ニュース

クレイ・トンプソンはウォリアーズに残留確定?!

ウォリアーズが、クレイ・トンプソンと契約延長の交渉をはじめた

ゴールデンステイト・ウォリアーズが誇るオールスター4人衆が解体することは、しばらく無さそうだ。

The Athleticのマーカス・トンプソン二世記者が、クレイ・トンプソンとウォリアーズとの間で複数年の契約延長の話が進んでいると報じた。もし、この契約延長の交渉がまとまれば、ウォリアーズはリーグ随一のシャープ・シューターを今後数年に渡ってキープできるだけでなく、2019年に完全フリーエージェントとなってからトンプソンと再契約するよりも大幅に『格安』な契約を結ぶことができる。

トンプソンは、2019年に完全フリーエージェントになってからウォリアーズと再契約すれば、今すぐに契約延長するよりも8,000万ドル(約88億円)高い契約を結ぶことができる。しかし、彼は、お金よりもウォリアーズに残留することを第一に考えているようだ。

今年2月、トンプソンは、The MercuryNewsのマーク・メディナ記者のインタビューで以下のように話している。

「1つのチームでキャリアを終えることは、特別なことだ。プロスポーツの世界において、それができた選手はごく僅かだ。だから、俺はそれを目標にしているんだ。俺は、ずっとウォリアーズでプレイしたいんだ。」

当然、ウォリアーズもそうなることを望んでいる。今夏、ウォリアーズは、昨オフに格安で1年契約してくれたケビン・デュラントとマックス契約(最高額の契約)を結ぶ必要がある。そして、しばらくの間は、今シーズンから始まったステフィン・カリーの5年2億100万ドル(約221億1,000万円)もの巨額契約がウォリアーズのサラリーに重くのしかかることになる。

つまり、トンプソンがこの段階で格安契約にサインしてくれれば、チームが誇る自慢のオールスター4人衆(トンプソン、デュラント、カリー、ドレイモンド・グリーン)は今後数年間チームに残ることが可能になり、ウォリアーズ王朝はしばらくの間は安泰になるのだ。

トンプソンは、直近の4シーズン連続で1試合平均20得点以上を記録しており、NBAオールスターにも毎年選ばれている。彼は、キャリア平均で42.2%というスリーポイントシュート成功率を誇っており、プレイオフにおけるキャリア通算のスリーポイントシュート成功数で歴代10位につけている。

アーカイブ

ドラフト・ロッタリー直後のモック・ドラフトをチェック!
マジック・ジョンソンとラリー・バードが生涯功労賞を受賞へ
NBAドラフト・コンバインでタッコ・フォールの株が急上昇?!
ケビン・デュラントがカンファレンス・ファイナル第2戦を欠場
NBAファイナル2019パブリックビューイングパーティー開催決定!豪華ゲストも来場予定!
NBAモックドラフト2019:八村塁は17位でブルックリン・ネッツへ
人気上昇中のメンフィス・グリズリーズと渡邊雄太の存在
ベン・シモンズがFIBAワールドカップに出場へ!
ジェリー・ウェスト氏の続投が決定
アンソニー・デイビスは依然としてトレードを希望?
ペリカンズが今年のドラフト1位指名権を獲得!!
アンソニー・デイビス獲得を狙うニューヨーク・ニックスに影響を与えたNBAドラフトロッタリー2019
ケビン・デュラントの復帰はまだまだ先?
シクサーズのブレット・ブラウンHCが続投へ
ケビン・デュラントとカイリー・アービングのニックス移籍は95%確実?
キャバリアーズの新ヘッドコーチが決定!
カンファレンス・ファイナルのスケジュールが決定
カワイ・レナードのビッグショットにNBA選手も大興奮!!
トロント・ラプターズとドレークのジンクス
カリー家の兄弟対決、果たして二人の両親はどちらを応援するのか?
イースタン・カンファレンスのカンファレンス・ファイナルに進出する2チームが決定!!
ウェスタン・カンファレンスのカンファレンス・ファイナルに進出する2チームが決定!!
レイカーズ移籍の噂が浮上したカイリー・アービング
クリスタプス・ポルジンギスが母国ラトビアで暴行被害
この夏トレードされる可能性のあるシューティングガードVol.1
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.