ニュース

またもやレブロンのブザービーターが炸裂!!キングがラプターズを追い詰めた!!

キャバリアーズが、レブロン・ジェームズのブザービーターでラプターズを下し、シリーズの対戦成績を3勝0敗とした

現地5月5日に行われたイースタン・カンファレンス・セミファイナル、トロント・ラプターズ対クリーブランド・キャバリアーズの第3戦は、レブロン・ジェームズの劇的な決勝ブザービーターにより、キャバリアーズが105対103の接戦を制し、シリーズの対戦成績を3勝0敗にした。

決勝のブザービーターを決めたジェームズは、勝負所のシュートにかける熱い思いを以下のように述べた。

「同点や1点リードされた状況。そういった瞬間のために、俺は生きている。俺は、6〜8歳の頃から、こういった状況を想定して練習してきた。もしかしたら、もっと前からかもしれない。きっと、子供用のバスケット・ゴールを使って遊んでいた時から、33歳の今までやり続けてきたんだ。
今回のような状況でビッグ・ショットを決めることを、きっと誰もが夢見ているだろうが、実際にそれができるのはごく僅かの人だけだ。俺は、キャリアを通してそういった機会を与えられてきたことを幸運に思っている。」

キャバリアーズは、ジェームズが38得点、ケビン・ラブが21得点16リバウンド、カイル・コーバーが18得点を記録してチームの勝利に貢献し、ラプターズに対してプレーオフにおける通算9連勝目を記録した。もし、このままキャバリアーズがラプターズを4連勝で下した場合、彼らはラプターズを2年連続でスウィープ(4勝0敗でシリーズを勝ち抜けること)することになる。

ラプターズでは、エースのカイル・ラウリーが27得点と奮闘したものの、もう1人のエースのデマー・デローザンは僅か8得点(フィールドゴール12本中3本成功)と振るわず、彼は第4Q(クォーター)でベンチを温める憂き目にあった。

この試合の不調について、デローザンは以下のようにコメントしている。

「とても辛いよ。チームが必死に戦っているのを、ベンチでただ見ているだけなのは、とても辛いことだった。だが、今日の俺は絶不調だったから、勝負所でプレイするに値しない選手だったんだ。チームが勝ってくれるなら、俺はベンチにいても一向に構わなかったのだが…。」

イースタン・カンファレンスのプレーオフ1位シードのラプターズは、この1敗により、4位シードのキャバリアーズにスウィープされる寸前にまで追い込まれた。果たして、崖っぷちに追い込まれたラプターズの反撃はあるのか?

注目の第4戦は、現地5月7日に、再びキャバリアーズの本拠地クイックン・ローンズ・アリーナで行われる。

アーカイブ

NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
拡大を続ける中国のNBA人気
マジックがマーケル・フルツの契約オプションを行使
ターナー社の元社長のデイビッド・レビー氏がネッツのCEOに就任
マーベリックスがダーク・ノビツキーのシルエットをコートに配置
Sports IllustratedのNBA選手ランキングでレブロン・ジェームズ以外の選手が1位に初選出
【FAの噂】ジョアキム・ノアがクリッパーズに貢献できる理由
「NBAのサーカスにはうんざり」と不満を露わにしたケビン・デュラントについてスコッティ・ピッペンが言及
NBA1年目に備える八村塁
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.