ニュース

若きボストン・セルティックスが、遂にキャバリアーズを追い詰めた!!

セルティックスがイースタン・カンファレンス・ファイナルの第5戦を制し、NBAファイナル進出に王手をかけた

現地5月23日に行われたイースタン・カンファレンス・ファイナル、ボストン・セルティックス対クリーブランド・キャバリアーズの第5戦は、チーム力で勝るセルティックスがキャバリアーズを寄せ付けず、96対83で勝利してシリーズの対戦成績を3勝2敗とし、NBAファイナル進出へ王手をかけた。

キャバリアーズは、このシリーズを通して孤軍奮闘が続くレブロン・ジェームズが26得点10リバウンド5アシストと健闘したが、ジェームズ以外に二桁得点をしたのがケビン・ラブだけ(14得点7リバウンド)という苦しいチーム状況は変わらず、終始10点差近くを追いかける試合内容となった。
まさに『キング』と呼ぶにふさわしい超人的な活躍でチームを支えてきたジェームズだが、自身のキャリアで初めてレギュラーシーズン全試合に出場し、プレーオフに入っても1試合平均40.6分間プレイしてきた33歳の肉体に、遂に疲れが見え始めてきたようだ。この日の試合中も、疲労に顔を歪めるジェームズの姿が度々カメラに捉えられている。
ジェームズにとって8年連続となるNBAファイナル進出を達成するには、このシリーズの残り2試合でチームメイトの助けが必要になることは明らかだ。

一方のセルティックスは、ルーキーのジェイソン・テイタムが24得点、2年目のジェイレン・ブラウンが17得点、大黒柱のアル・ホーフォードが15得点12リバウンド、控えのマーカス・モリスとマーカス・スマートが揃って13得点と、この試合でも総合力の高さを見せつけ、キャバリアーズに付け入る隙を与えなかった。

この試合の勝利により、今プレーオフに入ってホームで負け無しの10連勝を飾ったセルティックスは、球団としては2010年以来となるNBAファイナルまであと一歩のところまで迫った。

勢いに乗るセルティックスが、このまま一気に勝ち進むのか?
それとも、追い詰められたキャバリアーズが、ホームに戻って元王者の意地を見せつけるのか?
運命の第6戦は、現地5月25日に、キャバリアーズの本拠地クイックン・ローンズ・アリーナで行われる。

アーカイブ

ラプターズの優勝パレードの会場で発砲事件
ラプターズがトロントで優勝パレード!!
NBAドラフト間近!最新のモックドラフトをチェック!
ジュリアス・ランドルがフリーエージェントに
イゴール・ココスコフ元サンズHCがキングスのACに就任
スティーブン・アダムスはニュージーランド代表に参加せず
ラメロ・ボール、オーストラリア行きを検討
ルーキー・ウォッチ 〜ガーランド、自分がベストと発言〜
今日は何の日 〜ピアースがファイナルMVPを受賞〜
FAの噂:ジミー・バトラーがオプトアウトする可能性大
ウォリアーズの黄金時代は終わってしまうのか?
レブロン・ジェームズ「これは始まりに過ぎない」
アンソニー・デイビスがレイカーズへ!!
NBAファイナル第6戦がカナダで高視聴率を記録
カワイ・レナードが2度目のファイナルMVPを受賞!
クレイ・トンプソンが左膝の前十字靭帯を断裂
クレイ・トンプソンがプレイオフの3ポイント成功数でレブロン・ジェームズ超え
クレイ・トンプソンの父、息子のウォリアーズ残留を明言
警察当局がマサイ・ウジリ氏の暴行を主張
レイカーズがアンソニー・デイビスのトレードを積極的に打診中?
カイリー・アービングがエージェント会社を変更
今日は何の日 〜ロケッツが3つの史上初を達成〜
トロント・ラプターズが球団史上初のNBAチャンピオンに!!
セルティックスのアーロン・ベインズがオプトイン
ホーネッツのマービン・ウィリアムズがオプトイン
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.