ニュース

第6戦はゴールデンステイト・ウォリアーズが大逆転勝利!!ウェスタン・カンファレンス・ファイナルも最終戦へ!!

トンプソンとカリーを中心に猛攻を見せたウォリアーズが115対86でロケッツを下し、シリーズの対戦成績を3勝3敗のタイにした

現地5月26日に行われたウェスタン・カンファレンス・ファイナル、ヒューストン・ロケッツ対ゴールデンステイト・ウォリアーズの第6戦は、第1Q(クォーター)につけられた17点差をひっくり返したウォリアーズが115対86でロケッツに大勝し、シリーズの対戦成績を3勝3敗のタイにした。

この試合に負けるとプレーオフ敗退が決まるウォリアーズは、クレイ・トンプソンが9本のスリーポイントシュートを含む35得点、ステフィン・カリーが5本のスリーポイントシュートを含む29得点と、久々に『スプラッシュ・ブラザーズ』が揃い踏みし、チームを窮地から救った。また、今シリーズここまでの6試合で「ボールの持ち過ぎ」を指摘されていたケビン・デュラントは、フィールドゴールが17本中6本しか決まらずシュートに苦しんだものの、きっちり23得点を記録している。

一方のロケッツは、第5戦の試合終盤に右ハムストリングを痛めた司令塔のクリス・ポールが欠場したにも関わらず、試合開始直後からエースのジェームズ・ハーデン(32得点)を中心に猛攻を見せ、第1Q終了時点で39対22と大量リードを奪った。しかし、第2Qに入って徐々にウォリアーズにペースを握られると、後半は64対25と一方的な試合展開を許した。ポールに代わって先発出場したエリック・ゴードンも19得点と健闘したが、やはり司令塔の不在が大きく響いた結果となった。
試合は欠場したものの、ウォームアップを着てベンチに座ったポールの存在の大きさについて、ロケッツのマイク・ダントーニHC(ヘッドコーチ)は以下のように話している。

「ポールは、怪我で欠場することを非常に残念に思っているし、我々も彼と同じ気持ちだ。だが、例え彼抜きでも、我々は結束して良いプレーをしなければならない。ポールは我々を導く存在であり、我々の精神でもある。そんな彼がベンチに座ってくれるのは、チームにとって凄く貴重なことだ。」

東西のカンファレンス・ファイナルが両方とも第7戦にまでもつれ込むのは、NBA史上2度目の出来事だ(1度目は1976年)。この熱戦続きのカンファレンス・ファイナルを制して今年のNBAファイナルに進出するのは、果たしてどのチームか?
ウェスタン・カンファレンス・ファイナルの最終戦は、再びロケッツの本拠地トヨタ・センターに場所を移し、現地5月28日にティップオフする。

アーカイブ

来季ブレイクしそうな若手:ドノバン・ミッチェル編
スーパースター・コンビ【TOP10】:第6位
カール・アンソニー・タウンズが長期的なウルブズ残留の意向を明言
依然としてアンドレ・イグダーラ獲得を狙うレイカーズ
今日は何の日 〜ダーク・ノビツキーがダラス・マーベリックスと契約延長〜
サディアス・ヤングがアメリカ代表チームのトレーニングキャンプに参加へ
レイカーズはカワイ・レナードに騙されたと感じている?
ティム・ダンカン氏がサンアントニオ・スパーズのアシスタントコーチに就任!!!
NBA選手が続々とFIBAワールドカップへの出場を辞退!!
スーパースター・コンビ【TOP10】:第7位
ワシントン・ウィザーズがブラッドリー・ビールに巨額の延長契約を提示へ!
FA選手を巡るニックスとスパーズの因縁
来季ブレイクしそうな若手:ブランドン・イングラム編
アンソニー・デイビスの発言で暗雲に包まれるレイカーズ
今日は何の日 〜バーバートンでアルヴィン・ロバートソンが生まれる〜
フリーエージェント情報:ロサンゼルス・レイカーズがコスタス・アデトクンボを獲得
フリーエージェント情報:カイル・コーバーがミルウォーキー・バックスとの1年契約に合意
ジェームズ・ハーデンが今年のFIBAワールドカップを欠場へ
トミー・シェパード氏がワシントン・ウィザーズの正式なGMに昇格
ジョエル・エンビードらがBWBアフリカ2019に参加
フリーエージェント情報:ジャスティン・ホリデーがインディアナ・ペイサーズと1年契約
元WNBAのリンゼイ・ハーディング氏がサクラメント・キングスのアシスタント・コーチに就任!
フリーエージェント情報:ヒューストン・ロケッツがタイソン・チャンドラーと正式契約
スーパースター・コンビ【TOP10】:第8位
来期ブレイクしそうな若手:ラウリ・マルカネン編
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.