ニュース

ボストン・セルティックスはアウェイでも勝てるのか?

今プレーオフ、アウェイでなかなか勝てないセルティックスは、次戦からの敵地クリーブランドでキャバリアーズから勝利をあげることができるのか?

今プレーオフのここまでの戦績を見れば、ボストン・セルティックスにとって「ホームコート・アドバンテージ(本拠地の試合で非常に強いこと)」という言葉がどれだけ価値のあることであるかが分かるはずだ。

セルティックスは、今プレーオフ、ホームのTDガーデンでは9勝0敗と圧倒的な強さを見せている。ホームでの彼らは、高確率のシュート成功率(フィールドゴール成功率47%、スリーポイントシュート成功率39%)を誇り、試合序盤から相手チームを圧倒する。そして、前半に作った大きな貯金によって、彼らは相手チームによる後半の追い上げにも耐え抜いてきた。

しかし、ホームでの強さ同様、レギュラーシーズン中はアウェイ(敵地)での勝率でもNBA3位につけていたセルティックスが、今プレーオフに入ってからは全く別のチームになっている。彼らは、今プレーオフ、アウェイでは軒並みシュート確率が悪くなっており(フィールドゴール成功率41%、スリーポイントシュート成功率31%)、ファーストラウンド(1回戦)とセミファイナルを通じて1勝4敗と苦戦している。

果たしてセルティックスは、敵地クリーブランドに会場を移す第3戦と第4戦で、クリーブランド・キャバリアーズから勝利をあげることができるのであろうか?

キャバリアーズのタロン・ルーHCが「セルティックスはアウェイで調子が悪い」と発言したことに対して、第2戦で大活躍したセルティックスのマーカス・スマートは以下のように反論している。

「俺達は、今までのところアウェイで上手くプレイできていない。それは認めよう。相手チームもそう考えていることは分かっているが、俺達はその思い込みを打ち崩してやるつもりだ。それこそがバスケットボールという競技の魅力なんだ。たった1試合で全てが変わる。俺達には自信がある。これから何が起こるかなんて、誰にも分からないだろう?」

スマートは、アウェーでの3試合を全て落として第7戦にまでもつれ込んだミルウォーキー・バックスとのプレーオフ・ファーストラウンドを例に挙げ、同じ失敗を繰り返さないための心の準備ができていることを強調した。

「俺達は、バックスとの第3戦で116対92という大敗を喫し、アウェイでいきなり手痛い一発を食らった。でも、今回はそうはいかない。俺達は、ブラッド・スティーブンスHC(ヘッドコーチ)の指示を忠実に遂行し、キャバリアーズ以上にハードにプレイするつもりだ。」

スティーブンスHCも、「キャバリアーズはまだ本領を発揮していない」と警戒している。

「まだ彼らは本領を発揮していないと思う。我々は、彼らの強さを長年見せつけられてきた。たとえ追い込まれても、彼らは豊富なタレントを駆使して勝利をもぎ取ってきた。我々は、毎試合ベストを尽くして勝利を掴み取るまでだ。」

セルティックスが、ここまでの2試合でキャバリアーズに勝利した要因は、レブロン・ジェームズへのタイトなディフェンスにある。

昨年のカンファレンス・ファイナルでもジェームズに対して良いディフェンスを見せたジェイレン・ブラウンは、今プレーオフでも良い働きを見せている。今年の彼は、ジェームズとのマッチアップを特に意識すらしていないという。

「誰もが特別なことを成し遂げるための舞台が既に整っているというのに、何故そのマッチアップだけを意識しないといけないんだい? 確かに、レブロンは7年連続でNBAファイナルに進出しているし、彼は偉大な選手だ。でも、俺達はチームとして、NBAファイナル常連のキャバリアーズを倒そうとしているんだ。」

更にブラウンは、こう続けた。

「俺達のチームには、このリーグで名を上げようとしている若い連中が沢山いる。そんな奴らが、コート上で全力を尽くさない訳がないだろう? 誰もが、俺達のホームコート・アドバンテージのことを話題に上げるが、俺達はホームであろうとアウェイであろうと関係なく、常に全力を尽くして、特別なことを成し遂げようとしているんだ。」

アーカイブ

ステフィン・カリー「月面着陸の話はただのジョーク」
ネッツがスペンサー・ディンウィディーとの契約延長に合意!!
ヨナス・バランチュナスが親指を脱臼
レイカーズはトレバー・アリーザ獲得のために若手主力選手を放出するのか?!
NBA選手やレジェンドたちがメキシコに到着!
ダーク・ノビツキーが復帰間近か?
アル・ホーフォードが膝を負傷
16チームが『アーンド・エディション・ユニフォーム』を発表
TJ・ウォレンに罰金処分
ニック・ナースHCの母親が94歳で逝去
ケビン・デュラント「3連覇したら俺たち全員の銅像が作られるだろう」
グレッグ・ポポビッチHCが通算勝利数でNBA歴代4位に浮上
カワイ・レナードが右殿部の打撲によりクリッパーズ戦を欠場
トリスタン・トンプソンが左足の負傷で2〜4週間の離脱へ
ドレイモンド・グリーンが11試合ぶりに復帰!!
サンズがフリーエージェントのエリック・モアランドと契約
ジミー・バトラーが脚の付け根を負傷!!
ブルズのチーム内に亀裂?!
ウォリアーズがスポーツ・パーソン・オブ・ザ・イヤーを受賞
カイリー・アービングが肩の怪我によりペリカンズ戦を欠場
ニック・ヤングがナゲッツと契約!!
デマーカス・カズンズがGリーグで調整へ
レイカーズがトレバー・アリーザの獲得を検討か?!
ドウェイン・ウェイドがキャリア通算1000試合目をプレー!!
ゲイリー・ハリスが3〜4週間の戦線離脱!!
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.