ニュース

ウォリアーズが先勝!!

第2Qに猛攻を見せたウォリアーズが、ペリカンズとのカンファレンス・セミファイナル第1戦に勝利した

現地4月27日に行われたウェスタン・カンファレンス・セミファイナル、ゴールデンステイト・ウォリアーズ対ニューオリンズ・ペリカンズの第1戦は、ウォリアーズが本拠地オラクル・アリーナで123対101と圧勝した。

ウォリアーズは、ケビン・デュラント(26得点13リバウンド)とクレイ・トンプソン(27得点)が得点でチームを牽引した他、ドレイモンド・グリーンが自身にとってプレーオフ4度目となるトリプルダブル(1試合に3部門で二桁の数字を記録すること)を達成し、攻守両面で健闘を見せた。グリーンは、この試合で16得点、15リバウンド、11アシスト、3スティール、2ブロックを記録している。

この試合で21得点10リバウンドを記録したペリカンズのアンソニー・デイビスは、第1Q(クォーター)だけで10得点を稼ぎ出して素晴らしいスタートを見せたが、以降はシュートの精度を欠き、最終的なフィールドゴール成功率は20本中9本にとどまった。プレーオフのファーストラウンド(1回戦)で大活躍したドリュー・ホリデーは試合を通してシュートに苦しみ、僅か11得点(フィールドゴール4/14)に終わった。

現地3月23日に左膝を痛めてから負傷欠場が続いているウォリアーズのエース、ステフィン・カリーだが、スティーブ・カーHC(ヘッドコーチ)によると、第2戦から復帰することが濃厚とのことだ。

ウォリアーズは、球団史上40年ぶりの優勝を飾った2015年のプレーオフ・ファーストラウンドでもペリカンズと対戦しており、その時はペリカンズをスウィープ(4勝0敗で次のラウンドへの勝ち抜けを決めること)で下している。

注目の第2戦は、現地5月1日(日本時間5月2日)に、第1戦と同じくオラクル・アリーナで行われる。

アーカイブ

NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
拡大を続ける中国のNBA人気
マジックがマーケル・フルツの契約オプションを行使
ターナー社の元社長のデイビッド・レビー氏がネッツのCEOに就任
マーベリックスがダーク・ノビツキーのシルエットをコートに配置
Sports IllustratedのNBA選手ランキングでレブロン・ジェームズ以外の選手が1位に初選出
【FAの噂】ジョアキム・ノアがクリッパーズに貢献できる理由
「NBAのサーカスにはうんざり」と不満を露わにしたケビン・デュラントについてスコッティ・ピッペンが言及
NBA1年目に備える八村塁
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.