェルとワークアウトしており、その時から2人は良好な関係を続けている。

ジョージ獲得について、ミッチェルは以下のように語っている。

「彼は7月1日にフリーエージェントになる。その日が来たら、僕は間違いなく彼と話し合うだろう。彼は僕達のチームでプレーするべきだよ。ジャズのボールの動きを見てほしい。僕達は個人のスタッツなんか全く気にしていない。僕達は、ただ純粋に勝利だけを求めているメンバーなんだ。」

更に、ミッチェルはこう付け加える。

「ジョージという大きなピースが加われば、僕達のチームは凄いこと(優勝)を成し遂げられるはずだ。そうなれば最高だと思う。僕達は、もしそのピースが加わらなくても十分素晴らしいチームだ。でも、彼がチームに加わったら最高だと思うよ。」

ミッチェルはこのポッドキャストで、クイン・スナイダーHCの指導力の素晴らしさや、センターのルディ・ゴベアの卓越したディフェンス能力についても触れ、ジャズがフリーエージェント選手にとって十分に魅力的なチームである事を強調した。

ジョージは、プレーオフ敗退後のシーズン終了会見で、サンダー残留を匂わせる以下のようなコメントをしている。

「僕は、サム・プレスティGM(ゼネラルマネージャー)やビリー・ドノバンHC、ラッセル・ウェストブルックといったサンダーの関係者と密に連絡を取り合って、チームの今後の方向性を話し合うことが今オフの最優先事項だと考えている。
NBA選手なら誰だってフリーエージェントの権利を行使して自分の価値を確かめたいと思うはずだ。でも、自分が所属している球団と良好な関係を築くことができたら、その球団にずっといたいと思うようになるはずだ。」

アーカイブ

ラメロ・ボール、オーストラリア行きを検討
ルーキー・ウォッチ 〜ガーランド、自分がベストと発言〜
今日は何の日 〜ピアースがファイナルMVPを受賞〜
FAの噂:ジミー・バトラーがオプトアウトする可能性大
ウォリアーズの黄金時代は終わってしまうのか?
レブロン・ジェームズ「これは始まりに過ぎない」
アンソニー・デイビスがレイカーズへ!!
NBAファイナル第6戦がカナダで高視聴率を記録
カワイ・レナードが2度目のファイナルMVPを受賞!
クレイ・トンプソンが左膝の前十字靭帯を断裂
クレイ・トンプソンがプレイオフの3ポイント成功数でレブロン・ジェームズ超え
クレイ・トンプソンの父、息子のウォリアーズ残留を明言
警察当局がマサイ・ウジリ氏の暴行を主張
レイカーズがアンソニー・デイビスのトレードを積極的に打診中?
カイリー・アービングがエージェント会社を変更
今日は何の日 〜ロケッツが3つの史上初を達成〜
トロント・ラプターズが球団史上初のNBAチャンピオンに!!
セルティックスのアーロン・ベインズがオプトイン
ホーネッツのマービン・ウィリアムズがオプトイン
スティーブン・アダムスがニュージーランド代表のリスト入り
ケンバ・ウォーカー「優勝のためならサラリーの減額も受け入れる」
ゴラン・ドラギッチがオプトイン
ドック・リバースHCがPBWA最優秀監督賞を受賞
ウォリアーズが、第6戦用にケビン・デュラントとオークランドを讃えるタオルを用意
ブルックリン・ネッツ移籍説が急速化しているカイリー・アービング
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.