ニュース

ジャバー「レブロン・ジェームズは生きる伝説」

元レイカーズのレジェンド、カリーム・アブドゥル・ジャバーが、レブロン・ジェームズは『生きる伝説』であり、他のスター選手と彼を比較することは『退屈なことだ』と語った

カリーム・アブドゥル・ジャバー氏が、レブロン・ジェームズの偉大なる足跡を讃えている。NBAの歴代最多通算得点記録を持つジャバー氏は、初優勝した1971年から1988年までの間に6度の優勝を経験している。彼は、自身の20年のNBAキャリアで、19回のオールスター出場、15回のALL NBAチーム選出、6回のMVP、そして2回の得点王を達成している。

しかし、彼の前で、彼や彼以外の歴代レジェンド達とジェームズを比較するような話をしてはいけない。その証拠に、彼自身がThe Guardianに以下のような手記を寄稿している。

「ファンは、『誰が歴代最高の選手だ?』という話をしたがるよね。「レブロンはマイケル・ジョーダンやコービー・ブライアントより凄い選手?』とか『私はウィルト・チェンバレンやビル・ラッセルより凄い選手?』とかね。こういう会話は、ファンやスポーツ記者には面白い話題かもしれないけれど、ほとんどのNBA選手は、こういった仮説の話を退屈に感じているはずだ。これは、ホークアイ対グリーンアローとか、アクアマン対サブマリナーみたいに、まったく異なる世界観のアメリカンコミックに登場するキャラクターが対戦して『どっちが勝つ?』と言っているようなものだ。」
(ホークアイとサブマリナーは『マーベル・コミック』のキャラクターで、グリーンアローとアクアマンは『DCコミック』のキャラクター。ホークアイとグリーンアローはどちらも弓を使い、アクアマンとサブマリナーはどちらも海を舞台に活躍するが、プロダクションが違うため、両者が同じ世界に登場することはない。)

言うまでもなく、ジャバー氏はジェームズの大ファンであると同時に、過去のレジェンド達の大ファンでもある。彼は、ジェームズについて語る際、NBA史上最も偉大な選手の1人を比較対象として例に挙げている。もちろん、ジェームズはまだその人物に肩を並べる段階までは行っていないが、ある偉業に関して、2人はかなり近いところまで迫っている。そのレジェンドとは、ビル・ラッセルのことだ。

「リーダーシップがあり、力強くレイアップシュートを決め、リバウンドを支配し、針の穴を通すようなパスを出すレブロンは、現役最強の選手の1人であり、今もなおプレーのレベルを次の次元に進化させようとしている。彼のプレーは、マイケル・ジョーダン、ジェリー・ウェスト、ラリー・バード、マジック・ジョンソンといったレジェンド達を思い出させる。しかし、ことプレーオフに関していうと、7年連続でNBAファイナルに進出しているレブロンの比較対象は、8年連続でNBAファイナルに進出してNBA8連覇を達成したビル・ラッセルこそが適当だろう。」

ジャバー氏は、自らが残した偉大な通算成績に肩を並べられるごく僅かな選手の1人として、ジェームズの名前を挙げている。その考えは、今年のNBAファイナルの結果がどうなろうと、揺るがないようだ。

「第2戦の試合結果がどうなろうとも、レブロンは自らのパフォーマンスによって自分が生きる伝説に値する選手であることを証明し、チームを牽引するだろう。」

アーカイブ

ラメロ・ボール、オーストラリア行きを検討
ルーキー・ウォッチ 〜ガーランド、自分がベストと発言〜
今日は何の日 〜ピアースがファイナルMVPを受賞〜
FAの噂:ジミー・バトラーがオプトアウトする可能性大
ウォリアーズの黄金時代は終わってしまうのか?
レブロン・ジェームズ「これは始まりに過ぎない」
アンソニー・デイビスがレイカーズへ!!
NBAファイナル第6戦がカナダで高視聴率を記録
カワイ・レナードが2度目のファイナルMVPを受賞!
クレイ・トンプソンが左膝の前十字靭帯を断裂
クレイ・トンプソンがプレイオフの3ポイント成功数でレブロン・ジェームズ超え
クレイ・トンプソンの父、息子のウォリアーズ残留を明言
警察当局がマサイ・ウジリ氏の暴行を主張
レイカーズがアンソニー・デイビスのトレードを積極的に打診中?
カイリー・アービングがエージェント会社を変更
今日は何の日 〜ロケッツが3つの史上初を達成〜
トロント・ラプターズが球団史上初のNBAチャンピオンに!!
セルティックスのアーロン・ベインズがオプトイン
ホーネッツのマービン・ウィリアムズがオプトイン
スティーブン・アダムスがニュージーランド代表のリスト入り
ケンバ・ウォーカー「優勝のためならサラリーの減額も受け入れる」
ゴラン・ドラギッチがオプトイン
ドック・リバースHCがPBWA最優秀監督賞を受賞
ウォリアーズが、第6戦用にケビン・デュラントとオークランドを讃えるタオルを用意
ブルックリン・ネッツ移籍説が急速化しているカイリー・アービング
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.