ニュース

デローザンとラウリーが躍動!! ラプターズが第5戦を制す!!

デマー・デローザンとカイル・ラウリーの活躍により、ラプターズがプレーオフ・ファーストラウンドの第5戦を制した

現地4月25日に行われたイースタン・カンファレンスのプレーオフ・ファーストラウンド(1回戦)第5戦は、2大エースのデマー・デローザン(32得点)とカイル・ラウリー(17得点10アシスト)が揃って活躍したトロント・ラプターズが108対98でワシントン・ウィザーズを破った。ウィザーズのホーム、ワシントンで行われた第3戦と第4戦を立て続けに落としたラプターズだが、この勝利によって対戦成績を3勝2敗とし、カンファレンス・セミファイナル進出に王手をかけた。

今シーズンのNBAで唯一3連敗を免れているラプターズは、レギュラーシーズンに2連敗した時、次の試合から怒涛の5連勝を記録している。彼らは、昨年のプレーオフの2回戦(カンファレンス・セミファイナル)でクリーブランド・キャバリアーズにスウィープ(0勝4敗でシリーズを敗退すること)されて以降は3連敗していない。レギュラーシーズンの試合に限って言うと、2017年の2月8日から14日(現地時間)にかけての3試合以来、ラプターズは3連敗をしていない。

ラプターズでは、デロン・ライトが自身の全18得点中11得点を勝負所の第4Q(クォーター)に集中させ、センターのジョナス・バランチュナスも14得点13リバウンドと健闘した。過去5年間のプレーオフで、ラプターズはシリーズの第5戦を5勝0敗と全勝している。

一方のウィザーズでは、強力ガード・デュオのジョン・ウォール(26得点)とブラッドリー・ビール(20得点)が健闘を見せたが、彼らは試合終盤に4分近く得点することができなかった。センターのマーチン・ゴータットは、10得点12リバウンドのダブルダブル(1試合に2部門で二桁の成績を残すこと)を記録している。

ラプターズは、リバウンドを制することができなかったが(ラプターズ:35リバウンド / ウィザーズ:50リバウンド)、なんとか勝利を收めた。

試合前、両チームの選手が「#TRONTOSTRONG」と書かれたバナーを掲げ、現地4月23日にトロントで起きた車両暴走事故の犠牲者に黙祷を捧げた。ラプターズとウィザーズ、そしてNBAから、事故の犠牲者と遺族に対して寄付金が送られることが発表されている。

アーカイブ

NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
拡大を続ける中国のNBA人気
マジックがマーケル・フルツの契約オプションを行使
ターナー社の元社長のデイビッド・レビー氏がネッツのCEOに就任
マーベリックスがダーク・ノビツキーのシルエットをコートに配置
Sports IllustratedのNBA選手ランキングでレブロン・ジェームズ以外の選手が1位に初選出
【FAの噂】ジョアキム・ノアがクリッパーズに貢献できる理由
「NBAのサーカスにはうんざり」と不満を露わにしたケビン・デュラントについてスコッティ・ピッペンが言及
NBA1年目に備える八村塁
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.