ニュース

クレイ・トンプソンはウォリアーズに残留確定?!

ウォリアーズが、クレイ・トンプソンと契約延長の交渉をはじめた

ゴールデンステイト・ウォリアーズが誇るオールスター4人衆が解体することは、しばらく無さそうだ。

The Athleticのマーカス・トンプソン二世記者が、クレイ・トンプソンとウォリアーズとの間で複数年の契約延長の話が進んでいると報じた。もし、この契約延長の交渉がまとまれば、ウォリアーズはリーグ随一のシャープ・シューターを今後数年に渡ってキープできるだけでなく、2019年に完全フリーエージェントとなってからトンプソンと再契約するよりも大幅に『格安』な契約を結ぶことができる。

トンプソンは、2019年に完全フリーエージェントになってからウォリアーズと再契約すれば、今すぐに契約延長するよりも8,000万ドル(約88億円)高い契約を結ぶことができる。しかし、彼は、お金よりもウォリアーズに残留することを第一に考えているようだ。

今年2月、トンプソンは、The MercuryNewsのマーク・メディナ記者のインタビューで以下のように話している。

「1つのチームでキャリアを終えることは、特別なことだ。プロスポーツの世界において、それができた選手はごく僅かだ。だから、俺はそれを目標にしているんだ。俺は、ずっとウォリアーズでプレイしたいんだ。」

当然、ウォリアーズもそうなることを望んでいる。今夏、ウォリアーズは、昨オフに格安で1年契約してくれたケビン・デュラントとマックス契約(最高額の契約)を結ぶ必要がある。そして、しばらくの間は、今シーズンから始まったステフィン・カリーの5年2億100万ドル(約221億1,000万円)もの巨額契約がウォリアーズのサラリーに重くのしかかることになる。

つまり、トンプソンがこの段階で格安契約にサインしてくれれば、チームが誇る自慢のオールスター4人衆(トンプソン、デュラント、カリー、ドレイモンド・グリーン)は今後数年間チームに残ることが可能になり、ウォリアーズ王朝はしばらくの間は安泰になるのだ。

トンプソンは、直近の4シーズン連続で1試合平均20得点以上を記録しており、NBAオールスターにも毎年選ばれている。彼は、キャリア平均で42.2%というスリーポイントシュート成功率を誇っており、プレイオフにおけるキャリア通算のスリーポイントシュート成功数で歴代10位につけている。

アーカイブ

ネッツがスペンサー・ディンウィディーとの契約延長に合意!!
ヨナス・バランチュナスが親指を脱臼
レイカーズはトレバー・アリーザ獲得のために若手主力選手を放出するのか?!
NBA選手やレジェンドたちがメキシコに到着!
ダーク・ノビツキーが復帰間近か?
アル・ホーフォードが膝を負傷
16チームが『アーンド・エディション・ユニフォーム』を発表
TJ・ウォレンに罰金処分
ニック・ナースHCの母親が94歳で逝去
ケビン・デュラント「3連覇したら俺たち全員の銅像が作られるだろう」
グレッグ・ポポビッチHCが通算勝利数でNBA歴代4位に浮上
カワイ・レナードが右殿部の打撲によりクリッパーズ戦を欠場
トリスタン・トンプソンが左足の負傷で2〜4週間の離脱へ
ドレイモンド・グリーンが11試合ぶりに復帰!!
サンズがフリーエージェントのエリック・モアランドと契約
ジミー・バトラーが脚の付け根を負傷!!
ブルズのチーム内に亀裂?!
ウォリアーズがスポーツ・パーソン・オブ・ザ・イヤーを受賞
カイリー・アービングが肩の怪我によりペリカンズ戦を欠場
ニック・ヤングがナゲッツと契約!!
デマーカス・カズンズがGリーグで調整へ
レイカーズがトレバー・アリーザの獲得を検討か?!
ドウェイン・ウェイドがキャリア通算1000試合目をプレー!!
ゲイリー・ハリスが3〜4週間の戦線離脱!!
ジョエル・エンビードがジミー・バトラー加入後の役割に不満?!
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.