ニュース

メロ「俺はベンチ起用を受け入れない!」

サンダーのカーメロ・アンソニーが、来シーズン以降もベンチ要員としての役割を受け入れる気がないことを明言した

ファーストラウンド(1回戦)敗退という残念な結果となった今年のプレーオフで、オクラホマシティー・サンダーのカーメロ・アンソニーは、試合のほとんどの時間をベンチで過ごした。

だが、長年スター選手として君臨してきたアンソニーは、今後もベンチ要員としての役割を受け入れる気は無いようだ。

これまでに10度のNBAオールスターゲーム出場経験を誇るアンソニーは、今シーズン、出場時間・得点・フィールドゴール成功率の3部門でキャリア最低の数字を残した。だが、今シーズン最後のプレス・カンファレンスで、記者から「来シーズン以降は控え選手としての役割を受け入れるか?」という質問が飛ぶと、彼はその可能性を真っ向から否定した。

「俺は控え選手としての役割を受け入れるつもりは無い。そんなことは、考えるまでもない。」

今シーズンからサンダーに移籍し、シーズンMVPを受賞したラッセル・ウェストブルックとオールスター選手のポール・ジョージと共にプレイすることとなったアンソニーは、チームのために既に多くの事を犠牲にしてきたことを強調した。その犠牲の甲斐あって、彼は自身にとって2012年以来となる久々のプレーオフ出場を果たした。
それだけに、これ以上の犠牲を払う(ベンチ要員になる)ことは、アンソニーには受け入れがたいのだ。

彼は、更にこう続けた。

「今シーズン、俺がチームのためにあらゆる事を犠牲にしてきたことを、誰もが知っているはずだ。俺は、家族を今の家に残し、単身オクラホマシティーに移住してチームのためにプレイした。そして、チームの要求を全て受け入れ、チームのためなら何でもやった。だが、俺は、まだ先発選手として、そしてチームの中心選手としてプレイできるだけの力を残している自信がある。だから、来シーズン以降、ベンチ要員としての役割を受け入れ、ベンチ要員としてキャリアを終えるかどうかは、じっくり検討しなければいけない。」

元来、彼は1対1のオフェンスからの得点力に定評のある選手だが、今シーズンはサンダーでキャッチ&シューター(パスを貰ってシュートを打つ選手)としての役割を受け入れた。しかし、彼は今でも1対1のオフェンスを主体にプレイしたいと望んでおり、ましてやベンチ要員を受け入れることはもってのほかだと考えている。つまり、彼はこのコメントによって、自分が移籍も視野に入れていることを匂わせ、チームを牽制したのだ。

アンソニーは、サンダーとの契約をあと1年残しているが、彼自身の判断でその2800万ドル(約31億円)という巨額契約を破棄して今夏にフリーエージェントになる権利(プレイヤー・オプション)を持っている。しかし、来シーズンの開幕前に34歳を迎えるアンソニーが、現在の巨額契約と同額以上の契約を他チームと結べる可能性は低く、サンダーに残留することが濃厚と見られている。

 

 

アーカイブ

スティーブ・カーHCに罰金処分
マーキーフ・モリスがサンダーとの契約に基本合意!!
ジェームズ・ハーデンが31試合連続で30得点越えを達成!!
クリント・カペラはオールスター休暇後に復帰か?!
NBAとプーマが複数年のパートナーシップを発表
エネス・カンターがブレイザーズとの契約に基本合意
ラプターズのフレッド・バンブリートが左親指を手術へ
ジョエル・エンビードに罰金処分
ラプターズがベテラン・ガードのジェレミー・リンと正式に契約
アイザイア・トーマスが遂に復帰か?!
モントレズ・ハレルに罰金処分
ジェームズ・ハーデンが30試合連続で30得点越え!!
ラッセル・ウェストブルックとポール・ジョージが揃ってトリプルダブルを達成!!
ジョン・ウォールの手術が無事成功!!
NBAがレイカーズのタンパリング疑惑に関する声明を発表
ボーヤン・ボグダノビッチとポール・ジョージが週間MVPを受賞!!
ラプターズがジェレミー・リンを獲得か?!
ジョシュ・ハートが右膝の治療のため戦線離脱
ペイサーズがウェスリー・マシューズと契約!!
カイリー・アービングが右膝を捻挫
マーカス・モリスがチームの状況を危惧
ピストンズがフリーエージェントのウェイン・エリントンと契約
サンダーがアレックス・アブリネスを解雇
クリッパーズがマイケル・ビーズリーを解雇
チャンドラー・パーソンズがオールスター休暇後にチームに合流へ
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.