ニュース

クレイ・トンプソンはウォリアーズに残留確定?!

ウォリアーズが、クレイ・トンプソンと契約延長の交渉をはじめた

ゴールデンステイト・ウォリアーズが誇るオールスター4人衆が解体することは、しばらく無さそうだ。

The Athleticのマーカス・トンプソン二世記者が、クレイ・トンプソンとウォリアーズとの間で複数年の契約延長の話が進んでいると報じた。もし、この契約延長の交渉がまとまれば、ウォリアーズはリーグ随一のシャープ・シューターを今後数年に渡ってキープできるだけでなく、2019年に完全フリーエージェントとなってからトンプソンと再契約するよりも大幅に『格安』な契約を結ぶことができる。

トンプソンは、2019年に完全フリーエージェントになってからウォリアーズと再契約すれば、今すぐに契約延長するよりも8,000万ドル(約88億円)高い契約を結ぶことができる。しかし、彼は、お金よりもウォリアーズに残留することを第一に考えているようだ。

今年2月、トンプソンは、The MercuryNewsのマーク・メディナ記者のインタビューで以下のように話している。

「1つのチームでキャリアを終えることは、特別なことだ。プロスポーツの世界において、それができた選手はごく僅かだ。だから、俺はそれを目標にしているんだ。俺は、ずっとウォリアーズでプレイしたいんだ。」

当然、ウォリアーズもそうなることを望んでいる。今夏、ウォリアーズは、昨オフに格安で1年契約してくれたケビン・デュラントとマックス契約(最高額の契約)を結ぶ必要がある。そして、しばらくの間は、今シーズンから始まったステフィン・カリーの5年2億100万ドル(約221億1,000万円)もの巨額契約がウォリアーズのサラリーに重くのしかかることになる。

つまり、トンプソンがこの段階で格安契約にサインしてくれれば、チームが誇る自慢のオールスター4人衆(トンプソン、デュラント、カリー、ドレイモンド・グリーン)は今後数年間チームに残ることが可能になり、ウォリアーズ王朝はしばらくの間は安泰になるのだ。

トンプソンは、直近の4シーズン連続で1試合平均20得点以上を記録しており、NBAオールスターにも毎年選ばれている。彼は、キャリア平均で42.2%というスリーポイントシュート成功率を誇っており、プレイオフにおけるキャリア通算のスリーポイントシュート成功数で歴代10位につけている。

アーカイブ

来季ブレイクしそうな若手:ドノバン・ミッチェル編
スーパースター・コンビ【TOP10】:第6位
カール・アンソニー・タウンズが長期的なウルブズ残留の意向を明言
依然としてアンドレ・イグダーラ獲得を狙うレイカーズ
今日は何の日 〜ダーク・ノビツキーがダラス・マーベリックスと契約延長〜
サディアス・ヤングがアメリカ代表チームのトレーニングキャンプに参加へ
レイカーズはカワイ・レナードに騙されたと感じている?
ティム・ダンカン氏がサンアントニオ・スパーズのアシスタントコーチに就任!!!
NBA選手が続々とFIBAワールドカップへの出場を辞退!!
スーパースター・コンビ【TOP10】:第7位
ワシントン・ウィザーズがブラッドリー・ビールに巨額の延長契約を提示へ!
FA選手を巡るニックスとスパーズの因縁
来季ブレイクしそうな若手:ブランドン・イングラム編
アンソニー・デイビスの発言で暗雲に包まれるレイカーズ
今日は何の日 〜バーバートンでアルヴィン・ロバートソンが生まれる〜
フリーエージェント情報:ロサンゼルス・レイカーズがコスタス・アデトクンボを獲得
フリーエージェント情報:カイル・コーバーがミルウォーキー・バックスとの1年契約に合意
ジェームズ・ハーデンが今年のFIBAワールドカップを欠場へ
トミー・シェパード氏がワシントン・ウィザーズの正式なGMに昇格
ジョエル・エンビードらがBWBアフリカ2019に参加
フリーエージェント情報:ジャスティン・ホリデーがインディアナ・ペイサーズと1年契約
元WNBAのリンゼイ・ハーディング氏がサクラメント・キングスのアシスタント・コーチに就任!
フリーエージェント情報:ヒューストン・ロケッツがタイソン・チャンドラーと正式契約
スーパースター・コンビ【TOP10】:第8位
来期ブレイクしそうな若手:ラウリ・マルカネン編
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.