ニュース

ゴールデンステイト・ウォリアーズがオーバータイムを制して先勝!!

粘るキャバリアーズをオーバータイムに引き離したウォリアーズが、NBAファイナル第1戦に勝利した

オーバータイムにもつれ込む熱戦となったNBAファイナルの第1戦は、ゴールデンステイト・ウォリアーズが124対114でクリーブランド・キャバリアーズを下し、幸先の良いスタートを切った。

第4Q(クォーター)残り4.7秒の場面で、1点差を追うキャバリアーズのジョージ・ヒルがフリースロー2投のチャンスを獲得し、終盤まで試合をリードしていたウォリアーズは、一転して窮地に追い込まれた。ヒルは1投目を決めて同点したものの、2投目を外してしまう。しかし、ここでキャバリアーズのJR・スミスがゴール下で値千金のオフェンスリバウンドを掴み、「そのままシュートを決めれば決勝点」という場面になったが、あろうことかスミスはゴールと逆方向にドリブルしてしまい、貴重な1勝のチャンスを逃す結果となった。

この時の状況について、キャバリアーズのタロン・ルーHC(ヘッドコーチ)は、以下のようにコメントしている。

「彼(スミス)は、そのまま逃げ切れば試合に勝てると思ったそうだ。彼は、我々が1点リードしていたと勘違いしたんだ。」

結局、オーバータイムに入ると一方的なウォリアーズ・ペースとなり、千載一遇のチャンスを逃したキャバリアーズは悔しい1敗を喫した。

この日、レブロン・ジェームズは、51得点8リバウンド8アシストという驚異的な活躍を見せたが、あと一歩のところでチームを勝利に導くことができなかった。この試合でも30得点以上を記録したジェームズは、プレーオフで30得点以上した試合数を109試合に伸ばし、遂にマイケル・ジョーダンと肩を並べた。

キャバリアーズでは、ジェームズの他、脳震盪プロトコルから復帰したケビン・ラブが21得点13リバウンド、シリーズの行方を決めかねない致命的なミスを犯したスミスが10得点6リバウンドを記録している。

一方、接戦をモノにしたウォリアーズは、ステフィン・カリーが29得点6リバウンド9アシスト、ケビン・デュラントが26得点9リバウンド6アシスト、クレイ・トンプソンが24得点、控えポイントガードのショーン・リビングストンが10得点と、複数の選手が二桁得点する理想的な内容で、ホームコート・アドバンテージ(7戦中4試合をホームで戦うことができる権利)を守り抜いた。
ちなみに、『ハンプトン5』の一角を担うアンドレ・イグダーラは、左膝の骨打撲のため5試合連続で欠場中だ。

NBAファイナル第2戦は、現地6月3日(日本時間6月4日)に、再びウォリアーズの本拠地オラクル・アリーナで行われる。

 

 

アーカイブ

NBAオールスター2019のファン投票はクリスマスにスタート!!
レイジョン・ロンドがGリーグで調整へ
サディアス・ヤングとジェームズ・ハーデンが第9週の週間MVPを受賞!!
ペイサーズがリーグ史上初の女性アシスタントGMを採用
ウィザーズがトレバー・アリーザの獲得を正式に発表
スー・バード「私はバスケットボール選手」
ジミー・バトラーが復帰
ウィザーズがサンズからトレバー・アリーザを獲得へ
マイルズ・ターナーに罰金処分
マービン・バグリー3世が膝の怪我で10〜14日間の戦線離脱
ステフィン・カリー「月面着陸の話はただのジョーク」
ネッツがスペンサー・ディンウィディーとの契約延長に合意!!
ヨナス・バランチュナスが親指を脱臼
レイカーズはトレバー・アリーザ獲得のために若手主力選手を放出するのか?!
NBA選手やレジェンドたちがメキシコに到着!
ダーク・ノビツキーが復帰間近か?
アル・ホーフォードが膝を負傷
16チームが『アーンド・エディション・ユニフォーム』を発表
TJ・ウォレンに罰金処分
ニック・ナースHCの母親が94歳で逝去
ケビン・デュラント「3連覇したら俺たち全員の銅像が作られるだろう」
グレッグ・ポポビッチHCが通算勝利数でNBA歴代4位に浮上
カワイ・レナードが右殿部の打撲によりクリッパーズ戦を欠場
トリスタン・トンプソンが左足の負傷で2〜4週間の離脱へ
ドレイモンド・グリーンが11試合ぶりに復帰!!
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.