ニュース

クレイ・トンプソンはウォリアーズに残留確定?!

ウォリアーズが、クレイ・トンプソンと契約延長の交渉をはじめた

ゴールデンステイト・ウォリアーズが誇るオールスター4人衆が解体することは、しばらく無さそうだ。

The Athleticのマーカス・トンプソン二世記者が、クレイ・トンプソンとウォリアーズとの間で複数年の契約延長の話が進んでいると報じた。もし、この契約延長の交渉がまとまれば、ウォリアーズはリーグ随一のシャープ・シューターを今後数年に渡ってキープできるだけでなく、2019年に完全フリーエージェントとなってからトンプソンと再契約するよりも大幅に『格安』な契約を結ぶことができる。

トンプソンは、2019年に完全フリーエージェントになってからウォリアーズと再契約すれば、今すぐに契約延長するよりも8,000万ドル(約88億円)高い契約を結ぶことができる。しかし、彼は、お金よりもウォリアーズに残留することを第一に考えているようだ。

今年2月、トンプソンは、The MercuryNewsのマーク・メディナ記者のインタビューで以下のように話している。

「1つのチームでキャリアを終えることは、特別なことだ。プロスポーツの世界において、それができた選手はごく僅かだ。だから、俺はそれを目標にしているんだ。俺は、ずっとウォリアーズでプレイしたいんだ。」

当然、ウォリアーズもそうなることを望んでいる。今夏、ウォリアーズは、昨オフに格安で1年契約してくれたケビン・デュラントとマックス契約(最高額の契約)を結ぶ必要がある。そして、しばらくの間は、今シーズンから始まったステフィン・カリーの5年2億100万ドル(約221億1,000万円)もの巨額契約がウォリアーズのサラリーに重くのしかかることになる。

つまり、トンプソンがこの段階で格安契約にサインしてくれれば、チームが誇る自慢のオールスター4人衆(トンプソン、デュラント、カリー、ドレイモンド・グリーン)は今後数年間チームに残ることが可能になり、ウォリアーズ王朝はしばらくの間は安泰になるのだ。

トンプソンは、直近の4シーズン連続で1試合平均20得点以上を記録しており、NBAオールスターにも毎年選ばれている。彼は、キャリア平均で42.2%というスリーポイントシュート成功率を誇っており、プレイオフにおけるキャリア通算のスリーポイントシュート成功数で歴代10位につけている。

アーカイブ

NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
拡大を続ける中国のNBA人気
マジックがマーケル・フルツの契約オプションを行使
ターナー社の元社長のデイビッド・レビー氏がネッツのCEOに就任
マーベリックスがダーク・ノビツキーのシルエットをコートに配置
Sports IllustratedのNBA選手ランキングでレブロン・ジェームズ以外の選手が1位に初選出
【FAの噂】ジョアキム・ノアがクリッパーズに貢献できる理由
「NBAのサーカスにはうんざり」と不満を露わにしたケビン・デュラントについてスコッティ・ピッペンが言及
NBA1年目に備える八村塁
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.