ニュース

今年のスラムダンク・コンテストに出場する4選手が決定!

今年のオールスター・ウィークエンドに開催されるスラムダンク・コンテストに出場する4選手が発表された

今年のオールスター・ウィークエンドに開催されるスラムダンク・コンテストに出場する4選手が発表された。今年は、マイルズ・ブリッジス、ジョン・コリンズ、ハミドゥー・ディアロ、デニス・スミスJr.の4名が、華麗で独創的な空中技を競い合う。

第34回スラムダンク・コンテストは、オールスター・サタデーナイトに行われるイベントの1つで、この日は他にもスキルズ・チャレンジとスリーポイント・コンテストが開催される。

− スラムダンク・コンテスト出場者 −
マイルズ・ブリッジス(シャーロット・ホーネッツ)
ジョン・コリンズ(アトランタ・ホークス)
ハミドゥー・ディアロ(オクラホマシティー・サンダー)
デニス・スミスJr.(ニューヨーク・ニックス)

− スラムダンク・コンテスト ルール −
2ラウンド制で競われるスラムダンク・コンテストでは、選手はどんなダンクを披露しても良い。第1ラウンドと決勝ラウンドのどちらのラウンドにおいても、各選手は1つの試技を完了するまでに最大3回のチャンスがある(2回失敗可能)。5人のジャッジが各々6点から10点で採点し、その合計点がその試技の得点となる(最高50点、最低30点)。
第1ラウンドは、全4名の選手が2回ずつ試技し、その合計点の上位2名が1対1の決勝ラウンドに進む。そして、決勝ラウンドの2回の試技の合計点が高かった方の選手がチャンピオンとなる。

− スラムダンク・コンテスト 歴代優勝者 −
1984年 ラリー・ナンス(フェニックス・サンズ)
1985年 ドミニク・ウィルキンス(アトランタ・ホークス)
1986年 スパッド・ウェブ(アトランタ・ホークス)
1987年 マイケル・ジョーダン(シカゴ・ブルズ)
1988年 マイケル・ジョーダン(シカゴ・ブルズ)
1989年 ケニー・ウォーカー(ニューヨーク・ニックス)
1990年 ドミニク・ウィルキンス(アトランタ・ホークス)
1991年 ディー・ブラウン(ボストン・セルティックス)
1992年 セドリック・セバロス(フェニックス・サンズ)
1993年 ハロルド・マイナー(マイアミ・ヒート)
1994年 アイザイア・ライダー(ミネソタ・ティンバーウルブズ)
1995年 ハロルド・マイナー(マイアミ・ヒート)
1996年 ブレント・バリー(ロサンゼルス・クリッパーズ)
1997年 コービー・ブライアント(ロサンゼルス・レイカーズ)
2000年 ビンス・カーター(トロント・ラプターズ)
2001年 デズモンド・メイソン(シアトル・スーパーソニックス)
2002年 ジェイソン・リチャードソン(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)
2003年 ジェイソン・リチャードソン(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)
2004年 フレッド・ジョーンズ(インディアナ・ペイサーズ)
2005年 ジョシュ・スミス(アトランタ・ホークス)
2006年 ネイト・ロビンソン(ニューヨーク・ニックス)
2007年 ジェラルド・グリーン(ボストン・セルティックス)
2008年 ドワイト・ハワード(オーランド・マジック)
2009年 ネイト・ロビンソン(ニューヨーク・ニックス)
2010年 ネイト・ロビンソン(ニューヨーク・ニックス)
2011年 ブレイク・グリフィン(ロサンゼルス・クリッパーズ)
2012年 ジェレミー・エバンス(ユタ・ジャズ)
2013年 テレンス・ロス(トロント・ラプターズ)
2014年 ジョン・ウォール(ワシントン・ウィザーズ)
2015年 ザック・ラビーン(ミネソタ・ティンバーウルブズ)
2016年 ザック・ラビーン(ミネソタ・ティンバーウルブズ)
2017年 グレン・ロビンソン三世(インディアナ・ペイサーズ)
2018年 ドノバン・ミッチェル(ユタ・ジャズ)

アーカイブ

アル・ホーフォードは76ersの救世主となれるか
アメリカ代表がFIBAランク1位をキープ
エレナ・デレドンがWNBAのシーズンMVPを受賞
ケビン・デュラントがネッツのユニフォーム姿を初披露
NBAがデマーカス・カズンズのディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションを承認
ダラス・マーベリックスが馬場雄大との契約を正式発表
ピストンズがジョー・ジョンソンと契約
ヤニス・アデトクンボのウォリアーズ移籍説をバックスが否定
NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.