ニュース

ミッチェルとルビオの活躍で、ジャズがシリーズをタイに戻す!!

ドノバン・ミッチェルとリッキー・ルビオの活躍により、ジャズがサンダーを下し、対戦成績を1勝1敗のタイに戻した

現地4月18日に行われたウェスタン・カンファレンスのプレーオフ・ファーストラウンド(1回戦)第2戦は、ユタ・ジャズが102対95でオクラホマシティー・サンダーを下して対戦成績を1勝1敗のタイに戻した。ゲームハイの28得点を記録した新人王候補のドノバン・ミッチェルが、第4Q(クォーター)だけで13得点を叩き出してチームを勝利に導いた。

ジャズのデリック・フェイバーズは、自身のプレーオフ・キャリアハイの20得点、16リバウンドを記録した。今シーズンからジャズに移籍し、プロ入り7年目で初めてのプレーオフ進出を果たしたリッキー・ルビオも、22得点、9アシスト、7リバウンドと気を吐き、自身のプレーオフ初勝利に華を添えた。

サンダーのラッセル・ウェストブルックは19得点、13アシスト、9リバウンドを記録した。第1戦で36得点と大爆発したポール・ジョージは、この試合はフィールドゴールを21本中6本しか決められず、18得点に終わった。『OK3(サンダーの3人のスター選手のニックネーム)』の一角であるカーメロ・アンソニーもフィールドゴールを18本中6本しか決められず、17得点にとどまった。

ジャズは、ルビオの12得点とフェイバーズの10得点8リバウンドの活躍もあり、53対46とリードして前半を折り返した。サンダーは、第1戦の好調を維持していたジョージが11得点したものの、チーム全体としてはスリーポイント・ラインの内側のシュートを25本中9本しか決められなかった。

第3Q残り6分46秒、サンダーのセンターのスティーブン・アダムスが4つめのファールをコールされて一旦ベンチに下がり、ジャズが65対58とリードを奪った。しかし、ここからサンダーが怒涛の反撃を見せ、ジョージのスリーポイント・シュートで遂に69対67と試合をひっくり返した。サンダーはこのクォーターを21対9のランで締めくくり、79対74とリードして第3Qを終えた。ジャズは第3Qのシュートが23本中7本成功と振るわなかったが、第4Qに入るとミッチェルの連続得点などで一気にリードを奪い返した。

試合の残り時間1分の段階で99対95とリードされていたサンダーには、追いつくチャンスが2回残されていたが、アンソニーが2回連続でスリーポイント・シュートを外し、万事休すとなった。

この試合は、ジャズがリバウンドでサンダーを圧倒したことが勝利の鍵となった(56リバウンド対46リバウンド)。

第3戦と第4戦は、ジャズのホーム、ソルトレイクシティーに場所を移して行われる。

アーカイブ

NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
拡大を続ける中国のNBA人気
マジックがマーケル・フルツの契約オプションを行使
ターナー社の元社長のデイビッド・レビー氏がネッツのCEOに就任
マーベリックスがダーク・ノビツキーのシルエットをコートに配置
Sports IllustratedのNBA選手ランキングでレブロン・ジェームズ以外の選手が1位に初選出
【FAの噂】ジョアキム・ノアがクリッパーズに貢献できる理由
「NBAのサーカスにはうんざり」と不満を露わにしたケビン・デュラントについてスコッティ・ピッペンが言及
NBA1年目に備える八村塁
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.