ニュース

ニック・コリソンの背番号4番がサンダーの球団史上初の永久欠番に!!

ニック・コリソンの背番号4番が、サンダーの球団史上初の永久欠番になるようだ

オクラホマシティー・サンダーは、ニック・コリソンの背番号4番を永久欠番にすると発表した。また、現地3月20日にホームのチェサピーク・エナジー・アリーナで行われるトロント・ラプターズ戦で、コリソンの永久欠番式典を行うことも同時に発表されている。

サンダーとその前身のシアトル・スーパーソニックスで合計15年プレーしたコリソンは、昨年5月に引退を発表したばかりだ。彼の背番号4番は、サンダーの球団史上初の永久欠番となる。

サンダーのクレイトン・I・ベネット代表は、「コリソンの背番号が球団史上初の永久欠番になることは、非常に喜ばしいことだ。彼は、努力と献身と信頼性の模範を示すことで、地元コミュニティーと球団にとって無くてはならない存在となった。おめでとう、ニック」とコメントしている。

コリソンは、キャリア通算で910試合に出場し(うち177試合に先発)、1試合平均20.4分間のプレーで平均5.9得点、5.2リバウンド、1アシストという記録を残した。更に、彼はプレーオフで出場した91試合で1試合平均16.8分間プレーし、平均4.3得点、3.8リバウンドを記録している。
オクラホマシティーに移転してからの10シーズンをサンダーひと筋でプレーしたのは、2003年のNBAドラフト1巡目全体12位でサンダーに入団したコリソンと、ラッセル・ウェストブルックの2人だけだ。コリソンは、出場試合数で球団歴代2位(602試合)、アシスト数で球団歴代4位(638アシスト)、ブロック数で球団歴代4位(258ブロック)、リバウンド数で球団歴代5位(2561リバウンド)、スティール数で球団歴代6位(296スティール)、総得点で球団歴代6位(2846得点)にランクしている。

コリソンがプレーした10シーズンの間に、サンダーはNBA2位の勝率をあげた(489勝315敗/勝率6割0分8厘)。彼は、キャリア通算で69回ダブルダブルを達成し、184試合で二桁得点を記録している。

アーカイブ

いよいよ明日!果たして八村はどこのチームに?NBAドラフト2019!
マイク・コンリーがジャズへ!!!
クリス・ミドルトンがオプトアウト!
NBAドラフト直前!最新のモックドラフトをチェック!
今日は何の日 〜シカゴ・ブルズがスリーピート達成〜
アル・ホーフォードはセルティックスを去るのか?!
アントニオ・ラング氏がキャバリアーズのアシスタントコーチに就任!
マサイ・ウジリ氏に殴られたと主張している保安官代理が脳震盪に
ペリカンズがアルビン・ジェントリーHCと契約延長
注目が集まるカワイ・レナードの決断
ハリソン・バーンズがオプトアウトか?!
アル・ホーフォードがオプトアウトしてセルティックスと再び契約か?
FAの噂:パトリック・ビバリーが複数球団と交渉予定
ボール家の三男がオーストラリアのチームと契約!!
ロンデイ・ホリス・ジェファーソンが完全フリーエージェントに!
クリス・ポールはロケッツを出たがっている?!
カレッジ情報 〜AACのパワーランキングでメンフィス大学が1位に〜
今日は何の日 〜シャックがMVPをコンプリート〜
ルーキー・ウォッチ 〜コビー・ホワイト、亡き父へ綴った思い〜
ペリカンズはさらなる大型トレードを検討中?
ラメロ・ボール、来シーズンはオーストラリアでプレー
今日は何の日 〜レイ・アレンがファイナル史に残るショットを決める〜
レイカーズの次なるターゲットはケンバ・ウォーカー
ラプターズの優勝パレードの会場で発砲事件
ラプターズがトロントで優勝パレード!!
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.