ニュース

ロケッツがジャズを撃破してカンファレンス・ファイナル進出!!

クリス・ポールの41得点10アシストの活躍により、ロケッツがジャズを下してカンファレンス・ファイナルへの切符を手に入れた

現地5月8日に行われたウェスタン・カンファレンス・セミファイナル、ヒューストン・ロケッツ対ユタ・ジャズの第5戦は、クリス・ポールが8本のスリーポイントシュートを含む41得点と大爆発し、ロケッツが112対102でジャズを下してカンファレンス・ファイナル進出を決めた。

ロケッツにとっては、ここ4年で2度目のカンファレンス・ファイナル進出だが、現役最高のポイントガードの1人と言われるポールにとっては、意外にもこれが初めてのカンファレンス・セミファイナル突破となる。ポールは、過去に9回プレーオフに進出しているが、いずれもカンファレンス・セミファイナル以前で敗退してきた。

ジャズは、新人王候補最有力のドノバン・ミッチェルが第3Q(クォーター)だけで22点を入れるスパートを見せ、一時は逆転に成功したが、第4Q途中にミッチェルが左足の怪我によりロッカールームに下がると、その後は一度もロケッツからリードを奪うことができなかった。それでもジャズは最後まで勝負を諦めることなく、負傷離脱中の選手達や、痛めた左足をテーピングで固めた状態でロッカールームからベンチに戻ってきたミッチェルが見守る中、今シーズン最後の瞬間を迎えた。シーズン開幕から怪我人に悩まされ、一時は19勝28敗と窮地に追い込まれながらも、驚異的な追い上げでウェスタン・カンファレンス5位に食い込み、カンファレンス・セミファイナルにまで進出した今シーズンのジャズのシンデレラストーリーは、ここで幕を閉じた。

レギュラーシーズンをリーグ最高勝率で終えたロケッツは、プレーオフでどのチームと対戦することになってもホームコート・アドバンテージ(7戦中4試合をホームコートで試合できる権利)を持つため、優勝に向けて最も有利な立場にいる。更に、ここまでのプレーオフの経過を見れば、9度のNBAオールスター出場経験を持つポールの獲得が大成功だったことも明らかだ。しかし、ここから先は、ポールにとっては未知の領域となるカンファレンス・ファイナルとNBAファイナルが待っている。果たして、ロケッツはこのまま順調に勝ち進み、1995年以来となるNBAチャンピオンに輝くことができるのか?
今後のロケッツの戦いぶりに大いに注目が集まっている。

そのロケッツは、カンファレンス・ファイナルで前年王者のゴールデンステイト・ウォリアーズと激突する。

アーカイブ

ジェームズ・ハーデンがサッカーチームのマイノリティ・オーナーに!
今日は何の日 〜ソロモン・ヒルがペリカンズと契約〜
カイル・ラウリーが親指を手術
今日は何の日 〜アイザイア・トーマスがペイサーズのヘッドコーチに就任〜
ミネソタ・ティンバーウルブズがルーキーのナズ・リードと複数年契約
シカゴ・ブルズがシャキール・ハリソンとルーク・コーネットと契約
ユタ・ジャズがウィリアム・ハワードとスタントン・キッドと契約
フリーエージェント情報:トロント・ラプターズがロンディ・ホリス・ジェファーソンと正式契約
フリーエージェント情報:ロサンゼルス・クリッパーズがジャマイカル・グリーンと正式に再契約
フリーエージェント情報:JR・スミスがミルウォーキー・バックスと面談へ
クリス・ポールはサンダーの一員として開幕を迎えるのか?!
セルティックスがケンバ・ウォーカーとエネス・カンターの入団を発表
今日は何の日 〜エリオット・ペリーがサンアントニオに復帰〜
スーパースター・コンビ【TOP10】:第9位
「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」のケンダル・ジェンナーはNBA界でもお騒がせ?
来期ブレイクしそうな若手:ジョン・コリンズ編
今日は何の日 〜キッドがニュージャージーへトレードされる〜
ピストンズがオフ・ウェイバーでクリスチャン・ウッドを獲得
フリーエージェント情報:サンズがチェイック・ディアロと2年契約
レジー・ブロックの頚椎椎間板ヘルニア手術が成功
フリーエージェント情報:ミルウォーキー・バックスがタナシス・アデトクンボと契約
ブランドン・イングラムは順調に回復中
デイミアン・リラードが映画『スペースジャム2』での役柄について言及
サンダーの衝撃的トレード2つを振り返る
来期のスーパースター・コンビ【TOP10】:第10位
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.