ニュース

キャバリアーズがラプターズをスウィープ!!

レブロン・ジェームズ率いるキャバリアーズが、ラプターズをスウィープで下してカンファレンス・ファイナルへの切符を手に入れた

現地5月7日に行われたイースタン・カンファレンス・セミファイナル、トロント・ラプターズ対クリーブランド・キャバリアーズの第4戦は、今プレーオフに入って絶好調のレブロン・ジェームズがこの試合でもチームを牽引し、キャバリアーズが128対93でラプターズに圧勝してイースタン・カンファレンス・ファイナルへの切符を手に入れた。この結果、ラプターズは、ジェームズ率いるキャバリアーズによって、3年連続でプレーオフ敗退の引導を渡されたことになる。

この試合で、29得点11アシスト8リバウンドという圧倒的なパフォーマンスを見せつけたジェームズは、試合時間残り7分38秒の時点で早々にベンチに下がり、プレーオフにおける対ラプターズ戦10連勝を祝ってダンスを踊っていた。ここ数年で、ラプターズは、戦略の変更や選手の入れ替えを繰り返し、なんとかして『打倒レブロン』を成し遂げようとしてきたが、今年もその夢は叶わなかった。

ラプターズは、ヨナス・バランチュナスが18得点、カイル・ラウリーが10アシストを記録したものの、チームとしては全く良いリズムを作れず、終始ストレスの溜まる試合となった。あまりにもイライラが溜まり過ぎたのか、第3Q(クォーター)終盤には、デマー・デローザンがフレグラント・ファール(危険なファール)で退場処分になる場面もあった。

ジェームズだけでなく、ケビン・ラブ(23得点)やJR・スミス(15得点)も安定した活躍を見せるようになり、ここに来ていよいよ噛み合い始めた元王者のキャバリアーズは、カンファレンス・ファイナルで、ボストン・セルティックス対フィラデルフィア・76ersの勝者と対決する。

アーカイブ

NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
拡大を続ける中国のNBA人気
マジックがマーケル・フルツの契約オプションを行使
ターナー社の元社長のデイビッド・レビー氏がネッツのCEOに就任
マーベリックスがダーク・ノビツキーのシルエットをコートに配置
Sports IllustratedのNBA選手ランキングでレブロン・ジェームズ以外の選手が1位に初選出
【FAの噂】ジョアキム・ノアがクリッパーズに貢献できる理由
「NBAのサーカスにはうんざり」と不満を露わにしたケビン・デュラントについてスコッティ・ピッペンが言及
NBA1年目に備える八村塁
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.